Slingshotフェーズ1の振り返り

SR2Slingshotのフェーズ1は無事に完了しました。Slingshotは、ストレージクライアントと開発者のための2部構成のコンテストとなっており、Filecoinネットワーク上に価値のある使用可能なデータを保存することに報酬を与えるもので、目標は10PiBです。チームは、より有用なデータを保存するだけでなく、保存したデータに関連した斬新で機能的なユーザーインターフェース(UI)やアプリケーションを構築することで報酬を得ることができます。

フェーズ1は4週間にわたって行われ、2020年10月28日のリフトオフ閉会式で最高潮に達しました。この記事では、閉会式とフェーズ1コンテストの様子をまとめています。また、下記のビデオでは閉会式の記録を見ることができます。

閉会式をキックオフするために、FilecoinプロダクトリーダーのPooja Shah氏は、この4週間で何が起こったかを振り返っています。メインネットの立ち上げの成功、コミュニティが主導した5つのFilecoin改善提案*、ネットワークのストレージ容量675PiB以上への拡張など、Filecoinネットワーク自体が大規模な変化を遂げました。

*https://github.com/filecoin-project/FIPs

メインネットの立ち上げと成果を祝うために、我々とコミュニティはFilecoin Liftoff Weekを開催しました。このイベントでは、80人以上のパネリストが集まり、技術的な詳細や開発プロセスから現在のアプリケーションや将来のアプリケーションまで、Filecoinと関連するトピックについて話しました。ここ*ですべてのセッションをストリーミング配信することができます

*https://liftoff.filecoin.io/#mainTrack

◎フェーズ1の成果

フェーズ1では、Filecoinネットワークにオンボードされている有用なデータに注目が集まりました。520,000件以上の取引で650TiB以上のデータが保存されました。これらの取引は、19カ国の100以上のプロジェクトによって行われました。プロジェクトの努力の結果、報酬プールで総合59,850FILを獲得しました。

ネットワーク上でこのような有用なデータが得られるだけでなく、Filecoinコミュニティでは多くの方法で利益を得ることができました。フェーズ1では、Filecoinの貢献者と開発者がFilecoinストレージクライアントのワークフローについて多くのことを学び、潜在的な改善の機会を特定することで、Filecoinネットワークを様々な方法でストレステストしました。バグは修正され、 lotus、Powergate、Buckets などが改善されました。また、Filecoinストレージと検索クライアントのエクスペリエンスを継続的に向上させるために、今後の改善点も指摘されました。

ここ数ヶ月の間に、Filecoinの開発者とストレージクライアントのコミュニティも着実に成長してきました。いくつかのFilecoin Slackチャンネルでは、何十人もの開発者が協力してベストプラクティスを共有し、貴重なデータセットを保存したり、Filecoinネットワーク上でエキサイティングなアプリケーションを構築したりするのを助け合っていました。友情が生まれ、コミュニティのメンバーがお互いの質問に答え合いました。Filecoinの主要なコンセプトやツールに関するマスタークラスやオフィスアワーから、Filecoin の上にクールなものを構築した方法を共有する「How We Built This」シリーズまで、さまざまなトピックに関するセッションを開催してくれました。こちら*からこれらのセッションを閲覧することができます。

*https://slingshot.filecoin.io/events/

フェーズ1の間、わずか数週間で信じられないほどのネットワークの成長をもたらしました。

◎ライブショー

閉会式では、フェーズ1に参加した9つのチームがライブショーでプロジェクトを発表しました。Filecoinにデータを保存しているプロジェクトの中には、以下のような興味深いUIを持ったものが幅広く見られました。

・Google Open Images Datasetを検索し、写真が撮影された場所を視覚化できるインタラクティブなマップ(Deplatformr)

・Dockerイメージのハブ(Dragonfly)

・COVID-19 Open Research Datasetやクリエイティブ・コモンズライセンスのメディア(FileZoo, CreativeFileCloud, FileDrive)のような貴重な公開データセットを保存するファイル共有アプリケーション

・大学が収集した気象データから公開されたバーチャルリアリティ映像まで、興味深く斬新なデータを共有したUI (雲南の星空, ipfsNewBund)

・Landsat8衛星画像データを使ったインタラクティブゲーム(Geoguesser)

・人工知能のトレーニングデータを保存し、より広範な分散型モデルトレーニングプラットフォーム(Orion-DeepLearningCloud)と統合するプラットフォーム

これらのチームは、短時間の中で多くのことを成し遂げました。全てのプレゼンテーションはこちら*でチェック出来ますよ!

