Filecoin v13 HyperDrive AMA 1 総括

Filecoin

Filecoin v13「HyperDrive」ネットワークアップグレードの発表以来、Filecoinコミュニティは、このアップグレードがネットワーク全体にとってどのような意味を持つのか、興味を持っていました。6月8日、FilecoinはAMAを開催し、ネットワークのアップグレード、シーリング、新しいストレージ取引のオンボード化などに関する25以上の質問に答えました。

Q&Aでの回答の概要は以下の通りです。v13 HyperDriveのネットワークアップグレードが近づくにつれ、このようなセッションを開催していきたいと考えています。それまでは、FilecoinコミュニティフォーラムFilecoin Community Slackで最新情報をお届けします。また、Wechat(Filecoin-Official)、Twitterでもご覧いただけます。

Q:具体的なネットワークのアップグレード時期はいつですか?

A: アップグレードの具体的なエポックについては、コア開発者の間でまだ合意されていませんが、6月の最終週になると思われます。キャリブレーション・テスト・ネットワークは、6月11日のエポック351519でアップグレードされました。最新情報については、このディスカッションをフォローしてください。

Q: バッチされたPreCommitメッセージや集約されたProveCommitメッセージの一部が失敗すると、バッチされたPublishメッセージの場合と同様に、バッチ/アグリゲート全体が失敗するのですか?

A: PreCommitSectorBatchについては、はい。ProveCommitAggregateの場合は、障害の内容によります。集約に有効期限の切れたPreCommitが含まれている場合、メッセージが有効期限の切れていないPreCommitのコミットを成功させるための8時間のウィンドウがあります。それ以外の個別の失敗では、メッセージは失敗します。

Q: BatchGasChargeの計算方法はヒューリスティックなもののようですが?65733296.73のような係数はどのようにして出てきたのでしょうか。

A: 定数は、1つのセクターのプレコミットとプルーフコミットの平均GasUsageから来ています。マイナーの状態が異なれば、キューに入れられたPreCommitの数やAllocatedSectorsビットフィールドのサイズなどに基づいて、関連するGasUsageも当然異なるため、この数値は常に不正確な近似値となります。

Q: ガス削減と遅延 (おそらく数日) による利益損失のバランスを取るために、どのようにポリシーを設定すればよいか、詳細な提案があるのでしょうか?

A: lotus minerでは、lotus miner config fileでPreCommit to batchまたはProveCommit to aggregateの最小/最大数を設定することができるようになります。また、最小サイズを超えてからバッチを提出するまでの待ち時間も設定できます。これは、ディール/セクターが期限切れになる前に、バッチされたセクターが提出されるようにするために使用されます。lotusのデフォルト値はdef.go記載されています。

マイナーは、自分の操作や好みに応じてこれらの設定を変更する必要があります。マイナーの判断に影響を与える可能性のある入力を以下に示します。現在のネットワークのBaseFee、待機中の逃した収益、シーリングのスループット。

Q: v13へのアップグレードは、セクターのシーリング・タイムに影響しますか?

A: いいえ。予想されるシーリング・タイムは変わりません。ただし、Pre/ProveCommitメッセージのために他のセクターと集約される場合は、セクターはより長く待つことができるようになりました。

Q: SubmitProveCommitメッセージやそのタイミングに変更はありますか?これまで通り、各セクターに送信されるのでしょうか?

A: 複数のセクターを一度にProveCommitできる新しいProveCommitAggregateメッセージがあります。このメッセージは集約された証明のセットを受け取るため、メッセージのサイズを小さくすることができます。これはマイナーにとってはコスト削減になり、データストアのサイズの増加を抑えることができます。プルーフコミットは、プレコミットがチェーンに着地してから30日以内に提出する必要があります。

Q: ProveCommitAggregateとBatchPreComのメッセージは、従来のセクターごとのメッセージに完全にオプションで追加されるのですか?

A: はい、PreCommitSectorとProveCommitSectorの両方とも、アップグレード後も変更なく使用できます。ストレージをネットワークにコミットするために新しい方法を使う必要はありませんが、料金総額としては安くなることが期待されます。

Q: Filecoin Hyperdrive Networkのアップグレード後、新しいストレージ・ディールをオンボーディングするためのガスは、どのくらいの推定減少率がありますか?

A: PublishStorageDealsのガスは、ガス使用量 * ベースフィーに依存します。HyperDriveはPublishStorageDealsのガス使用量をあまり変えませんが(チームは一生懸命取り組んでいます!)、ネットワークの帯域幅(またはTPS)の供給を大幅に増加させます。他の条件が同じであれば、BaseFeeは減少する可能性があります。しかし、どの程度減少するかは、ネットワークを利用したいという潜在的な需要に依存する(ストレージのオンボーディングのためにネットワークを利用することも含まれる!)。これは、参加者が集約による性能向上をどれだけ活用できるかにもよる。全体としては、ストレージ導入時のガス料金は現在よりも下がることが予想されるが、具体的にどの程度下がるかはまだわかりません。

Q: SnarkPackが集約されている期間に制限はありますか?

