Filecoinネットワーク、ベースラインの持続可能性目標を初めて超える

この記事では、Filecoinプロジェクトにとって重要な節目となる、FilecoinとBlockScienceの共同研究の最新情報をお伝えします。この記事は、Blockscience社が最初に発表したものです。

ファイルコインのネットワークベースラインは、初めてベースラインターゲットを超えました。これは、ネットワークの継続的な持続可能性への移行を示す重要なマイルストーンです。2021年4月2日の05:00 UTC(ネットワーク有効時間で測定すると2020年12月21日の00:00 UTC)に起こったことで、ベースライン生成が重要である理由の重要な要素です。

図1:ベースライン値を越えたネットワークパワー


この瞬間、ネットワークの総ストレージ容量であるRaw Bytesで測定されたFilecoin ストレージパワーは3898.8PiBとなり、ベースライン機能の値を越えました。

この値に到達する意味は、ベースライン生成が飽和したことであり、ネットワークが発行するブロックリワードをフルスピードで分配することです。

このイベントは、Filecoinネットワークにおける暗号経済学のフェーズシフトを意味しています。ネットワークは、キャパシティビルディング(訳注:初期成長段階)の目標からスケーラブルチェーン(訳注:拡大段階)へと移行しています。

この新しい局面を踏まえて、私たちはこのことがFilecoinの中期的な将来にとってどのような意味を持つかについて、2つのレポートを書いています。第1回目のレポートでは、なぜこのフェーズシフトが重要なのかを説明するとともに、いくつかの短期的な予測を行いました。第2回目のレポートでは、データとモデルの両方を見ながら、技術的特徴とベースライン生成の結果について深く掘り下げていきます。

すべての可視化と予測は、公開されているFilecoinのデータに基づいており、このインタラクティブノートブックで見ることができます。

ベースライン値が重要な理由

ステージ1の「キャパシティビルディング」の段階(下記図2参照)では、健全なエコシステムの構築に重点が置かれました。これには、Filecoin暗号経済の科学的な「第一原理」を適用し、「容量が供給された場合にのみ容量が要求される」という鶏と卵の問題を、ストレージ提供へのインセンティブによって効率的に解決することが必要でした。

十分なストレージが提供・接続されると、ストレージプロバイダとクライアントの両方がエコシステムに関与し、エコシステムから付加価値を受け取ったことになります。暗号経済的なインセンティブは、ステージ2でより中期的な視点へのシフトを開始し、鶏と卵の問題は解決され、より前向きで効率を最大化する視点が採用されます。ストレージ供給の「転換点」は、まさにファイルコインのストレージパワーがネットワークベースラインを超えた時であり、フェーズシフトが始まります。

図2:ファイルコイン経済のステージ(詳細は生成モ デルを参照)


この新しいステージ2は、前のステージ1とはまったく異なる力学のもとで動いています。今後、ネットワークのルールでは、証明と検索の動作に関して、より効率的なオペレーターが重視されます。また、ストレージの取引市場は、参加するための直接的なインセンティブに関して重要な考慮事項となります。

これは、インセンティブが総体的なキャパシティビルディングから、需要と供給の両方に合致した包括的で持続可能なキャパシティを持つことにシフトしたことを意味します。

図2のステージ2からステージ3への最終的な移行には、ネットワークがより便利になるために、すべてのファイルコイン参加者の関与が必要となります。ステージ3では、ファイルコインは商品やサービスのための多様で有用なネットワークとなり、参加者からなる大きなコミュニティが長期的な視点でネットワークの生産性と有効性を集約することができます。

ベースラインとは?