◎表彰式

ライブショーの後、フェーズ1の表彰式が行われました。これらの賞は、Slingshotのコミュニティレビューパネル*によって決定されました。レビュープロセスは3日間にわたって行われ、レビュアーはUIを評価し、チームのデータをFilecoinネットワークから取得して検証しました。ご協力いただいたコミュニティレビュアーの皆様、ありがとうございました。

*https://github.com/filecoin-project/slingshot#community-reviewers

最終的には、下記3つのカテゴリーで合計、59,850FILを授与しました。

【ストレージ賞】

フェーズ1で少なくとも500TiBのデータを保存して得られた50,000FIL

【コミュニティ賞】

5,550FILの報奨は、いくつかのカテゴリーの中で最高のプロジェクトに授与されました。

【ブースター賞】

1GiB以上のデータを保存したプロジェクトに50FILの報酬が授与され、合計4,300FILが授与されます。

ストレージ賞部門の上位5チームは以下の通りです。

1位dragonfly

2位CreativeFileCloud

3位FileDrive

4位Filecoin.Netdisk

5位matin-cloud-pan

Chainsafeの共同創設者兼CTOであり、Slinghot CompetitionのコミュニティレビュアーでもあるGreg Markou氏がコミュニティ賞を発表しました。受賞者は以下の通り。

【パーソナルユーザーストレージ部門】

1.Filbox (1,500FIL)

2.Pufferfish Cloud Storage Drive (1,000FIL)

3.FileDrive (500FIL)

【その他の部門(各250FIL)】

・ビデオ部門: MoviesAX

・音楽部門: WeRaveYou

・科学データ部門: Deplatformr

・機械学習部門: Yolo

・技術部門: Decentralized Docker Hub

・独創性部門: ipfsNewBund

・ユーザーインターフェース部門: geoguesser

【地域賞(各100FIL)】

・Smartcity

・IPFS Found

・Free Music Archive Browser

・Anwen Web3 Content Community

・diceSolo

・Chains’ DB

・VOF (Video Over FIlecoin)

・Cadbury Meet

チームの皆さん、おめでとうございます!

◎フェーズ2へ

Pooja氏はさらにフェーズ2の概要を発表しました。フェーズ2は2020年10月21日18時(UTC)に正式にキックオフ、2020年11月9日に最終的なルールと報酬を発表、そして2020年11月11日にフェーズ2の正式な登録を開始する予定です。

【フェーズ2のガイダンス】

フェーズ2への参加を検討しているチームに対して、Pooja氏は期待する事のガイダンスを発表しました。

・フェーズ1ではアプリケーションデータの保存が報酬の対象となっていましたが、フェーズ2ではキュレーションされたデータセットのみを保存することができます。

・これらのデータセットは、Slingshot competitionのGithubレポ上の標準的なキュレーションされたデータセットリストに追加されなければなりません。

・データセットは、世界中の誰もがアクセスでき、検索可能でなければなりません。つまり、どのようなデータを保存したのか、どのようにしてFilecoinネットワークからデータを取得できるのか、公開された文書を提供しなければなりません。

・参加者は自身のマイニングでデータを保存することはできません。また、参加者の総データの30%を超えるデータを単一のマイナーで保存することはできません。

・フェーズ1と同様に、参加者は大会期間中、保存しているデータのインデックスを維持する必要があり、大会終了時に取引のリストを提出するよう求められます(保存しているすべてのデータについて、取引ID、マイナーID、ペイロードCID、ファイル名、ファイル形式、ピースサイズ、保存された日付を含む)。

・フェーズ2ではより多くの報酬やイベントを用意しています。これには、ストレージ賞、コミュニティ選択賞、ブースター賞、コミュニティイベントなどが含まれます。

最後に、Protocol LabsのCEOであるJuan Benet氏は、Slingshotについての考えや、コンテストがどこに向かっているのか見てみたいと述べて、フェーズ1を締めくくりました。Filecoinプロジェクトはまだ初期段階にあり、貴重なユースケースなどを作成してプロジェクトの方向性を形作る機会がたくさんあります。

フェーズ1に参加したチームの皆さん、おめでとうございます。フェーズ2に興味のある方は、11月9日までに発表される詳細にご注目ください(まだ参加していない方は、Filecoin Slackの#slingshotと#slingshot-announcementsチャンネルに参加してください)。

私たちはコミュニティがこれまでに成し遂げたことに大変感謝しています。さあ、前進しましょう! 🚀

※配信元

https://filecoin.io/blog/slingshot-phase-1-recap/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick up

  1. Filecoinは、ストレージと関連サービスのグローバルマーケットプレイスであり、安全な分散型クラ…
  2. 今回はFilecoinについてマイニングからストレージ、アプリケーション開発までのシラバス(講義要…
  3. 下記を御覧ください。 1.核となるプロトコルの機能 8月には、メインネットの「プルーフ…

Recommend

  1. 2020-10-26

    リフトオフ週間を振り返って

    ■リフトオフ週間を振り返って 先週のリフトオフ週間では講演、デモ、ワークショップなどが盛りだ…
  2. 2020-10-16

    Slingshotとその先

    ■Filecoinでデータを保存するためには ~Slingshotとその先にあるもの~ …
  3. 2020-10-14

    マイナー向けガイド

    ■マイナー向けリフトオフガイドについて メインネットリフトオフまで24時間を切っています。S…
ページ上部へ戻る