Estuaryのご紹介

Filecoin

Estuaryは、公共のデータをFilecoinネットワークに簡単に送信し、どこからでも取得できるオープンソースのソフトウェアです。

 

Estuaryとは?

Estuaryは、公共の利益のために取得できるように、多くの公的にライセンスされたデータをFilecoinネットワークに送信する方法です。Protocol Labs社のApplication Research Group (ARG)によって構想されたオープンソースプロジェクトで、ファイルをアップロードするように簡単にFilecoinの保管ができるようになっています。新規ユーザーは、Filecoinを使用するために、技術的な背景や基礎的な技術を理解している必要はありません。

どのようなソフトウェアやスクリプトでも、ARGがホストするEstuaryノードのAPIを使用して、分散型のFilecoinネットワーク上に公開データを保存することができ、そのデータは世界中のどこにいても、どのパソコンからでも取り出すことができます。今年8月の時点で、ユーザーは600万以上のファイルをアップロードし、1万1千件以上のストレージ取引を成功させています。

データは、ARGが運営するEstuaryノードにも、開発者やネットワーク事業者が立ち上げたEstuaryノードにも保存することができます。では、Estuaryノードとは何でしょうか?

Estuaryノードは、IPFSピニング規格に従ってCIDをIPFSにピニングする機能と、Filecoinネットワークに参加しているストレージプロバイダの精選されたリストに対して自動でストレージ取引を行う機能を提供します。これは、分散型ストレージの2つの重要な要素です。

各Estuaryノードは、大規模なデータの転送や検索に対応しており、信頼性の高いハードウェア以外にユーザーが追加のインフラを必要としないシンプルなソリューションを提供しています。

Estuaryを使い始めるには、ARGがホストするウェブ上のEstuaryノードにファイルをアップロードするか、ドキュメントをチェックしてAPIを試すことができます。

 

背景について

Application Research Groupは、Filecoinがアプリケーションレイヤーで、エンドツーエンドでどのように機能するかを示す、オープンソースのエンドツーエンド・スタックの必要性を感じていました。Filecoinのエコシステムに例を示すことは重要であると考えられており、今回Filecoinの新規開発者が利用できる実用的なソリューションを提供することができました。

ファイルがEstuaryノードにアップロードされるたびに、以下のステップが行われます:

ユーザーがストレージの取引を希望していることを確認するために、提案レシートが提供されます。

各取引は少なくとも1年間(fil-epochs単位)提案され、検証済みのクライアント取引となります。

高レベルの永続性と保証を提供するために、取引アルゴリズムは、6つのストレージ取引がアクティブになり、シーリングされ、Filecoinネットワーク上の6つの異なるストレージプロバイダーとFilecoinネットワークをオンチェーンするまで、取引を継続します。

Filecoinのストレージ取引のレシートには、期間、ストレージ・プロバイダー情報、どのプロバイダーがデータを保存しているかの情報、データへのアクセスまたは取得方法が記載されています。

 

Estuaryとクラウドストレージの比較

従来のクラウドストレージは、世界中の情報をデータセンターに保管しています。このシステムでは、データセンターの一部のサーバーがマスターコントロールサーバーとして機能し、他のサーバーは純粋にストレージとして機能するように設計されています。これらのサーバーはすべてリンクされており、ストレージの必要性に応じて使用量が課金される仕組みになっています。データセンターを運営している会社が、データの扱い方について透明性と誠実さを持っているかどうか、信頼が必要です。

Estuaryでは、Filecoinを簡単に利用することができます。FilecoinはP2Pの分散型ストレージネットワークで、オープンソースのコードを用いてファイルを保存し、ファイルが長期間にわたって確実に保存されるような経済的インセンティブが組み込まれています。Filecoinに保存されたデータは、相互運用性があり、検証可能で、いつでも証明可能です。

Filecoinでは、ユーザーはお金を払ってファイルをストレージプロバイダーに保存します。ストレージプロバイダーは、データを保存し、データを保存したことを証明する責任を負うコンピュータです。世界のどこにいる人でも、今日からFilecoinネットワークにファイルを保存することができます。

Filecoinと従来のクラウドストレージとの大きな違いの一つは、利用可能なストレージとその価格が一企業によってコントロールされていないことです。Filecoinは、誰もが参加できるファイルの保存と取得のためのオープンマーケットを促進します。

さらに、これらの機能の仕組みはすべて完全にオープンソースです。これは、従来のクラウドストレージプロバイダーでは当てはまらないかもしれません。現在、Filecoinのエコシステムには何千ものプストレージロバイダーが参加しており、毎年多くの参加者が参加しています。

 

コラボレーションについて

Estuaryはオープンソースのソフトウェアで、誰でもいつでも何でも取得ことができます。既存のエコシステムの協力者には、Textileマイナーインデックス)、Fission(自分の取引を支払うためのFilecoinインテグレーション)、QRIなど、Filecoinストレージプロバイダーのコミュニティ全体で多くの人が参加しています。個々の貢献者も急速に成長しており、現在、10以上のオープンソース収納庫があります。

 

はじめに

もしあなたが意味のある公開データセットを持っていて、estuary.techを使ってFilecoinのストレージ取引をしたいと思ったら、まず最初にアカウントを開設する必要があり、そのためには招待状を請求する必要があります。これらはすべて、Estuaryのウェブサイトで行うことができます。

招待状請求のプロセスは、提案されたデータセットが一定の品質基準を満たしているかどうかを審査するために設けられています。招待申請後、前述の審査が完了すると、Estuaryチームから招待キーが送られてきます。

招待キーを使ってアカウントを設定すると、ARGがホストするEstuaryノードに、グラフィックユーザーインターフェイスを使ってすぐにファイルをアップロードすることができるようになります。自分でノードを立ち上げたい人のために、Estuaryにはネイティブの管理者用ダッシュボードが用意されています。

また、Estuaryは、Filecoinネットワークの分析や、ストレージプロバイダーのパフォーマンス指標なども独自に行っています。この記事を書いている時点で、Estuaryには11K以上の検証済みの案件があり、約14.6テビバイト(TiB)の永続的なピニングされたデータと、74テビバイトのデータがFilecoin上にバックアップされています。

現在、HTTPまたはCURL経由でアップロードされたデータは、すべて北米のEstuaryノードに格納されいますが、すぐにでもロケーションが増えることを期待しています。

 

ドキュメント

Estuaryは、docs.estuary.techに堅牢で完全なドキュメントを提供しています。ドキュメントサイトでは、ライブ編集可能なサンプルコードを提供しています。すでにAPIキーを生成している場合は、そのキーをサンプルコードに差し込んで、ホストされているEstuaryノードが提供するすべてのAPIメソッドでどのように動作するかを確認することもできます。

APIを通じて、Estuaryのウェブサイトのほぼすべての機能にアクセスできます。Estuaryのドキュメントサイトは、コミュニティのニーズに合わせて成長し続けます。ご意見やご質問がありましたら、ドキュメントのフィードバックフォームをご利用ください。

 

考慮事項

ARGのEstuaryノードは、公的にライセンスされたデータを保存するために設計されており、ARGが定めた一定の品質レベルを満たす必要があります。このノードは、プライベートなデータにも利用できる可能性がありますが、データの暗号化はユーザーが行う必要があるため、Estuary自体には暗号化を行う責任はありません。

 

まとめ

Filecoinネットワークは、分散型ストレージネットワークのインフラとプロトコルにおける画期的なものです。インターネット上には多くのストレージソリューションがありますが、分散化と透明性に関してFilecoinほど高度なものはありません。

現在、Estuaryによって、Filecoinに公共のデータを保存するためにコミュニティが自由に使えるオープンソースのスタックがあります。貢献に興味のある方は、Twitterの@aresearchgroupまでご連絡ください。


本ブログは、www.filecoin.io/blog からの翻訳となります。
ソース: https://filecoin.io/blog/posts/taking-a-look-at-estuary/

IJC-media

IJC-media

IPFSを中心とした技術による日本の産業競争力の向上を目指すIPFS JAPAN コンソーシアムが、最新の世界動向や業界情報を配信するメディアサイト

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP