Infura Filecoin APIの使用開始

本日のブログは、Filecoin Liftoff Week期間中の2020年10月22日にTim Myers氏が行った講演の概要です。

Filecoinノードの実装は、開発者がFilecoinブロックチェーンと対話する方法としてAPIを公開しています。これらのAPIにより、開発者はチェーンに関する情報を照会するだけでなく、ネットワーク上でトランザクションを実行するようにノードに指示するコマンドを発行することができます。

これらのインターフェイスを公開しているノードと直接インターフェイスすることは可能ですが、ブロックチェーンは大量のストレージスペースを必要とし、ネットワークと同期を保つためにノード自体を常に稼働させておかなければならないため、フルノードを維持することは不便です。これは、APIへのアクセスを必要としているだけの開発者にとっては無駄な事です。

開発者がこの問題を回避するために、Infuraはここ数年、Ethereum、IPFS、そしてFilecoin Liftoff Weekの時点ではFilecoinを含む多くの分散型ネットワークのAPIプロキシを構築してきました。Infuraはユーザーに代わってノードを実行し、APIリクエストを裏でそれらのノードに指示しています。これにより、開発者が自らメンテナンスする必要のあるインフラストラクチャが削減され、APIの上に構築するサービスの作成が大幅に容易になります。

Infura Filecoin API ダッシュボード

InfuraのFilecoin APIにアクセスするには、Infuraに登録する必要があります。

まだアカウントを作成していない場合は、こちらから登録できます。

登録後のステップ

・Infuraダッシュボードにログインします。

・ナビゲーションバーのFilecoinアイコンをクリックします。

・「待機リストに追加」をクリックしてください。

APIリクエストのプロキシに加えて、Infuraはキーを介してAPIアクセスを制限し、個々のプロジェクトを分離する機能をユーザーに提供しています。また、Filecoin APIのための広範で完全に詳細なドキュメントもコンパイルされており、OpenAPI仕様書の形で、ユーザーが開始するのに役立つサンプルリクエストとレスポンスを完備しています。

Infuraのようなサービスは、Filecoinエコシステム全体の開発者に力を与え、ネットワークとの連携に関わる労力を大幅に軽減します。これらのツールは、プラットフォームとしてのFilecoinの活用をこれまで以上に容易にし、エコシステムへのアクセス可能な入り口を提供する一方で、クリエイターは次世代のストレージサービスの構築に集中することができます。

※配信元

https://filecoin.io/blog/posts/getting-started-with-the-infura-filecoin-api/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick up

  1. Filecoinは、ストレージと関連サービスのグローバルマーケットプレイスであり、安全な分散型クラ…
  2. 今回はFilecoinについてマイニングからストレージ、アプリケーション開発までのシラバス(講義要…
  3. 下記を御覧ください。 1.核となるプロトコルの機能 8月には、メインネットの「プルーフ…

Recommend

  1. 2020-10-26

    リフトオフ週間を振り返って

    ■リフトオフ週間を振り返って 先週のリフトオフ週間では講演、デモ、ワークショップなどが盛りだ…
  2. 2020-10-16

    Slingshotとその先

    ■Filecoinでデータを保存するためには ~Slingshotとその先にあるもの~ …
  3. 2020-10-14

    マイナー向けガイド

    ■マイナー向けリフトオフガイドについて メインネットリフトオフまで24時間を切っています。S…
ページ上部へ戻る