A: SnarkPackには時間制限はありません。しかし、PreCommitsには期限があります。この期限は、HyperDriveのアップグレードでは30日に設定されています。したがって、ProveCommitsは、メッセージをオンチェーンで送信しなければならなくなるまで、30日弱しか集約することができません。

Q: 32GIBセクターと64GIBセクターのガス節約量はどのくらいですか?

A: 32GIBセクターと64GIBセクターでは、ガス使用量の削減効果はほぼ同じです。64GiBセクターでは、集約検証がより高速であるため、ガス使用量の削減効果は若干大きくなります(こちらを参照)。32GiBおよび64GiBセクターのガス使用量削減効果は、集約される証明の数に大きく依存します。6セクターの集合体のガス消費量は1.5倍に、819セクターの集合体のガス消費量は30倍になると推定されます。

Q: Hyperdriveでは、どのくらいストレージのオンボーディングが増えるのでしょうか?

A: マイナーが集約をどのように利用するかによりますが、ストレージの搭載量は10倍から25倍になると予想しています。現在40PiB/日のオンボードが、1EiB/日になることも考えられます。これは素晴らしいことです。

Q: ネットワークは、すべてのマイナーが既存のCCセクターをアップグレードして、クライアントからの実際のデータを保存するようにインセンティブを与えるために何をしていますか?WIPのFIPはありますか?

A: ディールを使ってCCセクターをアップグレードするには、こちらの手順に従ってください。マイナーはクライアントのディールを保存することでFILを獲得できます。そのディールがdatacapを持つFilecoin Plus検証済みのディールであれば、マイナーは10倍の調整されたパワーを得ることができます。

Q:2つの新しいメッセージの最大使用ガス量/ガス量の制限はありますか?または、新しいメッセージはブロックのガス量上限まで使用できますか?

A:新しいメッセージは、ブロックガスの上限まで使用できます。今回のバージョンアップでは、メッセージごとの新たな制限はありません。しかし、シンプルなマイナーの状態でのテストに基づくガスの見積もりでは、これらのメッセージのガス使用量はブロックの制限をはるかに下回っています。最大サイズが819セクターのProveCommitAggregateメッセージは、GasUsageが15億ガスユニット以下と推定されます。最大サイズが256セクターのPreCommitAggregateメッセージは、GasUsageが4億ガスユニット以下と推定されます。

Q: BaseFeeはどのくらい下がるのでしょうか?

A: 現在、ネットワークは最大容量(~40PiB/日)で成長しており、過去1ヶ月間のBaseFeeは~1nFILでした。HyperDriveのアップグレード後は、ネットワークは10~25倍のストレージ搭載率で400PiB/日を超えて成長し、BaseFeeは低下する可能性があります(集約された証明によりブロックの満杯率が低下するため)。ただし、BaseFeeが下がるかどうかは、マイナーの行動(集約された証明のコミットメッセージの使用)とネットワークの潜在的な需要(ストレージのオンボーディングを含む)に依存します。例えば、10~25倍以上の潜在的な需要がある場合、ブロックの容量がまだ一杯であるため、BaseFeeは減少しない可能性があります。FIP-13の詳細はcryptoeconomicsを参照ください。

Q: 集約はマイナーのブロックリワード競争にどのような影響を与えますか?

A: 集約は10倍~25倍のストレージ搭載を可能にするため、多くのマイナーがストレージ搭載量を大幅に増やし、ブロック報酬の取り分を増やすことになります。私たちは、多くのマイナーが集約を利用して、ストレージの導入を大幅に増やし、より多くの収益を得ることを期待しています。

Q: HyperDriveは、マイナーがより多くのストレージを追加する強いインセンティブを持つということですか?

A: はい。マイナーは常に、ブロック報酬のより大きなシェアを得るために、より多くのストレージを追加するという強いインセンティブを持っています。HyperDriveは、より多くのストレージの搭載を可能にすることで、この既存のインセンティブを強調します。また、FIL+ディールの利用も促進されます。

Q:他のマイナーがストレージの搭載率を上げた場合、マイナーはどのように対応すべきでしょうか?

A: ビットコインや他のブロック報酬型ブロックチェーンと同様に、ブロック報酬のシェアを維持または増加させたいマイナーは、競争力を維持する必要があります。

Q: Hyperdriveは、ストレージのオンボーディングが1日あたり1EiBに達する可能性があるということですか?

A: はい。Hyperdriveは、ネットワークが1EiB/日以上のストレージオンボーディングレートに到達することを可能にするはずです。

Q: ストレージ・レートの増加は、個々のプルーフ・フェーズの高速化によるものなのか、それとも集約されたメッセージによる全体としてのネットワーク・スループットの向上によるものなのか?

A: ストレージ・レートの増加は、集約されたメッセージによる全体としてのネットワーク・スループットの向上によるものです。個々のプルーフ・フェーズは高速化されていません。

Q: 10セクターの集約と1000セクターの集約では、集約ガスのパラメータはどのように違いますか?マイナーが1つのプルーフでより多くのセクターを集約する動機は何ですか?

A: Hyperdriveはネットワークの全体的なストレージ搭載スループットを向上させるため、マイナーはより多くのストレージを搭載することができます。集約されたプルーフには割引されたガス料金が発生するため、全体としてはチェーン上の同じ数のプルーフよりもガス使用量は少なくなりますが、最低料金が適用されます。ガス使用量の変化については、FIP-13を参照してください。10個のプルーフをアグリゲートする場合と1000個のプルーフをアグリゲートする場合の比較:より多くのプルーフを1つの集約・メッセージにアグリゲートする方がプルーフあたりのコストが安くなります。そのため、マイナーがより多くのストレージを搭載したい場合は、より多くのプルーフを1つのメッセージに集約した方が安くなります。

Q: マイニング会社向けの財投融資制度をいくつか挙げてください。

A: 既存の融資先は以下の通りです。Anchorage、CoinList、Darmaなど、今後も増えていく予定です。現在進行中のリストはこちらのディスカッションをご覧ください: https://github.com/filecoin-project/community/discussions/184

Q:現実的なシナリオで、1日に対応できるPiBの最大ストレージサイズの増加量はどのくらいですか?また、ネットワーク全体のガス料金はどのくらいになるでしょうか。

A: これは、プリコミットとプルーフフィットコミットのバッチサイズとアグリゲートサイズの現実的な分布の予測によります。すべてのマイナーが常に最大の集約サイズを使用するという絶対的なベストケースでは、ネットワークのガス使用量は約30倍削減されます。これは、今回のアップグレード後にネットワークがサポートできる最大値です。少なくとも最初のうちは、すべてのマイナーが最大サイズの集約を投稿するとは考えられないので、この最大値に達することはないでしょう。これにどこまで近づけるかは、最終的にはマイニングエコシステム全体にかかっています。

Q: BatchBalancer と BatchDiscount とは何ですか?

A: BatchBalancerとBatchDiscountは、ProveCommitAggregateに関連するBatchGasChargeで使用されるパラメータです。BatchDiscountはガス使用量の割引係数で、SingleProofGasUsageよりも集約証明の方が原理的に安くなります。(例:1/20と高い)。BatchBalancerは、GasChargeの最小ガス料金です。このパラメータは、ProveCommitAggregateとガス料金の使用を規制し、大規模なストレージのオンボーディングがネットワークを支払うことを保証し、効用の閾値を確立し、他のネットワーク操作(PublishStorageDealsなど)のために低いBaseFeeを維持しようとするものである。BaseFeeがBatchBalancer * BatchDiscount以下の場合は、単一の証明を提出する方が安いと思われます。BaseFee が BatchBalancer * BatchDiscount を大幅に上回る場合は、集約された証明を提出した方が安くなる可能性があります。これらのパラメータは、~30 PiB/dayから~2 EiB/dayまでの幅広いオンボーディングレートをサポートするように設定されています。https://github.com/filecoin-project/FIPs/blob/master/FIPS/fip-0013.md#batch-gas-charge をご覧ください。

Q:FilecoinにEVMを追加する計画はありますか?

A: EVMをFilecoinに追加することには多くの関心が寄せられており、多くの人がこれに向けて動いています。この問題に対するリアクションやコメントを加えることで、あなたのサポートを示してください。https://github.com/filecoin-project/FIPs/issues/113

Q:Filecoinのネットワーク上にデータを保存する際、異なるマイナーに自動的に分散させることができますか?

A: Filecoinのコアプロトコルでは、1つのクライアントが1つのマイナーからデータを保存・取得することができます。この上にツールやレイヤー2プロトコルを構築することで、異なるマイナーに対して自動的に行うことができます。例としてARGのEstuary https://docs.filecoin.io/store/estuary やTextileのPowergate https://docs.textile.io/powergate/ をご覧ください。


本ブログは、www.filecoin.io/blog からの翻訳となります。
ソース:  https://filecoin.io/blog/posts/filecoin-v13-hyperdrive-ama-1-recap/

IJC-media

IJC-media

IPFSを中心とした技術による日本の産業競争力の向上を目指すIPFS JAPAN コンソーシアムが、最新の世界動向や業界情報を配信するメディアサイト

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP