Mask Network × Filecoin: Web2.0とWeb3.0の架け橋として

Filecoin

本日、Mask NetworkとFilecoinは、Maskユーザーに分散型ストレージソリューションを提供することで、Web2.0とWeb3.0のギャップを埋めるためのコラボレーションを発表しました。

Mask Networkは、Web2.0のプラットフォームとWeb3.0をつなぐ代表的なプロトコルです。Maskのブラウザ拡張機能を使えば、FacebookやTwitterなどの従来のプラットフォームでも、Web3.0のメリットやソリューションを使って他のアプリと交流することができます。ユーザーは、暗号化されたメッセージを送受信したり、暗号通貨を送金したり、Gitcoinでプロジェクトに資金を提供することができます。また、近々、Filecoinでファイルを保存・共有することも可能になります。Maskブラウザ・エクステンションをダウンロードして始めましょう。

Maskブラウザ・エクステンションにより、ユーザーは特定のファイルをFilecoinネットワークにアップロードすることを選択し、暗号化された資産または暗号化されていない資産としてネットワークに共有することができるようになります。

MaskとFilecoinのコラボレーションにより、Maskのユーザーは、新しいプラットフォームや製品に移行することなく、分散型ストレージの論理と機会を活用することができます。おなじみのソーシャルメディア製品と統合することで、Mask (そして現在のFilecoin) はWeb 2.0のコンテンツ作成とデータストリームへのアクセスを強化します。これがFilecoinエコシステムにとって意味することは、人類のデジタル情報を保存し、保護するというビジョンへの加速です。


本ブログは、www.filecoin.io/blog からの翻訳となります。

ソース: https://filecoin.io/blog/posts/mask-network-x-filecoin-bridging-the-gap-between-web2-and-web3/

IJC-media

IJC-media

IPFSを中心とした技術による日本の産業競争力の向上を目指すIPFS JAPAN コンソーシアムが、最新の世界動向や業界情報を配信するメディアサイト

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP