Filehiveによる分散型データ市場

Filecoin

最近、FilecoinベースのデータマーケットプレイスであるFilehiveがベータ版アプリを公開しました。Filehiveは、OpenBazaarやHavenを手がけてきたdapp開発スタジオのOB1によって構築・維持されています。

Filehiveは、データセットのアップロード、メンテナンス、購入、および/または付与を行うためのオープンソースのマーケットプレイスです。Filehiveプロジェクトは、Filecoin Grants Programから生まれ、Filecoin、Powergate、Loomの上に構築されており、Filecoinネットワークを活用して、IPFSネットワークから取得したデータセットの保存とライセンス供与にインセンティブを与えています。

データは最も重要で価値のあるデジタル資産です。インターネット上のデータの問題点は、利他主義や企業の私的利用以外に、データを作成したり維持したりする真のインセンティブが存在しないことです。Filehiveは、データの収益化と共有のための必要なプラットフォームを提供することで、解決策を提供します。Filehiveのマーケットプレイスでは、ユーザーはデータセットをアップロードして管理し、プラットフォームのユーザーはそれを閲覧することができます。データセットには、スポーツ統計、ファイル、財務データ、公的記録、医療統計など、あらゆるものが含まれます。データセットをアップロードした人や機関は、データセットを無料で共有することも、アクセスの対価として財源を要求することもできます。

また、Filehiveは寄付機能にも対応しています。Filehiveでアカウントを作成すると、自動的に寄付用のアドレスが生成されます。Filehiveのユーザーは、データセット作成者にFILを寄付することを選択することができます。これにより、データセット、特に公共財として扱われ、寄付の流れによって維持される無料データセットの維持と共有を支援する経済的なメカニズムが提供されます。

Filehiveは、データセットの共有とマネタイズの問題を4つの方法で解決します。

1.データ所有者の努力を収益化する力を与える。

2.データ消費者がデータ管理者に報酬を与えるように促す。

3.他のプロジェクトで使用できる重要なデータのキュレーションと発見の場を提供する。

4.IPFSおよびFilecoinネットワークへのインターフェースを、誰でも簡単に利用できるようにする。

Filehiveのミッションは、データを簡単に利用できるようにし、参加することでFILを獲得できるようにすることで、人々がデータを作成、維持、共有することを奨励することです。オープンソースプロジェクトとして、FilehiveのコードはGithubで公開されており、エコシステムの誰もがデータプレイスソリューションを構築するために使用することができます。

OB1社のCEOブライアン・ホフマン氏がFilehiveについて発表した様子は、ファイルコインの2021年2月のコミュニティコールでご覧いただけます。

Filehiveは現在、一般利用のためのベータ版として公開されています。誰でもデータセットのアップロードやダウンロードを始め、マーケットプレイスで他の人と交流することができます。開発者、研究者、データサイエンティスト、または特定のトピックや業界に情熱を持っている方は、ぜひFilehiveに参加して、増え続ける実世界のデータコレクションに貢献してください。

Filehive Betaのお試しや、FilehiveのTelegramで会話に参加するか、Filehiveのウェブサイトをご覧ください。

※配信元
https://filecoin.io/blog/posts/decentralized-data-markets-with-filehive/

IJC-media

IJC-media

IPFSを中心とした技術による日本の産業競争力の向上を目指すIPFS JAPAN コンソーシアムが、最新の世界動向や業界情報を配信するメディアサイト

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP