Web3.Storageの紹介。Filecoinストレージのためのシンプルなインターフェース

Protocol Labsは、開発者がFilecoinの分散型ストレージネットワークからデータを保存・取得するためのシンプルなインターフェースであるWeb3.Storageを発表しました。Web3.Storageは無期限に無料で提供されます。開発者は、冗長性のある分散型ストレージと安全でコンテンツに対応したデータを使ってアプリケーションを簡単に構築することができます。Web3.Storageは、分散型ストレージと直接やりとりする際の複雑さを処理することで、Web3の初心者からIPFSのベテランまで、すべての開発者にとって、Filecoinストレージと導入するための最良の方法の1つとなっています!Web3.Storageを試しましょう

Web3.Storageは、以下の2つの主要なコンポーネントで構成されています:

・複数のFilecoinマイナーとパブリックIPFSネットワークにまたがってデータを冗長的に保管し、データの保管場所に関する情報を提供し、CIDによってデータを検索するサービス

・サービスを利用するためのHTTPエンドポイント、JavaScriptクライアントライブラリ、およびWeb UI

以下、これらのコンポーネントの概要を説明します。

 

その仕組みは?

裏では、Web3.Storageに送信されたコンテンツは、Filecoin上のストレージプロバイダのネットワークを介して永続的に保存され、IPFS上に冗長的に固定されます。FilecoinとIPFSは、コンテンツ、データ、アプリケーションにコンテンツアドレッサビリティ持続性を与えます。コンテンツアドレサビリティーは、コンテンツ自体に基づく不変のリンク(CID)を可能にし、改ざんの記録を残さずに情報を変更、編集、または侵害することを不可能にします。持続性は、このサービスを通じて保存されたデータが無傷のまま利用可能であることを、Filecoinの堅牢な経済モデルと、保存されたデータの完全性に関する検証可能な証明によって保証します。

具体的に、Web3.Storageに送られたデータは、Protocol Labsがホストする地理的に分散した3つのノードからなるIPFSクラスターに直ちに固定されます。そこから、Filecoinネットワーク上に保存されるように待ち行列が作られます。このキューに入っている間に、Filecoinの取引で他のデータと一緒にパッケージ化され、地理的に分散した少なくとも5つのマイナーに保存されます。また、Pinataなどの他のIPFSピン接続サービスにピン接続され、冗長性と可用性が向上します。

 

サービスとの関わり方

Web3.Storageを実際に使うにはどうしたらいいの?それは簡単です。Web3.Storageは、HTTPエンドポイントを公開しています。このエンドポイントを使って、Web UIまたはJavaScriptクライアント・ライブラリからデータを保存することができます。

Web UIでは、アカウントやAPIトークンの作成、ファイルのアップロード、保存したファイルの一覧や保存場所の確認などができます。

クライアントライブラリは、fetchFileなどのおなじみのWeb APIと同様のファイルを使用しています。クライアントを構築し、put()メソッドを使用するだけで、わずか数行のコードでFilecoinにデータを保存することができます。

ブラウザの put() メソッドを使ってデータを保存した例。

データが Web3.Storage に送信されると、クエリ API を使ってその状態を確認することができます。CID を渡すことで、このデータがどこに保存されているかの情報を得ることができます。

クエリAPIの出力例。

データが保存された後、どのようにしてそれを取り出すことができますか?IPFSとFilecoinのネットワーク上にあるデータは、IPFSゲートウェイ、独自のIPFSノード、Web3.Storage自体、またはFilecoinを介して、様々な方法でアクセスできます。複数のオプションを持つことで、アプリケーションに柔軟性を与えることができます。また、検索手段に関係なく、誰もがそのユニークなCIDを介して特定のデータピースを要求することができます。Web3.Storageのドキュメントでは、さまざまな検索オプションについて詳しく説明しています。

 

デザインによる自由なストレージ

どうしてこのサービスが無料なのか、と思われるでしょう。Web3.Storageの運営にはインフラが必要ですが、Protocol Labsはユーザーに無料でサービスを提供することができます。なぜなら、Filecoinストレージプロバイダーは、ユーザーのデータを保存するためにWeb3.Storageに課金しないからです。これは、Filecoin Plusメカニズムの経済性によるもので、Filecoinストレージプロバイダーがユーザーデータを保存すると、高額な報酬が得られます。

経済性について簡単に説明すると…

Filecoinストレージプロバイダーは、ハードドライブの容量をFilecoinネットワークにコミットし、そうすることで大きなブロック報酬を得ます。これは、ストレージプロバイダーにとって利益となり、Filecoinネットワークに追加のハードディスク容量をコミットし続ける動機となります。

しかし、ストレージプロバイダーがFilecoinユーザーからのデータを保存している場合、ブロック報酬を獲得する可能性は1.10倍と大きく上昇します。これは、Filecoinストレージプロバイダーにとって、ユーザーのデータを保管する強力なインセンティブとなるため、このブロック報酬の倍数を得るために、ストレージや検索サービスを無料で提供する傾向にあります。

その結果、ほとんどのストレージプロバイダーは、今日、Filecoinで無料のストレージと検索を提供しており、ブロック報酬が強力なインセンティブであり続ける限り、そうし続けるでしょう。これは非常に長い間当てはまるはずです。例えば、ビットコインのマイナーにとってブロック報酬が強力なインセンティブであることは、現在も変わりません。

 

Web3.Storageの次の展開は?

私たちは、Web3.Storageを立ち上げ、FilecoinやIPFSを操作するための非常に使いやすいインターフェイスを皆様と一緒に構築していくことを非常に楽しみにしております。ロードマップで予定されている機能には、ファイルだけでなくDAGのサポート、完全にドキュメント化されたHTTP API、IPFS pinning services APIのサポート、スコープ付き認証トークン、ウェブウォレットベースの認証などがあります。Web3.Storageに搭載してほしい機能がありましたら、GitHub repoに課題を提出してください。

お待たせしました。今すぐWeb 3.Storageを開始し、#web 3-storageチャネルのIPFS DiscordまたはFilecoin Slackに参加してください!


本ブログは、www.filecoin.io/blog からの翻訳となります。

ソース: https://filecoin.io/blog/posts/introducing-web3-storage/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick up

  1. Filecoinは、ストレージと関連サービスのグローバルマーケットプレイスであり、安全な分散型クラ…
  2. 今回はFilecoinについてマイニングからストレージ、アプリケーション開発までのシラバス(講義要…
  3. 下記を御覧ください。 1.核となるプロトコルの機能 8月には、メインネットの「プルーフ…

Recommend

  1. 2020-10-26

    リフトオフ週間を振り返って

    ■リフトオフ週間を振り返って 先週のリフトオフ週間では講演、デモ、ワークショップなどが盛りだ…
  2. 2020-10-16

    Slingshotとその先

    ■Filecoinでデータを保存するためには ~Slingshotとその先にあるもの~ …
  3. 2020-10-14

    マイナー向けガイド

    ■マイナー向けリフトオフガイドについて メインネットリフトオフまで24時間を切っています。S…
ページ上部へ戻る