ファイルコインは、暗号通貨のエコシステムで広く使用されている標準的な指数形式である「Simple Minting」と、移動しながら成長するターゲットを使用し、既存のネットワーク容量に応じて報酬を分配する革新的な「Baseline Minting」を混合して生成(Mint、訳注:ブロックの生成)を行う、ユニークなブロックチェーン経済モデルを持っています。

ネットワークのキャパシティに依存しないものと、現実に継続的に適応するものの2つの生成メカニズムを使用することで、ファイルコインは、良い時も悪い時も多様なシナリオに合わせたインセンティブを持つことができます。ネットワークが意図した通りに稼働している良い時期には、Baseline Mintingでより多くの生成の機会がより早くアンロックされるため、成長はさらなる成長で報われます。対照的に、突然の容量制限などの予期せぬショックがシステムを襲った場合、Simple Mintingは信頼性の高い生成を提供し、参加者が「嵐を乗り切る」ことを可能にし、短期的な変動の影響に対抗して緩和し、新しいストレージがオンラインになったときにシステムがスムーズかつ効果的に回復することを可能にします。

具体的には、Baseline Mintingは、アクティビティが低いときに発行されるファイルコインの一部を予約することで、アクティビティが回復した後にネットワークへの参加が阻害されないようにします。一方、Simple Mintingは、活動が落ち込んでいるときに活動するマイナーに経済的なインセンティブを与えることで、アンチフラジリティ(反脆弱性、つまり脆弱を経験することで強化される)の要素を加えています。

数字の上では、Filecoinの30%(3億3000万FIL)がSimple Mintingで、70%(7億7000万FIL)がBaseline Mintingで分配されます。

ただし、この報酬の絶対的な割合は、時間の経過とともに変化することに留意する必要があります。実際、Simple Mintingでの分配率は、Baseline Mintingでの分配率よりも常に高くなります。これは、ベースライン・ミントのユニークなダイナミクスによるものです。

もう一つの興味深い点は、現在の分配数自体が変わる可能性があることです。というのも、ファイルコイン改善提案(FIP: Filecoin Implement Purpose)を通じたコミュニティの決定に応じて、将来的に使用できる3億FILの積立金があるからです。

次の図では、ファイルコインの累積報酬を1日単位で、両方のミント機能について観察することができます。

図3:時間経過によるブロック報酬の累積


短期的に期待されること

Baseline Mintingの有用な特性の1つは、ネットワークのキャパシティがベースライン値を超えたときに、ネットワークが予測可能になることです。

これは、今後6ヶ月間のマイニング報酬総額を予測したときに、有効です。すべての予測において、ネットワークパワーがベースラインターゲットを上回っているという事実は、その間に発行・分配される総FILに関して、まったく不確実性がないという結果を生み出しています。

図4:2021年の累積ブロック報酬の予測


これらの報酬総額が日々どのように分配されるかを視覚化し、また既存のネットワークパワーに分配される量であることを考慮することで、将来の全体像が見えてきます。

その結果が以下の図で、過去と未来の毎日のブロック報酬を示しています。毎日の報酬が減少しているのは、単純なメカニズムにより減衰しているためで、ベースラインの採掘では採掘者への報酬が一定に保たれていることがわかります。

ベースラインが達成された今、ストレージ単位あたりのマイニング報酬を増加させるには、ディールマーケットプレイスを利用する必要があり、ディールリワードやFilecoin Plusプログラムを通じて容量を提供する経済的なインセンティブが大幅に増加します。

図5:2021年の過去と予測される1日のブロック報酬分布


※配信元
https://filecoin.io/blog/posts/filecoin-network-crosses-baseline-sustainability-target-for-first-time/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick up

  1. Filecoinは、ストレージと関連サービスのグローバルマーケットプレイスであり、安全な分散型クラ…
  2. 今回はFilecoinについてマイニングからストレージ、アプリケーション開発までのシラバス(講義要…
  3. 下記を御覧ください。 1.核となるプロトコルの機能 8月には、メインネットの「プルーフ…

Recommend

  1. 2020-10-26

    リフトオフ週間を振り返って

    ■リフトオフ週間を振り返って 先週のリフトオフ週間では講演、デモ、ワークショップなどが盛りだ…
  2. 2020-10-16

    Slingshotとその先

    ■Filecoinでデータを保存するためには ~Slingshotとその先にあるもの~ …
  3. 2020-10-14

    マイナー向けガイド

    ■マイナー向けリフトオフガイドについて メインネットリフトオフまで24時間を切っています。S…
ページ上部へ戻る