分散型ストレージとオラクルを組み合わせたdAppsを対象としたChainlinkとFilecoinの共同助成金を発表

ChainlinkFilecoinは、Chainlinkの分散型オラクルとFilecoinの分散型ストレージを一つのアプリケーション内で組み合わせたハイブリッド・スマートコントラクトの開発を加速するための共同助成イニシアチブを開始することを発表しました。

ハイブリッド・スマートコントラクトは、ブロックチェーン上(オンチェーン)で実行されるコードと、ブロックチェーン外(オフチェーン)のデータや演算を活用します。このような二重のアーキテクチャにより、ブロックチェーンの改ざん防止と不変の特性を維持しつつ、スケーラビリティ、機密性、実世界のデータソースやシステムへの接続性など、安全なオフチェーンのオラクルサービスを通じて追加の機能を得ることができる、高度な経済的・社会的調整が可能になります。

FilecoinとChainlinkを組み合わせることで、開発者は、コスト効率の高い不変的なストレージ機能と、外部リソースへの普遍的で安全な接続機能を備えたエンドツーエンドの分散型アプリケーションを構築することができます。

この助成金制度は、FilecoinとChainlinkのコミュニティが共同で行ってきたいくつかの取り組みに続くものです。まず、ChainlinkとFilecoinは、2つのプロジェクト間の双方向通信を促進するChainlink External Adaptersに取り組んでいます。さらに、Chainlink Labsチームは、Filecoin Launchpad Acceleratorの第2コホートのプロジェクトにアドバイザーとして参加し、オラクルを使ったアプリケーションの機能拡張を支援しました。

Filecoinは、広く参加された2021年春のChainlink Hackathonでも賞品のスポンサーを務め、TamagoNifty RoyaleCryptOrchidsなど、FilecoinとChainlinkの両方に対応したいくつかのプロジェクトがFilecoin Launchpad Acceleratorに受け入れられました。

新しい共同助成プログラムは、ChainlinkとFilecoinのより深い統合を支援・促進することを目的としており、開発者が2つのネットワークを直接組み合わせるワークフローを作成することを奨励しています。これは、いくつかの方法で実現できますが、すべて以下のカスタムメイドのChainlink External Adaptorを介して実現する事ができます。

1. スマートコントラクトの入力:Chainlinkのオラクルを使用して、Filecoinに保存されている暗号的に証明されたデータをブロックチェーンに橋渡しします。このデータは、Ethereumのようなネットワーク上でスマートコントラクトアプリケーションの実行をトリガーするための入力として使用できます。

2. スマートコントラクトの出力:スマートコントラクトがデータ保存のコマンドとして出力をFilecoinに送信できるようにし、Chainlinkのオラクルが2つの環境の橋渡しをします。

3. スマートコントラクトの自動化:Chainlinkキーパーを活用して、定期的な時間間隔や市場の動きなど、事前に定義された条件に基づいて、入力または出力のためのオラクルをトリガーします。

ハイブリッド・スマートコントラクト・アプリケーションが急速に成長していることを考えると、今後も大量のデータを生成・消費することが予想され、ブロックチェーンの耐タンパ性と可用性を維持しながら、より大きなストレージ要件が必要になるのは当然のことです。Chainlinkミドルウェアの双方向通信機能により、Filecoinと外部ブロックチェーン間の通信が可能となり、スマートコントラクトの不変的なデータストレージ機能が拡張されます。

ChainlinkとFilecoinの共同助成金に応募

ChainlinkとFilecoinの共同助成金イニシアチブは、改ざん防止のファイルストレージとユニバーサルな接続性を備えた、優れたハイブリッドスマートコントラクトアプリケーションを構築する最大5つのチームを支援します。つまり、この共同助成金は、Web3.0スタックをオンチェーンでの演算を超えて、分散化されたオフチェーンでの演算、データ、ストレージにまで拡張しようとする開発者のためのものです。

以下は、可能なハイブリッドスマートコントラクトのアプリケーションの例ですが、ChainlinkとFilecoinを組み合わせたすべての提案が奨励されています。

Filecoin Miner Insurance:Chainlinkのオラクルは、Filecoinのマイナーが信頼できない場合、外部のスマートコントラクトに通知することができます。オラクルがストレージからデータを取得できない場合や、マイナーがオフラインであると判断した場合、保険を別のブロックチェーン上の保険契約者に自動的に発行することができます。

データバウンティ:スマートコントラクトは、ユニークなコンテンツ識別子(CID)によって特徴付けられるように、特定のデータの保管のために資金をプールすることができます。Filecoinネットワークに保存されていることの証明がChainlinkのオラクルから中継されると、支払いが開始されます。

永久保存:他のブロックチェーン上のスマートコントラクトは、Chainlinkの双方向接続のおかげで、Filecoin上のストレージに資金を供給し、検証することができます。契約はEthereumのようなネットワーク上で構築することができ、誰もがFilecoin上の特定の間隔でデータのストレージを預けてデポジットを供給することができます。

DeFiデータ:スマートコントラクトは、Chainlinkのオラクルを使用して、Filecoin上の膨大な量の財務データを改ざん不可能な方法で保存することができ、これを様々なブロックチェーン上のスマートコントラクトにオンデマンドで配信することで、より多くの相互運用性を実現することができます。

Chainlink Filecoin Grant Programへの参加を希望される方は、2021年9月17日までに、こちらからご応募ください。最大5チームが選出され、プロジェクトのさらなる発展のために共同出資の助成金が提供されます。


本ブログは、www.filecoin.io/blog からの翻訳となります。

ソース: https://filecoin.io/blog/posts/announcing-chainlink-filecoin-joint-grants-for-dapps-combining-decentralized-storage-and-oracles/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick up

  1. Filecoinは、ストレージと関連サービスのグローバルマーケットプレイスであり、安全な分散型クラ…
  2. 今回はFilecoinについてマイニングからストレージ、アプリケーション開発までのシラバス(講義要…
  3. 下記を御覧ください。 1.核となるプロトコルの機能 8月には、メインネットの「プルーフ…

Recommend

  1. 2020-10-26

    リフトオフ週間を振り返って

    ■リフトオフ週間を振り返って 先週のリフトオフ週間では講演、デモ、ワークショップなどが盛りだ…
  2. 2020-10-16

    Slingshotとその先

    ■Filecoinでデータを保存するためには ~Slingshotとその先にあるもの~ …
  3. 2020-10-14

    マイナー向けガイド

    ■マイナー向けリフトオフガイドについて メインネットリフトオフまで24時間を切っています。S…
ページ上部へ戻る