Filecoinの循環供給を理解しよう

https://filecoin.io/blog/filecoin-circulating-supply/

このブログ記事の目的は、ファイルコイントークンの流通、様々なステークホルダーがエコシステムの参加内容、ファイルコイントークンの経済性についてどのように考えるべきなのかを解説します。このブログ記事の更に理解するためには、Filecoin’s EconomyFilecoin Specに概説されている詳細なメカニズムの論文を合わせてお読みください。

ファイルコインのエコシステム

2020年10月15日にFilecoinのメインネットがリリースされて以来、ネットワークはいくつかの重要なマイルストーンを到達しています。

・700以上のマイナーから、合計1EiB以上のストレージ容量が接続されたこと

・ネットワーク上でアプリケーション、開発者ツール、インフラストラクチャを構築する90以上のプロジェクト

ハッカソンやアクセラレータを通じて、200以上の新規プロジェクトがエコシステムに参入

・5400人以上の開発者がプロジェクトのGitHubリポジトリに貢献

・コンシューマ向けストレージアプリアーカイブストレージDeFi分散型ビデオなど多数のユースケースを開発

詳細は、Liftoff WeekからのFilecoinエコシステムの深堀や、2020年10月からのネットワークの最近の再報告をご紹介します。

ユーティリティー・トークンとしてのファイルコイン

Filecoinは使用されることを目的としたユーティリティー・トークンであり、トークン保有者にネットワークを使用する権利を与えます。Filecoinは、マイナーやデベロッパーがネットワーク上で貴重なストレージ商品やサービスを生産し、それを世界に向けて提供するアイランドエコノミーのようなものだと考えることができます。ネットワーク上には、独自の特徴を持つストレージ・プロバイダー、スマート・コントラクト・システム、レンディングサービス、多様なユースケースなどが生まれていくと予想されます。これらサービスはそれぞれが独自のビジネスになる可能性があります。そしてネットワークの有用性と本質的な価値は、参加者がネットワーク内で生産する商品やサービスの魅力が反映されます。

マイナー、開発者、研究者、顧客、トークン保有者を含めたエコシステムの包括的な目標は、世界に輸出できる魅力的なストレージ関連の商品やサービスを効率的に生産することです。より価値のあるサービスをより効率的に開発・生産する事は、サービスの需要を増やし、ネットワークのトークン需要を増やすことにつながります。参加者の購買力が向上することで、参加者はより良いサービスを世界に安価に提供するために事業を拡大・改善することが可能になります。

トークンミンティング(生成)とは?

FILトークンの生成量の調整の役割を果たしています。

参加者のインセンティブと、ネットワークの長期的な目標及びビジョンに合わせるユーティリティー・トークンとして、Filecoinのミンティングは、ネットワークの全体的な証明可能なユーティリティーに合わせて行われます。これは、ネットワークが成長目標とユーティリティー目標を達成した場合にのみ、FILの供給の大部分がミンティングされることを意味します。

他のほとんどのブロックチェーンネットワユーティリティFilecoinはデュアルミントモデルを採用しています。つまり”シンプル”と”ベースライン”です。

ベースラインミンティング

ストレージマイニング割り当ての大部分である最大7.7億のFILトークンが、ネットワークのパフォーマンスに基づいてミンティングされます。これは、最終的に最も強いインセンティブを参加者に行使しています。これらのトークンが全部ミンティングされるのは、Filecoinネットワークが20年以内に1ヨタバイト(yottabyte)のストレージ容量に到達した場合に限られます。一部のアナリストによると、現在データセンターに保存されているデータはゼタバイト以下(ただし急速に増加している)なので、この目標は現在のクラウドストレージの推定値の1000倍になります。

シンプルミント

3.3億のFILトークンは、時間に基づいて6年の半減期でリリースされます。6年の半減期とは、3.3億トークンの97%が約30年後にリリースされることを意味します。この少ないが意味のある数字は、ネットワークに一定の圧力を提供するために、ステークホルダーの行動とは無関係にミンティングされています。

マイニングリザーブ

3億のFILトークンは、将来のマイニング向けインセンティブとして計画されています。これらのトークンをどのようにリリースし、どのステークホルダーにインセンティブを与えるかはコミュニティ次第ですが、今のところこの部分は予備として保持されています。

このように、マイニングによるトークンミンティングはコミュニティの手に委ねられており、図1の2本の線の間のどこかに位置しています。図2は、マイニングを最大化するためにネットワークがどの程度成長する必要があるかを示しています。ネットワークのベースラインを更新・到達のためには、研究者、マイナー、開発者、トークン保有者、エコシステムパートナー、ストレージクライアントなど、すべてのステークホルダーの間で競争的なコラボレーションが必要です。

詳細はFilecoinの仕様書に記載されています。

図1:ストレージマイニングによる最大ミンティングと最小ミンティング


図2: ログスケールでの最大ベースラインミントのためのネットワークストレージベースライン。


トークンの権利確定(配当方法)について

権利確定とは、長期的な連携を促し、参加者を短期的な投機から遠ざけ、すべてのステークホルダーが協力してFilecoinネットワークを長期的に有用なものにすることを奨励する中核的メカニズムです。

これは、以下のようなFilecoinの主要なステークホルダーに適用されます。

1.マイニング報酬

すべてのマイニング報酬は、長期的なネットワークの連携を促進するために、何らかの形での権利確定を受けています。例えば、マイナーが獲得したブロック報酬の75%は180日間で直線的に権利確定しますが、25%はマイナーのキャッシュフローと収益性を向上させるためにすぐに利用可能になります。もちろん、獲得したすべての報酬は、以下に説明するように、セクターの寿命を通じて削減される可能性があります。信頼性のないストレージはネットワークの実用性を低下させるため、これらのセクターで獲得したブロック報酬は削減され、バーンされます。

2.SAFT投資家

すべてのSAFT投資家は、ネットワークの立ち上げ時から6ヶ月、1年、2年、3年の直線的な権利確定期間を条件にFILを受け取ります。購入したSAFTトークンの大部分は、3年間で直線的に権利確定しています。

・SAFTトークンの58%が3年間で直線的に配当されます。

・SAFTトークンの5%が2年間で直線的に配当されます。

・SAFTトークンの15%が1年間で直線的に配当されます。

・SAFTトークンの22%が6ヶ月間で直線的に配当されます。

3.Filecoin財団

Filecoin Foundationの1億FILの権利確定は、ネットワークの立ち上げから6年間でリニアに配当されます。

4.プロトコルラボ

Protocol Labsの3億FILは、ネットワークの立ち上げから6年間でリニアに配当されます。Protocol Labsが重要な協力者との助成金を通じてエコシステムの開発を奨励している場合、これらの助成金も通常6年間で権利が確定します。

トークン保有者の長期的な権利確定スケジュールは、ネットワーク上での行動について長期的な視点を持つことを保証するのに役立ちます。

担保FILトークンとスラッシング:信頼性の高いIPFSストレージサービスのために

Filecoinのようなブロックチェーンネットワークは、良い行動には報酬を与え、悪い行動には罰則を与えます。スラッシングと呼ばれるペナルティは、参加者が用意しなければならない担保や、参加者が獲得した可能性のある報酬をスラッシュ(削減)します。Filecoinには、高品質で信頼性の高い長期的なストレージをインセンティブにするために、このようなメカニズムがたくさんあります。

ネットワークにストレージ容量を提供しクライアントのストレージ需要を満たすために、マイナーはコンセンサスセキュリティ、ストレージの信頼性、契約の保証のためにFilecoinトークンを担保(ロック)しなければなりません。Filecoinトークンは、ネットワークにストレージ供給をもたらすための担保としてロックされ、取引担保や支払いとして使用されます。

当然のことながら、担保としてロックされ、ペナルティによりバーンされるFilecoinトークンの量は、コミュニティの手に委ねられています。

・ネットワークレベルでは、ロックされる担保の量は、ネットワークに接続されたストレージ容量と、接続時のネットワークの循環供給量に依存します。

個人レベルでは、担保があまりにも法外にならないようにするために、マイナーが獲得するであろうブロック報酬の予測によって決定されます。Filecoinにストレージがある限り、いつでもロックされたFilecoinトークンが常に存在します。

・取引の担保と支払いのためにロックされたトークンの量は、Filecoin上のストレージ商品とサービスのためです。

・担保とマイナーが獲得したすべての報酬は、セクターの存続期間を通じてスラッシングの対象となります。信頼性の低いストレージはネットワークの実用性を低下させるため、これらのセクターが獲得したブロック報酬はスラッシュされ、バーンされます。

ファイルコインプラスとは?

Filecoinは、ブロックチェーン技術によって実現されたグローバルマーケットプレイスです。有用なデータと生成されたランダムデータをアルゴリズム的に区別する信頼できる方法がないため、Filecoin Networkは技術的なレイヤー上に社会的信頼のレイヤーとしてFilecoin Plusを導入しました。Filecoin Plusは、公証人のネットワークによって公証されたクライアントからのデータを保管する場合は10倍のアドバンテージを得る事が可能です。つまり報酬も10倍となります。

このメカニズムは、すべての参加者がビジネス開発に投資し、有用なデータやユースケースを募集し、Filecoinをより有用なものにするためのインセンティブです。Filecoin Plusによりマイナーのブロック報酬が10倍となるならばペナルティも10倍の担保を立てることも求められます。これは、コミュニティによって運営やプロセスがパブリックで形作られるようになったことであり、コミュニティガバナンスや分散型仮想通貨経済の大きな一歩とも言えます。

ネットワーク取引手数料について

ネットワーク上に何らかのアクションやユーティリティーがある限り、オンチェーンメッセージが消費する計算リソースやストレージリソースを補うために、Filecoinトークンが消費されます。マイナーのトークンミンティング率と同様に、参加者によってオンチェーンのリソースとトークンの消費率もコミュニティの手に委ねられています。

今日の時点で、Filecoinの1日のトークン消費量は18万 FIL/日にまで上昇しており、これは経済が繁栄していることを示しています。

結論

Filecoinプロトコルに組み込まれた経済メカニズムは、ネットワークの活動とステークホルダーがネットワークの長期的な健全性と完全を支援・保証するものです。ネットワークの成長に基づくミンティングプラン、権利確定構造、トークンの消費、担保要件などのメカニズムは、参加者のインセンティブとモチベーションをネットワークの長期的な成功に合わせて調整します。

Web3を主流にするには、エコシステムの参加者全員の努力が必要です。Filecoinプロトコルのインセンティブは、ストレージクライアント、マイナー、開発者、トークン保有者、エコシステムパートナーなど、ステークホルダーのバランスをとる必要があります。繁栄する経済は、ネットワークすべてに利益をもたらし、すべての参加者の長期的なインセンティブを調整します。そして最も重要なことは、Filecoinの未来はすべての参加者の手にかかっているということです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Pick up

  1. https://filecoin.io/blog/posts/filecoin-plus-alig…
  2. 今回はFilecoinについてマイニングからストレージ、アプリケーション開発までのシラバス(講義要…
  3. 下記を御覧ください。 1.核となるプロトコルの機能 8月には、メインネットの「プルーフ…

Recommend

  1. 2020-10-26

    リフトオフ週間を振り返って

    https://filecoin.io/blog/mainnet-liftoff-week-rec…
  2. 2020-10-16

    Slingshotとその先

    https://filecoin.io/blog/slingshot-and-beyond/ …
  3. 2020-10-14

    マイナー向けガイド

    https://filecoin.io/blog/miners-guide-liftoff/ …

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る