ファイルコインプラスのご紹介

Filecoinは、ストレージと関連サービスのグローバルマーケットプレイスであり、安全な分散型クラウドストレージサービスの需要と、多様なストレージプロバイダーをマッチングさせています。そしてブロックチェーンネットワークを活用したFilecoinは、誰もがデータを保存したり、データとやり取りしたりできる堅牢で分散化された検証可能なプラットフォームを提供しています。ネットワークのマイナー達は、ネットワーク上で提供する信頼性の高いストレージに応じて、時間の経過とともにブロック報酬を受け取ります。しかし、実際に有用なデータをアルゴリズム的に区別する信頼できる方法がなければ、データを保存する事に対してプログラマブルなインセンティブを与えることは困難です。マイナーへネットワークからブロック報酬の形で付与される補助金は、有用なストレージを提供するマイナーに与えられるべきなのです。

Filecoinネットワーク上の有用なストレージを最大化するために、我々はFilecoin Plusを導入しました。クライアントは、データキャップという新しい仕組みを使用してマイナーと取引を行います。

マイナーは、データ保存による大きなインセンティブと共に、ブロック報酬のシェアが増加することになります。

Filecoin Plusが実用的な取り組みであるためには、下記のような課題があります。特定の有用なデータセットが、許可不要で、インセンティブ的に互換性のある、仮名ネットワーク技術*を活用し、そして生産的な方法でネットワークを使用してインセンティブを与えるための道筋が必要となります。

*https://crypto.watch.impress.co.jp/docs/event/1219137.html

コンセプト

Filecoin Plusは、ノーベル賞を受賞したエリノア・オストローム氏の”コモンズの統治(原題: Governing the commons)”にインスパイアされ、人類の最も重要な情報のための分散型ストレージネットワークになることために、Filecoinの有効性を高めることに焦点を当てた一連の改善プログラム(FIP-0003に詳述されています)に基づいています。

ルートキーホルダー、公証人、クライアント、マイナーは、データキャップの割り当てと支出を通じた相互的な関係にあります。データキャップはコミュニティから選ばれた公証人に一括で付与され、公証人は信頼できるクライアントにデータキャップを割り当て、そのクライアントはデータキャップを使ってストレージ取引に資金を使用します。データキャップを受け取ったマイナーは、その取引で提供するストレージスペースが10倍になり、ネットワーク内でのブロック報酬のシェアが増加します。これにより、すべての参加者がFilecoinをより有用なものにするためのインセンティブを与える仕組みが生まれます。

相関図

公証人は世界中に分散しており、Web3サービス、科学的・歴史的データセット、メディアコンテンツなど、多様な焦点を持っています。彼らはネットワークの受託者であり、価値あるクライアントを特定してネットワークに参加させるために必要なデューデリジェンスを行うことが期待されています。彼らはFilecoinに保存されているデータに大きな影響を与えることになるでしょう。

クライアントの手に力を委ねることで、クライアントのニーズがFilecoin上で生みだされる商品やサービスを形作っていきます。その結果、エコシステム内の製品開発が加速し、ストレージの利用方法が改善され、Filecoin上に準拠したユースケースの利用が可能になります。また、初期資本が少ない人でも、Filecoinネットワークをより有用なものにするための強力なケースを持っている人にとっては、マイニング報酬をより身近なものにすることができます。

最近の進捗状況

過去数ヶ月間、Filecoin Plusコミュニティは、エコシステムにサービスを提供する最初の公証人を選択しました。これは、包括的な申請プロセスとルーブリックスコアリングシステムの開発によって行われました。14人の公証人は現在、多様なクライアントセットに割り当てるために、データキャップの約1.5PiBを付与されています。

これに加えて、コミュニティは、透明性のある紛争・監査フレームワークの構築から、オンチェーン監視・分析のためのツールの提供まで、ガバナンスの問題や議論に積極的に関与してきました。Filecoin Plusプログラムは、すべての運営とプロセスがコミュニティメンバーによって公の場で形作られるという、分散型ガバナンスの最前線にあり、世界中のガバナンス研究者から注目されています。Filecoin Plusは、ネットワーク上で利用可能なストレージを可能な限り最善の方法で活用するのに役立つ、包括的なコミュニティガバナンスのプログラムを実現するはずです。

これまでにNotary Governanceレポで課題を作成したり、隔週のガバナンスミーティングでの会話に参加したり、公証人として申請したりと、プログラムに参加してくださったコミュニティメンバーに感謝しています。Filecoinの有用性に直接影響を与えるために、これほど多くの人が関わりたいと思っているのを見るのは信じられないことです。

参加するには

Filecoinを通じてストレージのニーズに対応しデータキャップを受け取ることに興味がある場合は、Filecoin PlusレジストリでアクティブなNotariesのリストを見つけることができます。クライアントオンボーディングレポは、データキャップのリクエストを作成して追跡するために使用されており、割り当てを受けた後のデータキャップの使用方法の追加指示が含まれています。

コミュニティガバナンスコールは隔週火曜日に開催されます。

※配信元

https://filecoin.io/blog/posts/filecoin-plus-aligning-participants-with-useful-storage/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick up

  1. Filecoinは、ストレージと関連サービスのグローバルマーケットプレイスであり、安全な分散型クラ…
  2. 今回はFilecoinについてマイニングからストレージ、アプリケーション開発までのシラバス(講義要…
  3. 下記を御覧ください。 1.核となるプロトコルの機能 8月には、メインネットの「プルーフ…

Recommend

  1. 2020-10-26

    リフトオフ週間を振り返って

    ■リフトオフ週間を振り返って 先週のリフトオフ週間では講演、デモ、ワークショップなどが盛りだ…
  2. 2020-10-16

    Slingshotとその先

    ■Filecoinでデータを保存するためには ~Slingshotとその先にあるもの~ …
  3. 2020-10-14

    マイナー向けガイド

    ■マイナー向けリフトオフガイドについて メインネットリフトオフまで24時間を切っています。S…
ページ上部へ戻る