Slingshotとその先

https://filecoin.io/blog/slingshot-and-beyond/

■Filecoinでデータを保存するためには

~Slingshotとその先にあるもの~

過去3週間にわたり、Filecoinコミュニティのメンバーは、Slingshotのフェーズ1に参加し、35万件以上のストレージ取引を通じて450TiB以上のデータを保存しました。このプロジェクトを支援するために、多くのFilecoinコミュニティのメンバーがデータの保存とFilecoin上での構築に関連したさまざまなトピックについて講演を行いました。しかし、これらの講演の価値はSlingshotだけにとどまりません。これらの講演は、Filecoinを使って仕事をしたいと考えている人にとっては素晴らしいものです。

この記事では、Filecoinでの保存と構築のためのスタートに役立つように、これらの講演やパネルのいくつかをまとめています。過去の記録や今後のイベントを含むFilecoinイベントの全日程を下記でチェックすることができます。

https://slingshot.filecoin.io/events

■マスタークラス編

パワーゲート入門

このセッションを主導したのは、Textileの共同創業者でCEOのAndrew Hill氏。Textileは、開発者がIPFSやFilecoin上で分散型アプリをより速く簡単に構築できるようにするツールを提供しています。このマスタークラスでは、Andrew氏がFilecoinとIPFSネットワーク上でストレージと検索を管理するライブラリであるTextile Powergateをどのように使い始め、どのように利用するかについて説明しました。

Powergateを自分のマシンで実行することも、Textileの管理インスタンスを使用することもでき、わずか数回のコマンドでIPFSとFilecoinネットワークのどちらか、または両方に単一のデータを保存することができます。また、2つのネットワーク間でのデータ検索要求を判定します。一般的に、IPFSはより頻繁に「ホット」なストレージに、Filecoinはより「コールド」なストレージに適しています。

一般的には、PowergateはFilecoin上で保存する最もシンプルな方法の 1 つであり、Filecoinの取引を行う際の多くを処理します。PowergateにはJavascriptとGolangクライアント、およびコミュニティ開発のPythonクライアントがあります。始めるには、こちらのドキュメントをチェックしてください。

https://docs.textile.io/powergate/

Textileはまた、Filecoinの機能を備えたS3ライクなクラウドストレージソリューションであるBuckets*1も作っています。TextileのIntro to Bucketsマスタークラスをここ*2で見ることができます。

*1 https://docs.textile.io/buckets/

*2 https://www.youtube.com/watch?v=Id4SRT9_2CM&list=PL_0VrY55uV19nu6orLLCaGCGocsjvpiGZ&index=5


◎Powergateを使用するメリット

– Filecoinに保存されたデータをIPFSネットワーク上の利用と検索を可能にします。

– 自動更新と修復を含む長期ストレージ取引管理を処理します。

– ネットワーク・インデックスを利用して、マイナーの選択と取引の作成を改善します。

– 1人または多数のユーザーのためのFilecoinウォレットアドレスを管理します。

– Powergate、Lotus、およびIPFSを一緒に構成、接続、展開します。


◎Powergate を使用するためのヒント

1.Localnetから始めましょう。

5 分以内にFilecoinでアイデアのテストを始めることができます。必要なFILもなく、1分以内のエンドツーエンドの取引が可能で、ネットワーク問題も考慮する必要がありません。

2.先達たちから学ぶ。

すでに多くの素晴らしいチームがPowergate上でサービス等を構築しています。私たちはチームが互いに助け合ってきた事を見てきました。これは、初期のチームにとって非常に貴重なものであると考えます。

3.小さく始めましょう。

Localnetを離れ、ライブネットワーク上で取引を開始した後は、最初にパイプライン全体を燃やしてしまわないように注意してください。いくつかのGiBを選び、取引を開始し、ライフサイクルを見直し、より大きな取引を継続しましょう。


■マスタークラス編

Filecoinストレージのための大規模データセットの準備

Protocol LabsのIPLDチームのメンバーであるRod Vagg氏、Mikeal Rogers氏、Chris Hafey氏が、Filecoinに大規模なデータセットを保存する方法についてSlingshotの参加者に話しました。IPLDはFilecoinの重要なコンポーネント*であり、コンテンツアドレスを持つウェブ上のデータ構造の相互運用を支援します。

* https://docs.filecoin.io/project/related-projects/#ipld

Rodは最初に “IPLDを用いたコンテンツアドレス型データ構造 “と呼ばれるIPLDの基本的な基礎知識を説明しました。彼は、Merkle Trees、DAG、CIDS、Codec、Mutability、そしてFilecoinや他の多くのコンテンツアドレス付きデータ構造を支えるその他の重要な概念についても議論しました。

ChrisとMikaelのプレゼンテーション「Dumbo DropでFilecoin Storage用の大容量データセットを準備する」では、Filecoin Dumbo Dropプロジェクトの一般的なアプローチ、アーキテクチャ、および教訓が紹介されました。Dumbo Dropの目標は、Filecoinのために大量のオープンデータを短時間で処理することでした。これまでのところ、このプロジェクトは3PB以上のデータを処理しています。

◎彼らが学んだ教訓をご紹介します。

1.AWSはこの規模では100%信頼できるわけではなく、ランダムな障害が発生する。

2.このような状況でS3を使用することには、いくつかの考慮する必要がある。S3は接続時に基づいてパフォーマンスを制限しており、S3のリストオブジェクトは遅く、大量のオブジェクトに対して信頼性が低い。

3.LambdaはEC2に比べて柔軟で使いやすい。Lambdaはどんどん安くなっている。しかし、Custom Lambdasはトリッキーな場合がある。

4.Computeは安いがストレージは高い。

◎チームからFilecoinユーザーのためのヒント

1.Rod氏 “データプリミティブを理解し、IPLDの基礎とメルクルDAGデータ構造に隠された巨大な可能性を学ぼう”

2.Chris氏 “IPFS/Lotus が使用しているのと同じライブラリから独自のパイプラインを構築することを検討してください”

3.Mikael氏 “ファイル以外にもたくさんのものを保存できます 🙂 “


■構築編

Filecoinでのパッケージマネージャ登録のやり方

OB1(OpenBazaar1)の共同創業者でCEOのBrian Hoffman氏からは、Filecoinからパッケージマネージャのレジストリを保存・取得するために作られた彼らのチームの5MBプロジェクトについてレクチャーします。OB1は、1年間の空き時間にOpenBazaarに取り組んでいた後、2015年に小さなチームによって設立された。彼らは、分散型取引のコンセプトがビットコインコミュニティで熱狂的な支持を得ているのを見て、電子商取引に革命を起こすようなものに作り上げるようと、OpenBazaarの開発チームを雇うためにベンチャーキャピタルの資金調達を受け入れることを決めました。

Brianは、バージョン管理されたデータや小さなファイルをFilecoin上に保存し、データを探索するためのUIを構築する際に、プロジェクトが取り組まなければならなかった技術的なニュアンスを説明しています。

それとTextile Powergateを利用した5MBのアーキテクチャについても説明してくれました。

ステージ1: インジェストでは、5MBはパッケージリポジトリをAmazon EBSにインジェストし、データはさらに処理するために異なるデータセットに分割されます。

ステージ2: 処理では、GolangプロセッササーバーがデータをIPFSにステージングし、データのサイズと構造が評価され、ディレクトリオブジェクトがバケットに分割されます。

ステージ3: アーカイブと検索では、データバケットはPowergateを介してFilecoinにプッシュされ、UI(IPFS GUIの修正版)からアクセスすることができます。

◎ブライアンがFilecoinで構築する3つの理由

1.持続可能なデータエコシステム

信頼性の高い大規模なデータセットで、持続可能な方法でデータストレージインフラをインセンティブする方法が必要です。

2.必要とされるツールとアプリケーション

開発者は、ネットワークを最大限に活用するためのより優れた多様なツールを必要とし、ユーザーは必要なデータにアクセスするための使いやすいアプリケーションを必要としています。

3.IPFSの信頼性。

私たちは何年も前からIPFSを使用しており、その長所と短所を理解しています。技術はうまく機能しており、Filecoinに期待しています。


■構築編

Slate

Slateは、画像、オーディオ、ビデオ、データをグラフィカルなインターフェースやAPIを通じて保存できるストレージアプリケーションであり、Filecoinネットワーククライアントである。Slateの共同設立者の一人であるJim Lee氏は、Slateとは何か、単純なFilecoinクライアントから堅牢なメディア共有製品への進化、そして今後の展望について語りました。彼は、Filecoinの上にアプリケーションを構築した初期の採用者としての教訓や洞察を共有したいと考えていました。

SlateからFilecoinネットワークにアップロードされたCIDは誰も見ることができず、ファイルを保存するバケットはデータがアップロードされる前に暗号化されています。この先ファイルがすべてプライベートであるオフラインモードを構築することを計画しています。

Jim氏は、開発とイノベーションのプロセスの背景を説明しながら、アプリの現状を説明しました。彼は、Filecoinの初期の頃の仕事がどのようなものであったか、Textileの技術を使用することでどのように物事をより簡単にしたか、チームのアイデアと製品開発、そして最先端のプロトコルでアプリケーションを構築した彼の経験について話してくれました。

そしてSlateの基礎(例えば、基本的なファイルアップロードがブラウザでどのように動作するかなど)を示し、Slateのようなアプリの可能性の例を示し、データを保存するためにSlateを使用して簡単なアプリケーションを構築する方法を実演しています。また、PowergateとSlateのコンポーネントを使用して、Filecoinを送受信できる非常にシンプルなアプリケーションを作成しています。盛りだくさんですね。


■パネルディスカッション編

普及への道

Filecoinにデータを保存しているプロジェクトは、Web3のエコシステムの一員になりました。Web3はまだ比較的初期段階にありますが、多くの人が今日のWebと比較してメリットがあると考えており、普及に向けた時期に差し掛かっていると思います。Slingshotでは、Web3エコシステムの専門家によるパネルディスカッションを主催し、ユースケースとWeb3製品の市場拡大をどのように考えるかについて議論しました。

このパネルには、Longhash VenturesのCOOであるShi Khai Wei氏、Tachyon AcceleratorのMDであるGabriel Anderson氏、Filecoin Ecosystem LeadのColin Evran氏が参加しました。FilecoinプロダクトリードのPooja Shah氏がモデレーターを務めました。

Web3とは、アプリケーションが中央集権的なインフラ上に構築されていたものから、分散型のプロトコルに移行しつつあるソフトウェア開発における動きです。単一の制御点を持つ代わりに、Web3アーキテクチャ上に構築されたアプリケーションは、仲介者を不要とするため、多くの利点をもたらします。FilecoinはWeb3エコシステムのキーであり、ハードウェアをネットワークに割り当てる意思のある人なら誰でもファイルを保存したり取り出したりすることができます。

Web3のエコシステムは長い道のりを歩んできており、この分野には多くの有望なプロジェクトがあります。クールな技術だけのものから、ユーザーのための実際の製品を構築するものへとシフトしてきており、パネリストは、潜在的なビルダーがよりマーケットアウトから考え始めることを奨励しました。

◎パネリストからの洞察をいくつかご紹介します。

Gabriel氏

 “私たちはWeb3のライフサイクルの初期段階にありますが、今ではいくつかのアプリケーションが軌道に乗り始めており、本当に革新的な初期のユースケースを目の当たりにしています。例えば、知っているか知らないかに関わらず、誰もがデジタル資産を持っており、継承方法に問題があります。ある企業では、デジタル資産を継承するためのシームレスな体験を提供しています。また、遅延の問題をわずかな価格で解決したサービスもあります。”

Colin氏

 “Web3の世界では、アーリーアダプターの強力な意思きちんと評価し、軽視するべきではありません。同じ空間で働いているアーリーアダプターによってイノベーションされた物事は信じられないほどです。”

Shi Khai氏

“開発者として、私たちは私たちと一緒にいてくれるユーザーとコミュニティを構築することに焦点を当てる必要があります。クール・新しいと思っているユーザーコミュニティを探すのではなく、本当のフィードバックをくれるユーザーコミュニティを探しましょう。

________________________________________

講演者の皆様、参加者の皆様、ありがとうございました。フェーズ1の最終週に向けて、これらのイベントで学んだことをチームがどのように活用しているかを見ることに興奮しています。そして、より多くの世代の開発者がFilecoinを保存し、構築しているのを見ることを楽しみにしています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Pick up

  1. https://filecoin.io/blog/posts/filecoin-plus-alig…
  2. 今回はFilecoinについてマイニングからストレージ、アプリケーション開発までのシラバス(講義要…
  3. 下記を御覧ください。 1.核となるプロトコルの機能 8月には、メインネットの「プルーフ…

Recommend

  1. 2020-10-26

    リフトオフ週間を振り返って

    https://filecoin.io/blog/mainnet-liftoff-week-rec…
  2. 2020-10-16

    Slingshotとその先

    https://filecoin.io/blog/slingshot-and-beyond/ …
  3. 2020-10-14

    マイナー向けガイド

    https://filecoin.io/blog/miners-guide-liftoff/ …

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る