Wolfram Blockchain LabsがDapp開発のためにIPFSとFilecoinでストレージ機能を拡張

Filecoin

Wolfram Blockchain LabsがDapp開発のためにIPFSとFilecoinでストレージ機能を拡張

開発者が新しい分散型アプリケーションを作成するために利用可能なツールのオプションを拡大することは,IPFSとFilecoinのエコシステムの成長にとって重要です。Wolfram Blockchain Labs(WBL)はProtocol Labsとの新しいコラボレーションにより,ストレージ,ピアツーピアネットワーク,その他のプロトコルを活用して既存のアプリケーションを補完する機会を開発者に提供します.

WBLは分散型台帳技術プラットフォームをIPFSおよびFilecoinと統合し,既存のブロックチェーン機能に新しい分散型の機能と拡張されたストレージを追加します.この統合により,開発者はWolframプログラミング言語,クラウド,ノートブックを含むWolfram Technologiesの新しいツールセットにアクセスできるようになります.

Protocol LabsとWBLのコラボレーションは,以下のような分野での新しいストレージ,データ,解析のユースケースをサポートします.

・アカデミア
 〜オープンでわかりやすい使用のためにデータを保存し,研究の高度な共有を行う

・ビジネス
 〜WBLのコンサルティング組織と協力して、高度なプロトタイプを検討する

・データ解析
 〜FilecoinやIPFSからデータを取り出し,Wolfram Languageでドキュメントの解析を行う

・開発
 〜計算機能を使った高度なアプリケーションの構築

WBLはすでにIPFSを使った最初のユースケースの一つを作っています。Max Planck Digital Libraryと共同で,WBLチームは科学者がオープンなbloxberg上でデータをハッシュ化サポートのためのアプリケーションを構築し,同時にメタデータとデータをIPFSで保存して共有することに成功しました.また,WolframはIPFSの統合を利用して,研究者が使用する分散型アプリケーションに組み込むことのできる機能と使用例を構築しています.

Wolfram Blockchain LabsはすでにARK,Bitcoin,bloxberg,Cardano,Ethereum,Tezos等のノードを高性能クラスタでホストしており,デスクトップ(Mathematica)やクラウド(Wolfram Cloud)上でWolfram Languageをスムーズに統合するための直接接続を提供しています。IPFSやFilecoinとの統合により,データストレージや分析のユースケースで可能なことがますます広がっていきます。

Wolfram Blockchain Labsの詳細は,こちらをご覧ください。

※配信元
https://filecoin.io/blog/posts/wolfram-blockchain-labs-expanding-storage-functionality-with-ipfs-filecoin-for-dapp-development/

IJC-media

IJC-media

IPFSを中心とした技術による日本の産業競争力の向上を目指すIPFS JAPAN コンソーシアムが、最新の世界動向や業界情報を配信するメディアサイト

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP