Asia Hackathon Season 2021を発表

Filecoin

Filecoinは、デベロッパー、起業家、ストレージプロバイダー、ストレージクライアント、ビジネスリーダーなどが参加するグローバルコミュニティです。IPFSは、ウェブをより速く、より安全で、よりオープンにするために設計されたピアツーピアのネットワークおよびプロトコルです。FilecoinとIPFSのエコシステムは、誰もが新しいスタートアップを作り、革新的なアプリケーションを提供し、重要な問題を解決し、より分散化され、堅牢で安全なウェブの未来を形作ることができるオープンソースのプロトコルとストレージネットワークとして、アジアのハッカーコミュニティを育成することに深くコミットしています。

Asia Hackathon Season 2021は、複数月にわたるハッカソンシリーズで、アジアで行われているFilecoinとIPFSスタックを使った素晴らしい開発チームを特定、サポート、強化します。参加するチーム、スタートアップ、プロジェクト、起業家には、約50万ドルの賞品と助成金が授与されます。

Asia Hackathon Season 2021は、今秋、いくつかのイベントで構成されています。Saturn、Jupiter、Mars、Mercuryです。

Saturnは、Wanxiang Hackathonの一環として開催されるハッカソンのトラックで、8月から9月にかけてバーチャルと対面式のイベントが行われ、ブロックチェーンと5G、AI、IoTなどのデジタル技術を統合して、さまざまな業界のデジタルトランスフォーメーションを加速することに焦点を当てています。

Jupiterは、8月下旬から10月にかけて開催される仮想ハッカソンで、IPFSまたはIPFSを利用した分散型ストレージサービス上で構築されるソリューションに焦点を当てています。Jupiter Hackathonの技術サポートは、Alibaba Cloudが提供します。受賞者は、上海で開催されるオフラインイベントで発表され、表彰されます。

Marsは、Polygonと共同で8月下旬から10月下旬にかけて開催されるバーチャルハッカソンで、初心者だけでなく経験豊富なコーダーも参加でき、FilecoinやIPFSネットワーク上で日常的な分散型ストレージの問題を解決する、あるいはPolygonをベースにしながらFilecoinやIPFSのストレージ要件への有用性を追求した新しいdAppを作成したり、既存のdAppを強化したりすることができます。

Mercuryは、Flowと共同で開催するバーチャルハッカソンで、NFTの可能性を最大限に追求します。登録は9月に開始され、提出期限は10月末となります。Mercuryの詳細は今後発表される予定ですので、ぜひチェックしてみてください。

Asia Hackathon Seasonのイベントについては、こちらをご覧ください


本ブログは、www.filecoin.io/blog からの翻訳となります。
ソース: https://filecoin.io/blog/posts/about-500-000-in-prizes-and-grants-for-asia-hackathon-season-2021/

IJC-media

IJC-media

IPFSを中心とした技術による日本の産業競争力の向上を目指すIPFS JAPAN コンソーシアムが、最新の世界動向や業界情報を配信するメディアサイト

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP