ファイルコインニュース18


Build

5月28日~30日にWeb3 Weekendが開催

Web3 Weekendは、Protocol Labs、Audius、Ethereum Foundationがスポンサーとなり、情熱的なクリエイターやエンジニアの仮想集団を集めて、Web3の探求と構築を行います。 ハッカソン期間中は、専門家、メンター、クリエイター、スポンサー、その他のコミュニティメンバーによる巨大なコミュニティのサポートを受けることができ、様々な賞品として2万5千ドル以上が用意されているため、Webの未来をデザインし構築することができます。ぜひご登録下さい。

TachyonによるFilecoin Launchpad Acceleratorアップデート

TachyonによるFilecoin Launchpad Accelerator IIに150件以上の応募があったことをお知らせします。ここ数週間、エコシステムの開発者、TachyonとProtocol LabsのメンターネットワークChainlink Virtual Hackathonの参加者、Gitcoin KERNELコミュニティ、Scaling EthereumNFT Hackの参加者など世界中のビルダーを集めました。

ソーシャルマネーやNFTのアプリケーションから、クロスチェーンの相互運用プロトコルまで、次世代のインフラ、ツール、コンシューマーアプリケーションの構築に向けて、Web3コミュニティがどれほど活発に活動しているかを知ることができ、私たちは興奮しています。6月初旬の次の段階に進めるのは、応募総数の15%のみです。すべてのチームは、2021年5月28日(金)までに応募状況を確認して下さい。

ファイルコインフロンティアアクセラレーターのデモデイを実施
~NFTとメディアスタートアップ~

4月23日、LongHash Venturesが運営するFilecoin Frontier Accelerator IIは、3ヶ月間のアクセラレータプログラムを修了した11チームを紹介するデモデイを開催しました。プログラム期間中、各チームは、ハンズオンのベンチャーサポート、ワールドクラスのメンターシップ、ファイルコイン・コミュニティからの献身的なリソース、そしてファイルコイン・ネットワークの構築を継続するための2万ドルの助成金を受けました。

ファイルコインの技術を使ってノンファンジブル・トークン(NFT)のアプリケーションやメディア・ソリューションを構築している革新的なスタートアップを紹介した記事をご覧ください。


Store

Wolfram Blockchain Labs,Dapp開発のためにIPFSとFilecoinでストレージ機能を拡張

開発者が新しい分散型アプリケーションを作成するために利用できるツールのオプションを拡大することは,IPFSとFilecoinのエコシステムの成長にとって重要です。Wolfram Blockchain Labs(WBL)はProtocol Labsとの新しいコラボレーションにより,ストレージ,ピアツーピアネットワーク,その他のプロトコルを活用して既存のアプリケーションを補完する機会を開発者に提供します。

WBLは分散型台帳技術プラットフォームをIPFSおよびFilecoinと統合し,既存のブロックチェーン機能に新しい分散型の機能と拡張されたストレージを追加します。この統合により,開発者はWolframプログラミング言語,Cloud,Notebooksを含むWolfram Technologiesの新しいツールセットにアクセスできるようになります.このコラボレーションについての詳細は,最近のブログ記事をご覧ください。

Estuaryノードを使って,Filecoinネットワークでデータを保存・取得する

Estuaryは、IPFS ⇆ Filecoinの橋渡しをするネットワークノードです。他のノードとは異なり、Estuaryはあなたの保存と取り出しがあなた自身のストレージ経験則にマッチするようにします。Estuaryは自動化によりFilecoinのストレージ取引を行い、Filecoinの検索取引でIPFSのピンを復元し、信頼できるマイナーに対して取引を完結します。その結果、オンチェーンデータの保証が高くなり、データがインターネット上から消えない保証が高くなるのです。Jimmy Lee氏のDorahackでのプレゼンテーションでは、コミュニティに公開する予定のAPIとドキュメントについての初期のプレビューを説明しています。コミュニティの議論に貢献するには、こちらをご覧ください。

Lighthouse Filecoin-Ethereumクロスチェインのインフラプロジェクト

Lighthouseプロジェクトは、EthereumのスマートコントラクトがTextile.ioのPowergateを介してIPFSのCIDのFilecoinストレージを要求する方法を提供し、IPFSからのFilecoinストレージのワークフローを簡素化します。Lighthouseを使用することで、Ethereum開発者はEthereumスマートコントラクトからFilecoinへのデータの検証可能な保存を要求することができます。

このプロジェクトにより、Ethereumの開発者は、IPFSのストレージを暗号的に検証可能でインセンティブのあるFilecoinのストレージで簡単に拡張することができます。Lighthouseは、Ethereum上にデプロイされたLighthouseスマートコントラクトと直接やりとりすることでFilecoin上にファイルを保存できるようにすることで、Ethereum開発者がFilecoinストレージネットワークとやりとりする際の摩擦を大幅に軽減します。このプロジェクトはもともと、AragonやIPFSのために検討されていたQuasarプロジェクトに触発されたものです。Lighthouseの詳細、仕組み、使い方についてはこちらの記事をご覧ください。


Mine

ファイルコインプラスデイのまとめ

ファイルコイン財団とProtocol Labsは、5月11日に第1回Filecoin Plus Dayを開催しました。3時間にわたり、プロジェクトアーキテクチャー、Filecoin Plusユーザー、cryptoeconの専門家、マイナーなど100人以上の参加者が集まり、プログラムについて語り合いました。これらのグループは、ネットワークに社会的信頼層を加えることで、Filecoin上の有用なストレージの量を最大化するために協力しています。参加してくださった皆様、ありがとうございました。今後もFilecoin Plus Dayの開催を予定していますが、今回のイベントの映像はこちらから確認できます。


Updates

Lotusアップデート

Lotusはv1.9.0をリリースしました。proofv7.0.1marketv1.2.5を統合し、シーリング、マイニング、取引メイキングのプロセスに様々な改善を施しました。ハイライトは以下の通りです。GPU2がデフォルトで有効になり、WinningPoSt、PC2、C2の計算が高速化されました。Lotusはリリース時にビルド済みのバイナリを提供するようになりました。最新のバイナリはリリースアセットでご確認ください。本リリースに関するご質問やご意見がございましたら、お気軽にコメントをお寄せください。

lotusチームは現在、actor v5でNetwork HyperDriveをサポートするための次のリリースに取り組んでいます。このリリースでは、FIP0013とFIP0008から集約されたPoRepsとバッチのプレコミット機能が導入されます。これにより、チェーンの容量が飛躍的に増加し、マイナーはより多くのストレージやデータをネットワークに安価にオンボードすることができるようになる。また、FIP0012では、認証されたクライアントアドレスがデータキャップのトップアップを得られるようになりました。このディスカッションをフォローして、最新情報を入手してください。

上記と並行して、チームはマイナーのruntimeの再構築に取り組んでいます。マーケットの機能を分離して、ストレージやブロックのマイニングとは別の物理的なプロセスで実行できるようにしています。これにより、マイナーの堅牢性と耐障害性が向上し、ストレージおよびリトリーバル・マーケットのスケーラビリティが向上すると考えています。詳細は、プロジェクト提案書講演でご紹介します。


Community

Ethereal 2021でFilecoinとChainlinkが出会う

Chainlink社の分散型オラクルネットワーク(DON)とFilecoin社の分散型ストレージプロトコルは、Web 3.0を幅広い業界で採用するための2つの重要なプロジェクトです。先週開催された2021年のEthereal Virtual Summitでは、Chainlinkの共同創業者であるセルゲイ・ナザロフ氏とProtocol LabsのCEOであるファン・ベネ氏がDecrypt社のAdriana Hamacher氏と共に、DeFiの大規模な導入を促進する新たなユースケースやアプリケーションについて議論しました。

ChainlinkのDONとFilecoinのストレージを活用したこれらの革新的なアプリケーションの多くは、学習システムの証明書、NFTゲーム、マイナーの保険契約など、2021年春のChainlink Hackathonで構築されたものです。もっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。また、セルゲイ・ナザロフ氏とファン・ベネ氏が、ブロックチェーン、DeFi、NFT、ストレージ、分散型オラクルについて語っているビデオもぜひご覧ください。

Curio、成長拡大に向けて700万ドルを調達

LonghashのFilecoin Frontier Acceleratorを卒業したエンターテインメント業界向けのプレミアNFTプラットフォームであるCurioは、世界のトップレベルの投資家から700万ドルを調達したことを発表しました。同社は、複数のライセンスオークション、製品、新しいパートナーシップの立ち上げに成功しました。Curioの詳細は、デモデイのプレゼンテーションをご覧ください。

イーサリアムのAaveでファイルコインの貸し借りが可能に!

やり方はシンプル!MetaMaskのようなEthereumウォレットをインストールし、DAI/USDCのような安定したコインを担保として預け、上限までrenFILを引き出すだけです。その後、DeFi BridgeでrenFILをネイティブのFilecoinに変換して、より多くのStorage Minerを動かすことができます。

ステップバイステップの手順については、こちらのTwitterスレッドをご覧ください。


Learn

SnarkPack:SNARKsを効率的に集約する方法

SnarkPackの暗号技術のガイドダイブをお探しですか?この投稿では、Groth16証明を集約する実用的なスキームであるSnarkPackの内部構造、BünzらのInner Pairing Productワークの導出、そしてFilecoinへの応用についてオリジナルのIPP論文と我々の修正の違いを公開しています。最後に、私たちのスキームのパフォーマンスと、そのパフォーマンスを達成するために行った最適化を示しています。

ProtoSchoolの対話型チュートリアル

Filecoin、IPLD、libp2pについてもっと知りたいと思いませんか?ProtoSchoolの対話型チュートリアルは、分散型ウェブのコンセプト、プロトコル、ツールを紹介するように設計されており、自分で操作することができます。トピックを選択し、進行状況を確認しながら、自分に合ったフォーマットで学ぶことができます。また、テキストベースのチュートリアルや多肢選択式のチュートリアルでは、コードを使わずに学習することができます。


参加しよう

GitHubのFilecoinプロジェクトにアクセスして、コミュニティ・リソースに目を通してください。Filecoin Slackで質問をしたり、コミュニティフォーラムで問題や新しいアイデアについて議論したり、Twitterで@Filecoinをフォローして意見を送ったりしてください。

また、FilecoinのブログYouTubeチャンネルも、これから始める方には素晴らしい情報源です。

※配信元
https://filecoin.io/blog/posts/filecoin-news-18/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick up

  1. Filecoinは、ストレージと関連サービスのグローバルマーケットプレイスであり、安全な分散型クラ…
  2. 今回はFilecoinについてマイニングからストレージ、アプリケーション開発までのシラバス(講義要…
  3. 下記を御覧ください。 1.核となるプロトコルの機能 8月には、メインネットの「プルーフ…

Recommend

  1. 2020-10-26

    リフトオフ週間を振り返って

    ■リフトオフ週間を振り返って 先週のリフトオフ週間では講演、デモ、ワークショップなどが盛りだ…
  2. 2020-10-16

    Slingshotとその先

    ■Filecoinでデータを保存するためには ~Slingshotとその先にあるもの~ …
  3. 2020-10-14

    マイナー向けガイド

    ■マイナー向けリフトオフガイドについて メインネットリフトオフまで24時間を切っています。S…
ページ上部へ戻る