リフトオフ初日を振り返る

https://filecoin.io/blog/mainnet-liftoff-day1/

昨日、Filecoinリフトオフの初日を終えました。Filecoin創業者のJuan Benet氏、Polychain Capital創業者のOlaf Carlson-Wee氏、スタンフォード大学教授のDan Boneh氏、社外顧問のMarta Belcher氏などから講演がありました。このブログでは、当日のハイライトと、2日目に向けてのスナップショットをご紹介します。


『インターネットは私たちに大きな力を与えた』

Protocol Labsの創設者兼CEOであるJuan Benet氏は、オープニング基調講演の中で、一歩下がって今の私たちの生活がどのようなものであるかを考えてみてほしい、と呼びかけました。彼は文明をコンピューティング以前の時代とコンピューティング後の時代に分け、今日の私たちの行動のほとんどがインターネットの助けなしに行われていることを強調しました。今日、私たちがオンラインで行う最も平凡な行動でさえも、コンピューティング以前の時代に比べれば大きな力を伴うことを考えるように求めました。私たちの日常生活、日常のコミュニケーションなどに、コンピュータは多くの特権的なアクセスを行っています。Juan氏は、80年後の世界がどうなっているかわからないが、将来に備えて今日のインターネットの問題を解決するのは賢明なことだと述べています。

“Filecoinの使命は、人類の情報のための分散化された効率的で強固な基盤を作ることです。”

Juan氏は、Filecoinコミュニティがネットワークの所有権を得て、次のレベルに進むことで締めくくりました。

◎3つの課題

1.深く価値のあるデータをネットワークに持ち込むこと。

2. Filecoinの技術を使って新しいアプリケーションを構築すること。

3. Filecoinを自分のものにすること。

◎3つのアドバイス

1.人々が欲しがるものを作ること。

2. 常に長期的に考えること。

3.レジリエンス(回復力)を持つこと


『最終的な目標は、人生をより良くすること』

Juan Benet氏とスタンフォード大学の応用暗号学教授Dan Boneh氏が、ブロックチェーン技術とFilecoinを用いた暗号技術の未来について語りました。Juan氏は、今後15~20年間で、暗号技術にとって最も重要な技術革新は何かと質問しました。Dan氏は、暗号技術の具体的な話から一歩踏み出し、どんな技術でも最も重要な役割は、人々の生活をより良くすることだと述べました。特に、プライベートな会話の重要性と、それらの会話が取り締まられないように確実に守る必要性を強調しました。

『今までほとんどのブロックチェーンネットワークは(意図的に)無駄なことをしてきました。』

Polychain Capitalの創設者であるOlaf Carlson-wee氏は、”The Decentralized Cloud is Here(分散型クラウドの始まり)”という講演を行いました。彼は、Bitcoinのようなよく知られたブロックチェーンネットワークと比較しながら、Filecoinネットワークの重要性と革新性を説明しました。コンセンサスを得るために「作業」を必要とするほとんどのブロックチェーンネットワークは、意図的に無駄を省くように設計されています。例えば、Bitcoinのハッシュパワーは、Bitcoinのマイニングにしか使えません。個人、企業、政府がビットコインの「マイニングパワー」を他に使うことが出来ません。無駄ではありますが、セキュリティを確保するために成功した方法です。しかし、Filecoinは、FIL、そのステークキング・アーキテクチャ、ストレージ・マーケットプレイスを通じて、ネットワーク上で行われている仕事が分散型ストレージ経済の全体的な利益になるようにインセンティブを組み合わせています。この「経済的な作業機能と分散型ファイルストレージネットワークとの結びつき」は、Filecoinの将来の成功のための基本的なものです。

『DAOの黄金時代はすぐそこまで来ている』

Carlson-wee氏は、Filecoinと分散型ストレージが、DAOの進化において果たすであろう重要性について語りました。ブロックチェーン技術の歴史において、金融プリミティブは、スマートコントラクト上でのロジックの中で最も簡単な形態の一つでした。DeFiは、そのユースケースがいかに堅牢であったかを示す好例です。DAOは、これらのファイナンス・フォワード・アプリケーションを監督し、管理するために構築されてきました。しかし、より複雑で「ウェブのような」アプリケーションを構築するのは明らかに困難です。例えば、Ethereumのスマートコントラクトは、メディア/画像/動画などのファイルをユーザーに簡単に提供することができません。Filecoinネットワークが稼働していれば、Ethereumのようなスマートコントラクトプラットフォームは、エンドユーザーにこれらのファイルを簡単かつネイティブに提供することができます。私たちが目にするのは、DeFiアプリケーションだけではなく、堅牢性と複雑性を備えた、現在のウェブアプリケーションに近いアプリケーションの新しい波が来ることでしょう。これらのアプリケーションもまた、新しいDAOによって管理されることになるでしょう。これが、カールソン氏が「DAOの黄金時代」と呼んでいるもので、近い将来に見られるかもしれません。

『今日は参加してみませんか?』

リフトオフ2日目の今日は、Filecoinでのマイニングに焦点を当てています。この日は、Filecoinの価値がマイナーにとって何なのか、ネットワークへの参加を続ける(または始める)ために知っておくべき情報に焦点を当てた、トーク、デモ、ワークショップが盛りだくさんの一日です。

– 午前11時(PDT):2日目は「Filecoin Proofs and Upcoming Improvements」からスタート

– 午後12時(PDT):「ソロマイナーのためのFilecoinマイニング」Filecoinマイナーのベンジャミン・ホエシュボ氏による個人マイナーのための詳細なワークショップ

– 午後3時30分(PDT):StorageHiveのJacques Swanepoel氏とIPFSMainの共同創設者であるNeo Ge氏の「Filecoin Mining Hardware & Architecture」のトークです。セットアップとアーキテクチャの説明、リグを構築する際に考慮すべきことや避けるべきことについて議論しましょう。

– 午後5時20分(PDT):Filecoinの世界的なトップマイナーと一緒に、「How We Won the Space Race」パネルで、彼らがどのようにしてスペースレースに勝ったかを学びましょう。

– 午後19時05分(PDT):”Filecoin Security and Bug Bounty Program”をプロトコルラボよりDeep Kapur氏と David Dias氏がお話します。

フルアジェンダはこちらから!

https://liftoff.filecoin.io/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Pick up

  1. https://filecoin.io/blog/posts/filecoin-plus-alig…
  2. 今回はFilecoinについてマイニングからストレージ、アプリケーション開発までのシラバス(講義要…
  3. 下記を御覧ください。 1.核となるプロトコルの機能 8月には、メインネットの「プルーフ…

Recommend

  1. 2020-10-26

    リフトオフ週間を振り返って

    https://filecoin.io/blog/mainnet-liftoff-week-rec…
  2. 2020-10-16

    Slingshotとその先

    https://filecoin.io/blog/slingshot-and-beyond/ …
  3. 2020-10-14

    マイナー向けガイド

    https://filecoin.io/blog/miners-guide-liftoff/ …

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る