ファイルコインニュース12版

https://filecoin.io/blog/posts/filecoin-news-issue-12/

Filecoin Newsへようこそ! ここに掲載されている内容について質問したい方は、Filecoin Slackをご覧ください。

1.Fenbushiエコシステム基金

Fenbushi CapitalはProtocol Labsと共同で、1,500万ドル以上の投資ファンドを発表しました。このファンドのミッションは、IPFSとFilecoinのエコシステムの成長を促進することです。Fenbushiは1,500万~2,000万ドルの資金調達を計画しており、ステーブルコインや他の暗号資産ではなく、すべての資本をFILで調達し、展開することを約束しています。Fenbushiは、他のリミテッド・パートナーと共に100万ドルの資金提供を約束しています。Fenbushiは、ターゲットとなる投資案件を見つけるために、Slingshot Program、LongHash Filecoin Frontier Accelerator、そして中国のコミュニティの3つの主要なソースを想定しています。ファンドの詳細については、こちらの記事をご覧ください。

2.Textile最新情報

TextileではたくさんのFilecoin関連の進捗があります!Powergate V2の立ち上げ、Powergate v2のウォークスルービデオを作成するためのオープンなFILバウンティ、Filecoinのためのピン留めAPIのフィードバック、Filecoinのマイナーインデックスとマーケットプレイスの調査、そしてFilecoinでエコシステムを構築するためエンジニアを募集しています。

3.スターリング・フレームワーク

スターリング・フレームワークは、暗号化と分散システムの力を活用して、デジタルビデオや画像の認証を可能にします。Starlingには、キャプチャ、ストレージ、ベリファイの3つのモジュールがあります。そして、IPFS/Filecoinフレームワークは、3つすべてに組み込まれています。

このプロジェクトはUSC Shoah Foundationとスタンフォードの電気工学部門が主導しています。このプロジェクトの最初の事業は、ホロコースト、アルメニア人虐殺、ロヒンギャ危機を含む大量虐殺の残虐行為を、生存者の証言の改ざん防止台帳を構築することによって、永久かつ不変にカタログ化することです。

スターリングのケーススタディとして、ジェノサイドの証言を御覧ください。

78日の記録

先週、スターリングラボは「A Photographic Archive of Trust」をリリースしました。このアーカイブは、2020年11月の米国大統領選挙から2021年1月の就任式までの78日間にロイターのフォトジャーナリストが撮影した画像を集めたものです。画像はアップロードされ、場所、時間、検証などの不変のメタデータを含むFilecoinネットワーク上に保存され、改ざんや誤報から保護するための記録が常に存在することを保証します。詳細については、アーカイブをご覧ください。

4.Filehive

Filehive OB1は、TextileのPowergateとFilecoinの上に構築されたデータセットのための新しいマーケットプレイスです。そして最初のリリースが近づいています。Filehiveは、世界中のデータのキュレーション、保存、マネタイズをシンプルにします。このプロジェクトはMITライセンスのもとで完全にオープンソース化されているので、自分で実行したり、プラットフォームを使って独自のカスタム実装を構築したりすることができます。

もっと詳しく知りたい方は、以下のリンクをチェックしてみてください。

Web

Beta App

Github repo

Telegram

5.開発アップグレード

Lotusは、Lotus minersとディールメイキングUXのための新機能と改善を加えたv1.4.2をリリースしました。ご質問があればここに記載してください。さらに、3月に予定されている別のネットワークのアップグレードもあり、v1.5.0のリリースとアップグレードも予定しています。

Crypto Compute LabとCryptoNetチームからの更なるアップデートは、最新の開発者向けニュースレターに掲載されています。

6.VENUSを歓迎します。

分散型ネットワークとして、Filecoinはネットワークの信頼性とセキュリティを確保するために、複数の独立したプロトコル実装を持つことを目指しています。VenusはFilecoinネットワークで現在開発中の4つのプロトコル実装のうちの1つで、より弾力性のあるエコシステムを構築しています。

以前はgo-filecoinとして知られていたVenusは、Golangにおける最初のFilecoin実装でした。もともとは@anorth、@zenground0、@frrist、@laser、@dignifiedquire、@alexcruikshank、@whyrusleeping & othersによって開始され、開発されていました。しかし、2020年8月、Filecoinコミュニティの長年のメンバーであるIPFSForceがWIP実装を引き継ぎ、10月に「Venus」として開発を再開しました。

ブロック455673(2021年1月30日 03:16 UTC)に、Venus v0.9.0を実行しているマイナーf0128788がメインネット上で最初のブロックをマイニングしました。このマイルストーンは、複数の実装を一緒に実行しているマイナーがネットワークにセキュリティと分散化を追加することで、Filecoinメインネットワークが次の時代に進みました。

私たちはすべてのオープンソースの貢献者に、IPFSForceチームと一緒にVenusを構築し、Filecoinをより強く、より強いものにすることを奨励しています。

7.Filecoin Plus

Filecoin上のストレージ量を最大化するために、ネットワークはFilecoin Plusを通じて社会的信頼レイヤーを導入しました。クライアントは、データキャップという新しいリソースを使用して、マイナーと取引を行います。マイナーはデータを保存することでブロック報酬のシェアが時間の経過とともに増加するため、データを保存することに大きなインセンティブを得られます。

Filecoin Plusは、特定のデータセットがパーミッションレスでインセンティブ互換性のある仮名ネットワークで有用であることを検証するという技術的に困難な問題に対する実用的な解決策であり、生産的な方法でネットワークを使用する事にインセンティブを与えるための道筋です。コアコンセプト、最近の進捗状況、参加方法はFilecoin Plusのブログ記事をご覧ください。

8.Filecoin MinerXフェローシッププログラム

Filecoin MinerXフェローシップは、地理的に多様性のある中小規模のFilecoinマイナーに参加してもらい、Filecoinの経験と生産性を向上させることを目的としています。このプログラムの目標は、エコシステムにおけるツールやサービスの開発を加速させるために、グローバルに分散された信頼性の高い長期的なストレージオプションの強固な基盤を構築することであり、同時に、他のFilecoinコミュニティのためにマイナーとしての経験を向上させることです。

MinerXフェローはプログラムの期間中、ストレージと検索取引の受け入れ、様々な開発のサポート、ネットワーク改善点の特定、コミュニティとの関係構築を行っていきます。MinerXプログラムの詳細についてご興味のある方は、ブログ記事をお読みください。

9.Filecoinの循環供給について

Filecoinプロトコルに組み込まれた経済メカニズムは、ネットワークの活動と利害関係者がネットワークの長期的な健全性と完全に一致していることを保証します。ネットワークの成長に基づくミンティングモデル、権利確定構造、トークン消費、担保要件などのメカニズムは、参加者のインセンティブとモチベーションをネットワークの長期的な成功と整合させます。

最新の技術ブログ記事「ファイルコイン循環供給の理解」をお読みください。この記事は、ファイルコイン・トークンがどのようにして循環供給となるのか、様々なステークホルダーがどのようにしてその経済に参加しているのかをより深く理解し、ファイルコイン・トークンの経済性についてどのようにアプローチし、どのように考えるべきかを明らかにすることを目的としています。この記事は、Filecoinの経済Filecoinの仕様書に概説されている詳細なメカニズムについての論文と合わせてお読みください。

10.Filecoinコミュニティミートアッププログラム

Filecoinコミュニティミートアップは、Filecoinエコシステムで構築されている多くのツールやプロジェクトの様々な人々と会う機会です。2月のミートアップを見逃してしまった方は、録画を見て、次回のバーチャルミートアップに3月9日午後1時(PST)から参加してください。さらに、3月のミートアップであなたのプロジェクトの短いデモを行いたい方は、こちらから登録してください。

11.DI2Fワークショップ”IPFSとFilecoinによるインターネットの分散化”をIFIP Networking 2021で開催

第 1 回 DI2F ワークショップは、学術界、産業界、FilecoinやIPFSのエコシステム、さらにはより広範な分散型インターネットコミュニティからの参加者が一堂に会して開催されます。このワークショップでは、進行中の論文、ポジションステートメントやプロジェクトのデモを歓迎します。クライマックスでは、参加者がIPFSとFilecoinの上に構築し、賞品を獲得するチャンスが与えられます。論文、デモ、コンペのプロジェクトの募集は3月19日まで行われています。詳細を知りたい方は、IFIP Networking 2021のウェブサイトのCall for Contributionsをチェックしてください。

12. ProtoSchoolの最新チュートリアルでMerkle DAGsを探る

IPLDが提供するスキーマを使って構造化されたMerkle DAGは、Filecoin、IPFS、libp2p、その他の分散プロトコルの相互運用の鍵を握っています。ProtoSchoolの最新のコードフリーチュートリアルでは、Merkle DAGを分散ウェブのバックボーンにしている特性を深く掘り下げ、検証可能性、分散可能性、重複排除など、データ構造がもたらす多くの利点を探ります。ProtoSchoolのFilecoinコースの新しいチュートリアルをご覧ください。

参加してみませんか?

GitHubのFilecoinプロジェクトにアクセスして、コミュニティリソースを見てみましょう。Filecoin Slackで質問をしたり、コミュニティフォーラムで問題や新しいアイデアを議論したり、Twitterで@Filecoinをフォローしてあなたの考えを送ってください。

また、FilecoinブログYouTubeチャンネルFilecoinニュースレターも、初心者の方には最適な情報源です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick up

  1. Filecoinは、ストレージと関連サービスのグローバルマーケットプレイスであり、安全な分散型クラ…
  2. 今回はFilecoinについてマイニングからストレージ、アプリケーション開発までのシラバス(講義要…
  3. 下記を御覧ください。 1.核となるプロトコルの機能 8月には、メインネットの「プルーフ…

Recommend

  1. 2020-10-26

    リフトオフ週間を振り返って

    ■リフトオフ週間を振り返って 先週のリフトオフ週間では講演、デモ、ワークショップなどが盛りだ…
  2. 2020-10-16

    Slingshotとその先

    ■Filecoinでデータを保存するためには ~Slingshotとその先にあるもの~ …
  3. 2020-10-14

    マイナー向けガイド

    ■マイナー向けリフトオフガイドについて メインネットリフトオフまで24時間を切っています。S…
ページ上部へ戻る