ストレージから正義へ

Filecoinリフトオフウィークでは、ジョナサン・ドタンをお迎えして、データ整合性のためのスターリングフレームワークを紹介する講演をしていただきました。

Filecoinのユニークな暗号証明が、人権侵害、戦争犯罪、大量虐殺の証言など、最も機密性の高いデジタル記録の信頼性を確立するためにどのように活用されているかを振り返りませんか?

講演では、認証された画像、進化する技術的および倫理的な側面、そしてスターリングフレームワークがどのようにして将来の人道的救済と説明責任の取り組みを促進するために適用されているかについて考察しています。

※配信元

https://filecoin.io/blog/from-storage-to-justice/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick up

  1. Filecoinは、ストレージと関連サービスのグローバルマーケットプレイスであり、安全な分散型クラ…
  2. 今回はFilecoinについてマイニングからストレージ、アプリケーション開発までのシラバス(講義要…
  3. 下記を御覧ください。 1.核となるプロトコルの機能 8月には、メインネットの「プルーフ…

Recommend

  1. 2020-10-26

    リフトオフ週間を振り返って

    ■リフトオフ週間を振り返って 先週のリフトオフ週間では講演、デモ、ワークショップなどが盛りだ…
  2. 2020-10-16

    Slingshotとその先

    ■Filecoinでデータを保存するためには ~Slingshotとその先にあるもの~ …
  3. 2020-10-14

    マイナー向けガイド

    ■マイナー向けリフトオフガイドについて メインネットリフトオフまで24時間を切っています。S…
ページ上部へ戻る