Truffle Suite、Filecoin Boxを搭載したNFT開発テンプレートを発売

Filecoin

Filecoin BoxがTruffleで利用できるようになりました! 開発者はFilecoin Boxを使って、分散型アートギャラリーの作成に必要なものをすべて揃えることができます。

Filecoin Boxを試す

Ganache(Truffle Suiteの一部)は、開発者にパーソナルでローカルに稼働するブロックチェーンインスタンスを提供するシミュレーターです。開発者はGanacheを使用して、パブリックネットワーク上で起動する前に、安全で現実的な環境でDappsを構築、デプロイ、テストすることができます。Filecoin Boxは、Filecoin GanacheとEthereum Ganacheの両方のシミュレーターを使用して、NFTの構築、デプロイ、取引を行うためのテンプレートです。Truffleは、Filecoin Boxにより、開発者がNFTストレージのソリューションを作成し、Ethereum、IPFS、Filecoinのエコシステムの橋渡しを続けるための強固な基盤を提供します。

Filecoin Boxは、開発者がテスト環境で分散型アートギャラリーを構築することを可能にします。ERC-721ベースのNFTを展開するEthereumノードに加え、LotusノードとIPFSノードが含まれています。さらに、Filecoin Boxには、アセットを閲覧するためのフロントエンド環境も含まれています。

これまで、NFTの作成者や所有者は、一般的に中央市場のストレージソリューションや、ラグプル問題の可能性を含むロケーションアドレッシングなどのリスクの高い手法に頼っていました。ファイルコインとIPFSは、より安全な代替手段を提供することで、NFTストレージの標準となりつつあります。ファイルコインは、購入者とクリエイターに分散型データストレージを提供し、IPFSは、典型的なhttps:// のロケーションアドレッシングの代わりに、コンテンツベースのアドレッシングを提供しています。IPFSでは、クリエイターがMintと呼ばれるシンプルなコマンドラインアプリケーションを使ってNFTを生成・保管する方法も提供しています。このように、ファイルコインとIPFSは、NFTを安全に保管するための手段を提供しています。

仕組み

Filecoin Boxを実行すると、それぞれ100FILのアカウントが10個生成されます。これらのアカウントを環境内でシミュレートすることで、ストレージディールの作成、NFTのマイニング、NFTのアップロード/リトリーブを行うことができます。ストレージディールとは、クライアント(Ganacheの場合は開発者)とストレージマイナーの間で、ファイルコインネットワーク上にデータ(この場合はERC-721アセット)を保存する契約です。公開されているファイルコインネットワークでは、これらの取引は「OTC」、つまりデータを保存する前にマイナーとの間で取引が成立しなければなりません。Filecoin Boxでは、取引は自動的に行われ、活発なストレージ市場をシミュレートします。

ストレージ市場、資金提供されたアカウント、NFT標準、およびフロントエンドのギャラリーUIへのアクセスにより、開発者はFilecoinとEthereumの多様なインタラクションを作成してテストし、保存と取得のプロセスをテストして、分散型ストレージエコシステムをサポートする堅牢なDappsの作成を続けることができます。

※配信元
https://filecoin.io/blog/posts/truffle-suite-launches-nft-development-template-with-filecoin-box/

IJC-media

IJC-media

IPFSを中心とした技術による日本の産業競争力の向上を目指すIPFS JAPAN コンソーシアムが、最新の世界動向や業界情報を配信するメディアサイト

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP