Filecoinニュース21

Filecoin

Build(構築)

Wave 8 Dev Grants

Wave 8 Dev Grantsの提案は、6月30日23:59(PDT)まで受け付けています。Web3とFilecoinのエコシステムを拡大する革新的なプログラムに貢献するために、期日までにプロジェクト提案を提出してください。Wave 7 Dev Grantsの審査が終了し、授与されました。今回採択されたプロジェクトと、それらがどのようにFilecoinエコシステムを強化しているかについては、こちらのブログ記事をご覧ください。

Browsers 3000 ハッカソンの紹介

IPFSとFilecoinのコミュニティは、7月8日から2021年9月21日まで開催される「Browsers 3000 Hackathon」を発表します! このハッカソンは、実験やチャレンジ賞を通じて、ブラウザにおけるweb3の開発を探求し、加速させるための6週間の仮想イベントです。

お気に入りのブラウザメーカーや、web3やP2P技術のためにブラウザのインフラを構築している他のプロジェクトからスピーカーを招いた1日のサミットで始まり、9月のショー&テル・デモや表彰式まで、ワークショップやプレゼンテーションが行われます。詳細についてはBrowsers 3000のウェブサイトをご覧いただき、登録が開始されたらお知らせします!

Filecoin Next Step Microgrants

Filecoin Next Step Micrograntsは、Filecoinで初期のプロトタイプを構築した後のネクストステップをサポートするために利用できるようになりました。もちろん、分散型テクノロジーが多くの未知のものを含む急速に発展している分野であることを理解した上で提供されます。Filecoin Next Step Micrograntsは、この作業のペース、幅広さ、実験的な性質にマッチすることを目指しています。これらの助成金は、独立した開発者、小規模なスタジオ、非営利団体、活動家、研究者、そしてあなたを対象としています。Next Step Micrograntは5,000ドルで、FILトークンで支払われます。助成金の全額は、開発者の時間、ホスティングサービス、関連するハードウェアなど、Filecoinの統合や改善に関連する作業をサポートするために使用されます。プログラムの資格、スケジュール、FAQ、応募方法などの詳細については、こちらをご覧ください。

ETHOdyssey、7月2日~8月1日

ETHIndia Onlineシリーズの一環であるGlobal Ethereum hackathonであるETHOdysseyでFilecoinトラックに参加してみましょう。これまで以上にエコシステムに注目が集まる中、大衆が利用する分散型アプリケーションを構築する絶好の機会となります。このイベントでは総額25,000ドルの賞金が提供され、応募は2日後に締め切られます-詳細を確認して応募してください。


Storeストア)

OpenSeaはIPFSとFilecoinでNFTを保管

OpenSeaは最近、NFTのメタデータを「フリーズ」する機能をローンチし、NFTクリエイターがIPFSやFilecoinを使ってNFTを適切に分散化できるようになりました。OpenSeaは、web3空間で最大のNFTマーケットプレイスの一つであり、現在、数百万のNFTの市場を作り出しています。IPFSとFilecoinを使用することで、OpenSeaを使用するNFTクリエイターは、IPFSコンテンツアドレッシングを使用して不変のNFTメタデータを作成し、Filecoinを使用して証明可能な分散型ストレージを作成することができます。詳しくはこちらをご覧ください。


Mineマイニング

Filecoinマイニング・ワーキング・グループ

Filecoin FoundationはFilecoinマイニング・ワーキング・グループ(MWG)を立ち上げました。これは、あらゆる規模のFilecoinマイナーが、Filecoinネットワーク上の他の優秀なマイナーと協力して作業できるようにするための、自発的なワーキング・グループです。MWGは、北米、ヨーロッパ、アジアの各地域のマイナーとのパートナーシップを通じて、すべてのFilecoinマイナーのマイニング体験を向上させるとともに、リソースや教育を提供して、FilecoinマイナーとFilecoin開発者、ストレージプロバイダー、および世界中の広範なコミュニティとの間のギャップを埋めることを目的としています。詳細はこちら。

Lotus & Retrieval Markets Buildersミニ・サミット

最近では、FilecoinコミュニティがRetrieval Market Builders Mini-Summitを主催しました。これは、複数のRetrieval Marketソリューションのすべてのビルダーを集め、これまでに行われた進歩を強調し、ネットワークのユーザーのための検索取引の有効性、効率性、信頼性を向上させる方法で複数のシステムを組み合わせる方法を特定するイベントです。サミットでは、Raul Kripalani氏(libp2pおよびFilecoinのコア開発者)が、Lotusノードのアーキテクチャと、特にLotus-minerノードに予定されている、マイナーとネットワーク参加者のニーズを満たすための変更点について詳しく説明しました。Lotusノードの進化に関する彼の講演を完全に要約するには、この最近のブログ記事を読んでください。

マイニング・エネルギーに関するアンケート

Filecoinのマイナーの皆様へ – 私たちは、Filecoin Mining Energy Questionnaireにご協力いただけるコミュニティメンバーを募集しています。この簡単なアンケートに参加して、エコシステムの取り組みやコミュニティサポートの向上にご協力ください – 皆様のご意見をお待ちしています。コミュニティを強化するための継続的な活動に感謝します。


Updatesアップデート

Lotusv1.10.0とアクターv5

Lotusチームは、2021年6月30日(水)にFilecoinプロトコルにHyperDriveネットワークのアップグレードを導入したLotus v1.10.0のリリースを発表します。specs-actorsのv5とrust-fil-proofsのv8.0.2を使用した本リリースでは、以下のFIPを実装しています:

FIP-0008:マイナー・バッチ・セクター・プレコミット・メソッドの追加

FIP-0011:報酬オークションをコンセンサス失敗のレポートから削除

FIP-0012: FIL+クライアント・アドレスのデータキャップ・トップアップ

FIP-0013: オンチェーンの混雑を緩和するためのProveCommitSectorAggregatedメソッドの追加

FIP-0015:Revert FIP-0009を(BaseFeeの書き込みからWindow PoStsをバーン) 

主なハイライトはFIP-0013で、新しいSnarkPack技術を使用して、新しいストレージをFilecoinネットワークに登録する際に多くの証明を集約することができます。これにより、有用なストレージをネットワークに登録できる割合が10~25倍になることが期待されています。

2021年6月30日(水)22:00(UTC)のエポック892800でネットワークのアップグレードをご覧ください。

Proofs v8.0.2 (final HyperDrive release!)

Proofsリリースv 8.0.2には、Hyperdriveイニシアチブの最終的な機能が含まれています。これには、SnarkPackと対話する新しいAPIが含まれています。証明の集約は概念的にはデータ圧縮技術と考えることができるため、より少ない数の複製証明を必要とすることで、オンチェーン・スケーリングを可能にすることができます。新しい証明のリリースでは、これらの集約された証明を検証するためのSnarkPack APIが公開されています。これにより、元の入力証明を個別に検証するのではなく、すべての入力証明が適切に検証されることになります。SnarkPackの仕組みについて詳しくはこちら。

Filecoin Launchpad Accelerator II

今週、TachyonはFilecoin Launchpad Accelerator IIをキックオフしました。11カ国、4大陸から20社、55人のファウンダーが参加しました。プロジェクトは、NFT、DeFi、開発ツール、ソーシャル、ゲーム、インフラなど多岐にわたります。12週間の集中アクセラレータプログラムは、2021年9月に開催されるデモデイで締めくくられる予定です。詳細はTachyonのウェブサイトをご覧ください。

HyperDrive Deep Dive + AMA 2の総括

HyperDriveのアップグレードが間近に迫っているため、先週、Filecoin CryptoEconエンジニアのZX氏がディープダイブを開催し、その意義と主要な機能について説明しました。HyperDriveのアップグレードにより、ストレージ容量が10~25倍になりますが、これはBatchCommitメッセージのユニットストレージGasの使用を減らすことで実現します。さらに、このアップグレードにより、ストレージ単価の削減によるマイニングコストの削減、マイナーがGasコストの削減、安価な取引、ネットワーク全体の利益を活用することによるネットワークの高速成長、マイナーがネットワークを上回るインセンティブを得ることによる協力的な競争などが可能になります。

ディープダイブセッションでは、ZXがハイライトを当てました:

・GasとBaseFees、そしてこれらの概念がネットワーク・トランザクション・フィーをどのように説明するか

・ネットワーク・トランザクション・フィーがバーンする理由

・Cooperative Competitionとは何か、そしてなぜそれが重要なのか

・QAP (Quality Adjusted Power) の背後にある数学とは

・マイナーの公平性などインセンティブの問題

・FIP13 Gasの変更

・Gas Chargesと Batch Balancer & Batch Discounts

・BaseFeeバランシング・ダイナミクス

HyperDriveの詳細については、FilecoinのYouTubeチャンネルでフルビデオをご覧ください。


Communityコミュニティ

Encode Filecoinクラブ

大学とハッカーのブロックチェーンコミュニティ「Encode Club」とのコラボレーションによる9ヶ月間のプログラム「Encode Filecoin Club」が本日よりスタートしました 本クラブは、Filecoin教育シリーズ、Filecoinハッカソン、フォローアップアクセラレータの3つのステージで構成されます。各ステージの詳細や参加方法については、発表文をご覧ください。

7月13日のFilecoin Meetupでは、新しいマイナープログラムとアップデートに焦点を当てました

7月13日午後4時(日本時間)より、Filecoinマイナーの新しいプログラムやアップデートに焦点を当てたミートアップを開催します。具体的には、以下のエキサイティングな新トピックについてのアップデートをお届けします:

・マイナー・ワーキング・グループ Protocol Labs社のStefaan Vervaet氏による、地域のマイナー・ワーキング・グループとつながり、自分の声を届ける方法をご紹介します。

・ストレージ・プロバイダー(マイナー)のためのブランド・ニュー・インキュベーション・センター! Filecoinのストレージプロバイダーに興味があり、サポートをお探しですか?7月から始まる新しいプログラムに応募してみませんか?詳細はヴィーナスPMのTim Guoによるミートアッププレゼンテーションでご紹介します。

・Forestチームによる新しいプロジェクトの更新情報です。ForestはFilecoinのRust実装で、メモリの安全性とパフォーマンスに焦点を当てています。

・Protocol Labs社のDeep Kapur氏によるMinerX2のアップデート。

ぜひ参加してください!

参加してください!

GitHubのFilecoinプロジェクトにアクセスして、コミュニティのリソースも見てください。Filecoin Slackで質問をしたり、コミュニティフォーラムで問題や新しいアイデアについて話し合ったり、WeChatで@Filecoin-Officialをフォローしたり、Twitterで@Filecoinをフォローして意見を送ったりすることができます。

また、FilecoinのブログYouTubeチャンネルも、これから始める方には絶好の情報源です。

このニュースレターを直接受信するには、購読してください!


本ブログは、www.filecoin.io/blog からの翻訳となります。
ソース: https://filecoin.io/blog/posts/filecoin-news-21/

IJC-media

IJC-media

IPFSを中心とした技術による日本の産業競争力の向上を目指すIPFS JAPAN コンソーシアムが、最新の世界動向や業界情報を配信するメディアサイト

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP