FilecoinとChainlinkの統合により、Web 3.0開発者に高度な分散型ストレージソリューションを提供

Filecoin

業界をリードする分散型オラクルソリューションであるChainlinkが、世界最大のオープンソース分散型ストレージネットワークであるFilecoinと統合し、FilecoinネットワークとEthereumなどのスマートコントラクト対応ブロックチェーン間の双方向接続を可能にしたことを発表します。その結果、スマートコントラクトの開発者は、オンチェーンのロジックと状態変更のためのブロックチェーン、オフチェーンのコミュニケーションと計算のためのChainlinkオラクル、そして分散型ストレージとデータソリューションのためのファイルコインを含む、完全なWeb 3.0インフラストラクチャスタックを手に入れることができます。

ChainlinkをFilecoinのエコシステムに統合することで、これまで不可能だった多数の双方向のスマートコントラクト機能が実現します。これには、Chainlinkを利用して、Filecoinに保存されている暗号的に証明されたデータを外部のスマートコントラクトシステムに橋渡しし、オンチェーンアプリケーションを起動する手段とすることや、Chainlinkのオラクルを利用してスマートコントラクトでFilecoinのストレージ機能を起動することなどが含まれます。使用例としては、NFTのコンテンツがファイルコインで利用できない場合に保険のスマートコントラクトを支払う、dAppが設定したケイデンスに基づいてオフチェーンデータをヒストリカルインデックスとしてファイルコインに保存する、ファイルコインに保存されている金融市場データを取得してDeFi市場の決済をトリガーする、などがあります。

Chainlinkは、Filecoinと外部システム間のデータ転送を自動化したいと考えているスマートコントラクト開発者にとって、最適なオラクルソリューションです。Chainlinkには、セキュリティレビューを受けたSybil耐性(訳注:攻撃者が沢山のID(ユーザ)を作り、攻撃すること)のあるノードオペレータが多数用意されており、これらは分散型のオラクルネットワークに容易に構成することができ、オラクルサービスの強力なアップタイムと耐タンパ性を保証します。さらに、ChainlinkはブロックチェーンやAPIに依存しないため、Filecoinネットワークをスマートコントラクト対応のブロックチェーンやオフチェーンリソースに接続することができ、開発者が作成できるアプリケーションの種類を大幅に拡大します。

Filecoin-Chainlink Oraclesを活用して、保存されたデータにまつわる斬新なユースケースを構築

スマートコントラクトアプリケーションがより高度になり、より多くのデータを生成するようになると、Web 3.0の開発者からは、ファイルコインを分散型データストレージとして使用したいという要望が増えてきます。これを可能にするには、Filecoinと他のブロックチェーンや従来のWeb 2.0システムなどの外部システムとの間の安全で信頼性の高い通信プロトコルが必要です。

Chainlinkは、ファイルコインのエコシステムと他のスマートコントラクトのエコシステムとの間に完全な機能を備えた接続を提供する、堅牢なオラクル機能のセットを提供します。Chainlinkは、現在最も広く使用されているオラクルソリューションであり、DeFi、保険、ゲーム、その他のブロックチェーンベースの市場で信頼され、150億ドル以上のオンチェーンバリューを確保しています。

Filecoin、Chainlink、ブロックチェーンを組み合わせて高度な完全分散型アプリケーションを構築

Chainlinkは、Filecoinに双方向通信機能を提供します。つまり、Filecoinのオンチェーンストレージ機能を起動する外部入力を受け取ったり、Filecoinのストレージ状態データを取得して他のネットワークでのアクションを決定したりすることができます。これは、Filecoinネットワーク上でデータを読み書きすることができるカスタムチェーンリンク外部アダプターの開発によって可能になります。

最初は、ChainlinkのオラクルがFilecoinのストレージステートを読めるようにするためにFilecoin外部アダプターが開発され、他の外部アダプターと組み合わせて他のネットワークにそのデータを書き込むことができます。また、他のブロックチェーンネットワークのデータを直接Filecoinに書き込むなど、他にも様々な可能性があります。

検討されている初期のユースケースには以下のようなものがあります。

・Filecoinマイナー保険

チェーンリンクのオラクルはFilecoinマイナーの現在の状態を監視し、オフラインになったり、ストレージからデータをうまく取り出せなかったりすると、アラートが他のブロックチェーン上の保険スマートコントラクトに中継され、保険契約者への支払いを自動的に実行します。例えば、NFTのデータをFilecoinに保管し、タイムリーに取り出せない場合はオンチェーンで罰を受けます

・DataDAO

DataDAO、つまり過去の価格データベースや研究データなどの広範なデータセットを保有するDAOは、Filecoinを活用してデータセットを保管することができます。チェーンリンク・オラクルは、データの一部を他のブロックチェーン上のスマートコントラクトに配信することができ、DataDAOの新たな収益源となります。

・データバウンティ

固有のCIDを特徴とする特定のデータセットを要求するスマートコントラクトは、Filecoinに保存することができます。データセットがFilecoin上で検証可能に証明され、Chainlinkを介して中継されたときに支払いが発生します。

・DeFiデータ

Filecoinを活用して安価なデータストレージを実現するChainlinkは、大量の金融市場データをFilecoinに長期的に保存し、それをオンデマンドで他のブロックチェーンに配信することで、より高度なDeFiアプリケーションをサポートすることができます。

・自動化された保存機能

スマートコントラクトは、Chainlinkのオラクルサービスを利用して、ある種のデータを特定の間隔で自動的にファイルコインに保存することができ、改ざん防止と高効率のデータアーカイブを作成することができます。例えば、投資家に重要な洞察を与えるペイアウトスケジュールやボンディングカーブなどの情報は、大量のストレージを必要としますが、一定のブロックごとに自動的にファイルコインに保存することができます。

※配信元

https://filecoin.io/blog/posts/filecoin-and-chainlink-integration/

IJC-media

IJC-media

IPFSを中心とした技術による日本の産業競争力の向上を目指すIPFS JAPAN コンソーシアムが、最新の世界動向や業界情報を配信するメディアサイト

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP