ファイルコインメインネットリフトオフへの旅

https://filecoin.io/blog/journey-to-liftoff/

何年もの時を経て、Filecoinメインネットが正式に稼働しました!先週共有したように、メインネット移行はコミュニティ全体にとって素晴らしいマイルストーンです。現在、100以上のアプリケーションやツールがFilecoin上に構築されており、600TiBのストレージ取引がFilecoinのキャパシティを活用しており、700PiBのストレージキャパシティ、そして1時間に500TiB以上のペースで成長しています。

高品質で、長期的なデータストレージを提供するマイナーに報いるためのインセンティブ構造に加えて、Filecoinを際立たせているのは、この分散型ストレージレイヤーを統合した多くのエコシステムです。FilecoinネットワークのためのツールであるConsenSys スイート*、Internet ArchiveでキュレーションされたFilecoin Archives、Filecoinを素晴らしいものにするためのIPFSコミュニティ*1まで、Filecoinの成功に投資している素晴らしいコミュニティに感謝致します。

*1 https://filecoin.io/blog/filecoin-ethereum-community/

*2 https://www.youtube.com/embed/FHqtIX4FPP4

メインネットリフトオフは、web3のエコシステムにとって大きな前進となりました。Filecoinは、検証可能なストレージ層を分散型ウェブにもたらし、多くのweb3プロジェクト(IPFS、libp2p、IPLD、Multiformatsを含む)で使用されているInterPlanetaryスタックに重要なストレージインセンティブ構造を追加しました。どのような立ち上げの瞬間でもそうですが、物事がどこから始まったのか、そして「夢物語」から「現実」になるまでに必要な膨大な進歩と革新を忘れがちです。Filecoinのアイデアが最初に形成された7年前にさかのぼってみましょう。

◎はじめに

Filecoinが最初に構想された2014年当時、”web3 “はまだ黎明期でした。Vitalik ButerinがEthereumのホワイトペーパーを発表したばかりで、「ブロックチェーン」はかなりの支持者を集め始めました。Gavin Woodが「Dapps: What Web 3.0 Looks Like」*の発表の中で彼はこの次世代ウェブに必要な4つのコンポーネントを提案しました。すなわち”静的なコンテンツ公開、動的なメッセージ、信頼性の高いトランザクション、そして統合されたユーザーインターフェース “です。これらのニーズを満たすための新しいプロジェクトの舞台を設定しました。

*https://gavwood.com/dappsweb3.html

コンピュータ科学者たちは、1980年代のベル研究所のPlan 9以前から分散型オペレーティングシステムを追求してきましたが、暗号技術、ブロックチェーン、gitのようなコンテンツ志向の革新をシームレスに組み合わせることができるようになったことで、検証可能で信頼性の高い分散型ストレージネットワークを実際に作成することが可能になったのです。2014年当時、Filecoinのデータストレージネットワークの基礎となるIPFS(コンテンツアドレス志向ファイル共有)、libp2p(ピアツーピアネットワーキング)、IPLD(ハッシュリンク型データ構造)などのプロトコルも、まだ始まったばかりでした。

90年代初頭のp2pツールを使って、アレキサンドリア図書館の焼失のような大惨事を防ぐことができたらどうでしょうか?何世代にもわたる知識の破壊は、何百年にもわたって進歩と革新を遅らせる可能性があります。これは、私たちの生活の多くがオンラインで行われるようになるにつれ、ますます実存的なリスクとなってきています。

知識をよりアクセスしやすく、効率的で、復元力のあるものにすることができれば、将来のアイデアや発見のためのより良い基盤を築くことができます。科学的な成果を再現したり、発見を再分析したりするために必要な正確なデータが提供され、私たちが必要とする特定のデジタルツールが中央の所有者によって持ち去られたり、シャットダウンされたりすることもなく、そして相互接続された知識であるウェブは、何千人もの独立したネットワーク参加者の間で冗長に持続し、リンクされます。

多くの点で、このビジョンはインターネットの創設時に類似しています。2010年代初頭には、ウェブに対する当初のビジョンは、動的でパーソナライズされたコンテンツを中心とした中央集権的な力に取って代わられ、ターゲット広告を提供するためにユーザーのデータを収集していました。

多くの小さな相互接続されたウェブサイトの代わりに、Google、Facebook、Twitter、Amazonのような巨人が存在していました。2016年のDecentralized Web Summit*1では、Vint Cerf氏(TCP/IPプロトコルの発明者の一人)、Tim Berners-Lee氏(World Wide Webの生みの親)、Juan Benet氏(IPFS & Filecoinの生みの親)らが「ウェブを支えるコア技術を根本的に再発明する」(Klint Finley, WIRED)*2を発表しました。Filecoin、IPFS、libp2p、および同様のプロトコルは、インターネットを取り戻し、より速く、より安全で、よりオープンなものにするための新世代のツールとして登場しました。

*1 https://2016.decentralizedweb.net/

*2 https://www.wired.com/2016/06/inventors-internet-trying-build-truly-permanent-web/

◎リフトオフ!全システムオールグリーン

Filecoinのミッションは、人類の情報保存のために、分散化された効率的で強固な基盤を作ることです。その道のりに沿った一歩であるリフトオフする事は、巨大なコミュニティの長年のハードワークな成果です。

初期の数年間は、現在のエコシステムのほとんどのプロジェクトで使用されているweb3技術スタックを構築することで、Filecoinの基礎を築きました。Filecoinや他のプロジェクトで使用されている中核的なweb3のビルディングブロックは、libp2p、IPLD、IPFSなどのようなものが存在していました。これらのモジュール化されたプロジェクトは、web3のエコシステムをより相互運用性、協調性、相互接続性の高いものにするのに役立ちました。

FilecoinのProofs of ReplicationやSpaceTimeにまつわる独特の難しい研究問題に着手するずっと前から、このコミュニティでは、相互運用可能なweb3技術スタックに必要なツールやプロトコルを構築していました。これらのプロジェクトの周りには活気あるコミュニティとエコシステムが形成され、志を同じくする協力者が集まり、挑戦的なアイデアを現実のものにしていきました。これらのコミュニティの中核には、私たちが構築しているプロトコルにエンコードしようとしているいくつかの共通の価値観がありました。透明性、オープン性、モジュール性、相互運用性などの価値観です。

それ以来、私たちは貴重な教訓を学びました。仮想通貨、p2p、経済システムは本当に難しいです。長年にわたる最先端の研究(検証済み遅延関数、ランダム性ビーコン、P2P ネットワーキング設計などの最先端の研究)、広範な仮想通貨経済の設計と分析、高度なシステムエンジニアリングを通じて、私たちはエコシステム全体の影響に圧倒されました。

例えば分散システムにおけるネットワークパフォーマンスを大規模でシミュレーションし検証するためのTestgroundの構築から、生産グレードの分散ランダム性ビーコンを提供するDrandの開発まで、解決すべき価値ある問題を数多く抱えたチャレンジ清心あふれる課題に向き合えたことを幸運に思います。これらの一見脇役のように見える課題も、最終的には人類の情報保存基盤を構築するための最も重要なプロジェクトの一部となっています。

過去3年間で、Filecoinの成功に大きく貢献したのはコミュニティです。Filecoinの強さの核となる3つの柱は、このマーケットプレイスを支えているマイナー、ビルダー、ストレージクライアントです。

◎マイニング

マイニングコミュニティは、Filecoinネットワークの中核的な運営者であることに加えて、2019年以降、Lotusやgo-filecoinのようなFilecoin実装の洗練と改善に深く関わってきました。マイナーは、2019年2月に立ち上げられた最初のFilecoin devnetから、2019年12月の本格的なLotusテストネット、そして8月のキャリブレーションネットとスペースレースまで、ネットワークを徹底的にストレステストした旅の中心的な参加者となっています。この間、マイナーは何千もの詳細な問題レポートを提出し、SlackやZoomで何時間もかけて再現しにくい問題のデバッグを行い、重要なパッチ、機能、最適化をエスカレーションしてマイニングコミュニティとエコシステム全体に利益をもたらしました。

SRの期間中、多くのコミュニティ・チャンピオンが、新しいマイニングコミュニティに参加し、よくある質問に答えたり、ネットワークの問題をデバッグしたりしていました。これらのマイナーの貢献は計り知れません。ネットワークの共同所有者として、ネットワークの価値を管理し、マイナー運営を最大化することは、すべてのマイナーの利益の最大化にもなります。

FIPプロセス、バグバウンティプログラム、Devgrantsプログラムなどのプログラムは、マイナーがFilecoinの改善を継続するために専門知識を再活用出来る一般的な方法です。すでに、Filecoin Improvement Process(最近リリースされたFIP-4や新しい提案に対する30以上のコメントが毎週発表されています)や、新しく立ち上げられたsecurity.filecoin.ioのウェブサイトでのセキュリティ分析や報告に関わるコミュニティが増えてきています。

Filecoinは全く新しいタイプのブロックチェーンマイニングです。公開ブロックチェーンのコンセンサスと状態の更新を維持するだけでなく、Filecoinのマイナーはネットワークストレージサービスのプロバイダーでもあり、ネットワーククライアントへの長期的な且つ高品質のサービスにより報酬を得ることができます。

Filecoinの仮想通貨経済設計は、信頼性が高く有用なストレージに報います。これは、強力で協力的なマイニングコミュニティがFilecoinを改良し続け、今後も長年にわたってより多くのストレージアプリケーションやユースケースをオンボードするためのインセンティブを生み出します。

◎ビルド

開発者、起業家、ビルダーのネットワークは、Filecoinエコシステムの中心的な役割を果たしています。Filecoinエコシステムには、様々なアプリケーション、クライアント、開発者ツールプロバイダー、インフラサービスなど、90以上の有意義なコラボレーションがあります。250以上の新しいチームがFilecoin Igniteを通じてエコシステムに参入し、ネットワーク上でアプリケーションを学び、構築し、ローンチしています。Filecoinとweb3の未来は、これらのビルダーの手に委ねられており、彼らの創造性とハードワークから、驚くべきアプリケーションやユースケースが生まれると、私たちは非常に楽観的に考えています。

Filecoin上に構築された分散型アプリケーションの勢いは、IPFSエコシステムに由来しています。IPFS + Ethereum上で構築された分散型アプリケーションは、持続的ストレージのソリューションを長い間待ち望んでおり、リフトオフウィークは、IPFS、Ethereum、Filecoin構築者のコミュニティの架け橋となっています。ConsenSysとProtocol Labsの最近のコラボレーションは、これらの活発なコミュニティ活動さらに加速させるでしょう。

エコシステムのエキサイティングなアプリケーションやユースケースには、すでに以下のようなものがあります。

・SlateやFleekなどのコンシューマー向けストレージアプリケーションは、IPFSやFilecoinにファイルを簡単に保存することができます。

・Filecoin StorageやFilecoin DeFi Bridgeを含むDeFiのユースケースは、マイナー、クライアント、トークンホルダーがより効率的な方法で相互作用するのを支援します。

・File.Videoや Voodifyなどの分散型動画アプリは、いずれもLivepeerをベースに構築されています。

・Filecoin Discover、Kiwix、Internet Archiveなどのアーカイブストレージのユースケースは、文化的に重要で価値のあるデータセットの保存を目的としています。

さらに、開発者がFilecoin上で構築するのに役立つインフラストラクチャやツールも多数用意されています。

・TextileのPowergateは、FilecoinとIPFSの間で多階層ストレージを展開するためのAPI駆動型ソリューションです。

・Truffle Preserveは、IPFSとFilecoin上にアプリケーションデータを保存するプロセスを簡素化します。

・InfuraのFilecoin Network APIは、開発者が自分のノードを同期することなく、堅牢なFilecoinベースのアプリケーションを構築することを可能にします。

・Glif Walletは、Ledgerデバイスを介してFilecoinを送受信するための軽量なウェブインターフェースです。

最後に、ハッカソンからアクセラレータまで、エコシステムに参入する新しいチームが何百もあります。

・HackFSはETHGlobalが運営する1ヶ月間のハッカソンで、130以上の新しいアプリケーションやFilecoinを構築するチームを輩出しました。

・Apolloは、Gitcoinが運営するメンターシッププログラムで、50のチームがFilecoinネットワーク上でメンターを務めました。

・Tachyonが運営するアクセラレータ「Filecoin Launchpad」は、Filecoin上で13のチームが真剣に企業や組織を構築しています。

・Filecoin Frontierは、シンガポールと上海のLongHashが運営するアクセラレータで、ネットワーク上でアプリケーションを構築するチームを募集しています。

私たちは、Web3の未来は、これらの才能ある開発者、起業家、ビルダーの手にかかっていると確信しています。

◎ストレージ

最後に、この分散型ストレージネットワークを利用しているFilecoinストレージクライアントのコミュニティについて。

Filecoinのクライアントは、人類にとって最も重要なデータセットの一部をFilecoinに保存しており、このデータの多くは、そうでなければ失われるか、コストがかかりすぎて保存できなかったものですが、復元力のあるグローバルなストレージネットワークで保存されています。現在、いくつかのイニシアチブ、プログラム、パートナーシップを通じ、何百もの個人や組織が、この新しいウェブ用分散型ストレージレイヤー上で重要なデータセットを保存するために活動しています。

私たちの世界では、毎日25億バイトのデータが生成されています。これには、2,940億通の電子メール、640億通のWhatsAppメッセージ、5億通のツイート、遠隔測定データ、センサーデータなどが含まれます。これらのデータの多くは保存、分析、その他の方法で利用されていますが、90%以上は日常的に廃棄されています。Filecoinでは、時間の経過とともに失われてしまうかもしれないこれらの非常に価値のあるデータセットの保存を視野に入れています。Filecoin Discoverプロジェクトでは、ここ数ヶ月の間に、何百ものマイナーと共に、3PBの重要なパブリックアクセスデータセットへのアクセスを可能にしました。これらのデータセットには、Wikipedia、Google Landmarks、1000Genomes、Arxiv.org、OpenNeuroなどが含まれます。

Slingshotプログラムを通じて、コミュニティのメンバーは700テラバイト以上のCreative Commonsライセンスのポッドキャストや音楽のアーカイブ、パッケージマネージャのレジストリ、生物多様性のデータセット、天文学的データなどをFilecoinネットワーク上に長期保存しています。Filecoinのストレージクライアントのコミュニティは、健全で効率的で手頃な価格のストレージ市場の構築、そしてストレージソフトウェアとUXの堅牢化、ユーザーのニーズを満たすことための価値を特定し、絞り込むことに貢献してきました。

また、Filecoinのストレージクライアントと開発者は、Filecoin上でのデータの保存と管理を可能な限り簡単にするために、以下のようないくつかのツールを構築してきました。

・Starlingプロジェクトは、データの証明とFilecoinの検証可能なストレージ機能に特別な関心を持つ大容量データストレージクライアントに向けたストレージ製品です。

・Filecoin.toolsは、ストレージクライアントとストレージ開発者がFilecoinネットワーク上のストレージの状態を監視するのに役立つツールです。

・Deal CSVは、記録保持と検索目的のためにFilecoinに保存されたデータのインデックスをバックアップします。

・Codefi Storageは、マイナーの評判とGiBあたりの月額ストレージ価格を可視化します。

この旅が始まって以来、私たちの最終ゴールとして、人類の未来のための基盤を作ることを夢見てきました。献身的で、臨機応変で、インスピレーションを与えてくれるストレージコミュニティが、このゴールを実現するために力を貸してくれています。私たちは、これからもコミュニティと一緒に新しいウェブを構築していくことに興奮しています。

◎ファイルコインの未来

繰り返しになりますが、メインネットリフトオフはFilecoinプロジェクトにとって大きなマイルストーンでした。どんなアプリケーション、スマートコントラクト、NFTでも、仲介者なしで分散型ストレージ層に自分のデータを保存し、アクセスすることができるようになるのです。Filecoinは、これまで不可能だったアプリケーションをアンロックします。

例えば、AIモデルのトレーニング費用として課金してもらうことでストレージコストを賄うことができる分散型機械学習データベースや、動画のコピーや再生速度を向上させる分散型ソーシャルメディアプラットフォームのようなものです。web3の次の革新的なアプリケーションは、Filecoin、IPFS、libp2pによって築かれた新基盤を利用して、私たちがまだ想像もしていないアプリケーションやネットワークを構築するでしょう。

私たちはまだ初期の段階にありますが、Filecoinのエコシステムはすでに大きな勢いを持っています。Filecoinを構築するプロジェクトが成長し、ネットワークが新たな機能を獲得するにつれて、その見返りは大きくなるでしょう。すでに、イノベーションの歯車はFilecoinプロトコルを改善するために回転しています。

例えば、Filecoin Plusプログラム(FIP-0003)は、すべてのマイナーが世界で最も重要なデータセットを検索してネットワークに登録するという強力なインセンティブを生み出すように設計されています。

これらの改善は、Filecoinネットワークを支えている成長と革新への第一歩に過ぎません。Filecoinコミュニティ全体が、ネットワークとFilecoinが世界のために生み出す価値の共有者となりました。Filecoinの未来はあなた次第です。

私たちがスタートしたとき、私たちのゴールは、決して燃やすことのできないアレキサンドリア図書館を構築することでした。マイナーのグローバルコミュニティ、アクセス可能なネットワークツール、熱心なストレージクライアントのおかげで、私たちはそのゴールの達成に大きく近づいており、無数の新しいユースケースも実現しています。

この旅に参加したい方は、Filecoin Archives(Filecoinアーカイブ)にアイデアを提供してください。一緒に人類の最も貴重な資源である、科学から歴史までのあらゆる分野において苦労して得た知識を、災害や攻撃から守り、何世代にもわたって人類に利益をもたらすことができるようにすることができます。

人類の情報のための分散化された効率的で強固な基盤を作るというFilecoinのミッションを現実のものにするために、才能、洞察力、努力、リソースを貢献してくださった過去、現在、未来の皆様に感謝します。私たちは、皆さんと一緒にこのネットワーク、エコシステム、コミュニティを構築し続けることに感謝しています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Pick up

  1. https://filecoin.io/blog/posts/filecoin-plus-alig…
  2. 今回はFilecoinについてマイニングからストレージ、アプリケーション開発までのシラバス(講義要…
  3. 下記を御覧ください。 1.核となるプロトコルの機能 8月には、メインネットの「プルーフ…

Recommend

  1. 2020-10-26

    リフトオフ週間を振り返って

    https://filecoin.io/blog/mainnet-liftoff-week-rec…
  2. 2020-10-16

    Slingshotとその先

    https://filecoin.io/blog/slingshot-and-beyond/ …
  3. 2020-10-14

    マイナー向けガイド

    https://filecoin.io/blog/miners-guide-liftoff/ …

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る