ファイルコイン共同リソースとリスク管理

https://filecoin.io/blog/storage-market-summit/

12月11日、ETH GlobalとFileconはストレージマーケットサミット(SMS)を開催しました。SMSではFilecoinエコシステムにおける共同リソースとリスク管理を発表しました。本ブログではこの日に行われた様々な講演からの要約、テーマ、結論をお伝えします。

アジェンダ及びコラボレーションリソースとリスク管理のセクションをチェックできます。

品質評価基準からレピュテーション(名声)へ

以下は、SMSで行われたBlockScienceのCEO兼共同創業者であるMichael Zargham氏の講演を要約したものです。ビデオを見るにはこちらからご覧ください。

Filecoinネットワークは多くのデータを保存していますが、同時に多くのデータも生成しています。すべての分散した異質なデータの中でも、より豊かで健全なエコシステムを作るために、そのデータをどのように活用できるかに注目する必要があります。私たちは、Filecoinネットワークの品質と名声をどのように高めるかという問題を解決しています。

意思決定を行うために、あらゆるネットワークからのデータを活用しようとすると、多くのプロセスが発生します。例えば低レベルの生データを取得し、ネットワークの参加者がそれを解釈して行動できるレベルにまで引き上げますプロセスなどです。

Filecoinのトリッキーな点は、従来のWeb2や企業では、データインフラストラクチャを開発・維持する高度に専門化されたチームが存在することです。これは特に、Filecoinネットワークのような大量のデータを保有している企業に当てはまります。そこで私たちが自分たちに問いかけているのは、オープンなネットワーク上で公開データと同じパフォーマンスと品質を実現するにはどうすればいいのかということです。ネットワークの参加者が、ネットワークから得たデータに基づいて自信を持って解釈し、行動できるようにする必要があります。これが重要となるシナリオはすでにいくつかわかっています。

・レンダー(貸し手)は、ディールの検証状況に基づいて融資額を決定出来ます。

・引受人は、障害分布に応じてどのローンを引き受けるかを決定出来ます。

・ストレージ・クライアントは、アップタイムを条件にどのマイナーと取引を行うかを決定出来ます。

・マイナーは、案件のキャパシティを増やすことでROIを向上させるための戦略を立案できます。

・保険会社は、ストレージ容量のボラティリティに基づいて、どのマイナーに保険をかけるかを決定出来ます。

これらの決定はすべて、データドリブンで行われるべきです。ストレージや解釈レベルのデータは誰も所有していないため、この種のアナリティクスのためのプロバイダーベースが増えることを期待しています。その一例がレピュテーション(名声)・スコアです。

私たちは、名声がクレジットスコアのような「神の目」ではないことを検証したいと考えています。なぜならあまりにも決定論的に感じてしまうからです。名声は、平均的な人々によるネットワークの最終的な利用を促進することになります。消費者はネットワーク上のデータを使いたいと思っていますが、Filecoinネットワーク上の低レベルの情報を知る必要はありません(または知りたいと思っていません)。サービス提供者は名声を信頼してサービスを提供し、更にそれらから意思決定をすることができるのです。

CodefiストレージとDeFiブリッジ

以下はSMSで行われたConsenSys CodefiのCorbin Page氏とMike Alonso氏の講演の概要です。ビデオを見るにはこちらをクリックしてください。

◎Codefi Networks Storage

ConsenSys CodefiはConsenSys Suiteにおいて金融アプリケーションを構築しています。当社の製品モジュールの1つであるCodefi Networksは、メインネットの立ち上げ後の数ヶ月間、分散型ネットワークの立ち上げを支援することに焦点を当てています。どのような新しい市場でも、初期段階では、最適な価格設定と市場セグメントを把握するのに苦労しています。Filecoinエコシステムでは、それらのセグメントのいくつかは、Filecoin、Filecoin Plus、名声、マイナー履歴などです。私たちは、エコシステムに価格発見のプロセスを加速させる製品を提供するために、Filecoin Storageアプリケーションを構築しました。

ストレージ市場におけるレピュテーションは、ストレージサイズ(容量)、障害数、ストレージの一般的な価格設定、成功した取引数などで構成されています。私たちは、レマイナーやネットワーク参加者からのコメントを見て、ストレージ事業者が何を求めているのかをベースに反復開発を行っています。レピュテーションは今後も進化し続け、誰にとっても最適なものが何かを見極めていきます。

Codefi Storage for Filecoinは以下の機能を搭載して発売されます。

・ストレージ価格の発見

・ストレージプロバイダのレピュテーション

・ストレージプロバイダの取引履歴

・トップネットワークメトリクス

・API経由でのアクセス

Codefi Storageをstorage.codefi.networkでチェックしてみましょう。

Codefi DeFiブリッジ

DeFi Bridgeは、FILをDeFiエコシステムとEthereumブロックチェーン上に橋渡しするサービスです。DeFi Bridgeは、ユーザーがFILをラップされたFILに変換することを可能にします。最近では、RenVMでrenFILを開始しました。ユーザーはFILを入金先に送り、確認を待ち、その後ウォレットでrenFILを受け取ります。またユーザーは逆の事も可能で、分散型マーケットプレイスでrenFILを借りて、Filecoinネットワーク上で使用するためのFILに変換することができます。

私たちの目標は、FILをスポット市場、レンディング市場、デリバティブ市場などに橋渡し、FIL保有者により多くのオプション性を与えることです。特に、より多くの資金を必要とするマイナーのようなネットワーク参加者にFILのより大きなアクセスを提供するために、Ethereum上で行われている分散化されたレンディング市場にFILを入れたいと考えていました。

Codefi DeFi Bridge for Filecoinは、以下の機能を搭載して開始されます。

・Filecoin→ラップされたFilecoin(renFIL)に変換

・renFIL → Filecoinに変換

・renレンフィルのレンディング

・renfILのローン

・renFIL DeFiマーケットプレイスAPI

・すべてのDeFiユーザーに開放

bridge.codefi.networkでDeFi Bridgeをチェックしてみましょう。

◎マイナーのための資産スワップ

以下は、DARMA Capitalの共同創業者であるJames Slazas氏がSMSで行った講演の概要です。講演は下記からご覧いただけます。

DARMA Capital (Digital Asset Risk Management Advisors) は、コモディティ・プール・オペレーター、コモディティ・トレーディング・アドバイザー、そしてスワップ事業の会社です。DARMAはCFTCに登録されており、NFAのメンバーでもあります。私たち(DARMA)が伝えたいことは、DARMAがFilecoin FIL資産スワップを作成したという事です。私たちの目標は、大小のマイナーがFILトークンへのアクセスを可能にし、ローン市場に存在する非常に高いレンディング金利を回避することです。

資産スワップは、基本的には2つのカウンターパーティが締結するデリバティブ契約です。両者はキャッシュフローまたは資産のいずれかを交換し、スワップ契約は常にバランスを取っています。

今日のスワップ市場は、1日1%、あるいは年率100%でFILを借りることができることから幅があります。エコシステムの成長を支援するために、私たちはProtocol Labsと財団と協力して、サービスを提供できるようにしました。

私たちは、マイナーのビジネスモデルをよりよく理解し、マイナーとFilecoinネットワークにとって有益なサービスを提供し続けるために、マイナーとの関係を築いていきたいと考えています。Filecoin資産スワップの提供では、以下の2つの目標を掲げています。

・FILを取得しようとするときにマイナーが直面する高額な金利問題をどう減らすか、あるいは排除すること。私たちは、コストのボラティリティを減らすことで、マイナーのビジネスに役立つことを願っています。

・異なるグループと協力して、小大のマイナー両方が堅牢で持続可能なビジネスを構築することを奨励すること。

あなたがFILスワップについての詳細を学ぶことに興味を持っているマイナーであれば、詳細についてはDARMA(info@darma.capital)に連絡してください。

ストレージ市場サミットはYouTubeでご覧いただけます。


◎免責事項

これらのプレゼンテーションは投資アドバイスではありません。

プレゼンテーションで示されたモデルは、多くの仮定に基づいており、真実のソースとして信頼すべきではありません。推定値は、あくまでも例示目的のためのものであり、これに依拠してはなりません。コードとFilecoinの仕様に基づいて、独自のモデルを作成してください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Pick up

  1. https://filecoin.io/blog/posts/filecoin-plus-alig…
  2. 今回はFilecoinについてマイニングからストレージ、アプリケーション開発までのシラバス(講義要…
  3. 下記を御覧ください。 1.核となるプロトコルの機能 8月には、メインネットの「プルーフ…

Recommend

  1. 2020-10-26

    リフトオフ週間を振り返って

    https://filecoin.io/blog/mainnet-liftoff-week-rec…
  2. 2020-10-16

    Slingshotとその先

    https://filecoin.io/blog/slingshot-and-beyond/ …
  3. 2020-10-14

    マイナー向けガイド

    https://filecoin.io/blog/miners-guide-liftoff/ …

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る