IPFSUnionがファイルコインのマイニングに特化した大規模な施設建設への投資を発表

https://filecoin.io/blog/posts/ipfsunion-has-announced-an-investment-to-build-a-large-industrial-park-focused-on-filecoin-mining/

IPFSUnionは、中国に本社を置くブロックチェーン業界の主要なインフラストラクチャ・プロバイダーです。IPFSUnionは、長年にわたりIPFSのミッションとエコシステムを支援しており、Alibaba社をはじめとするアジアのハイテク企業と深い経済関係を築き、分散型テクノロジーの成長をサポートしています。IPFSUnionは、ビッグデータインダストリアルパークの一環として、ファイルコインのマイニング施設への大規模な投資を発表しました。完成すれば、中国で最大のIPFSとファイルコインの分散型ストレージインフラプロジェクトとなります。以下は、彼らへの独占的なインタビューです。

Q: IPFSUnionとはどのような会社で、Filecoinコミュニティの方々にどのようなことを知ってもらいたいですか?

IPFSUnionは、業界をリードする分散型ストレージ統合サービスプロバイダーです。本社は中国の上海にあり、チームのコアメンバーは、Microsoft、Alibaba、SAP、ファーウェイ、SNDA、Giant Network、AMD、Inventecなどの有名企業の出身者で構成されています。IPFSUnionは、10年以上にわたりクラウドストレージとインターネットの分野に深く関わってきました。

IDCの展開、大規模サーバークラスターアーキテクチャの設計と運用・保守、ソフトウェアアルゴリズムの最適化、FPGA&ASICチップの開発などの分野に精通しています。さらに、IPFSUnionは、アリババクラウド、キングソフトクラウド、Qiniuクラウド、H3Cなどの世界的に有名なサービスプロバイダーと戦略的協力関係を築いており、共同でファイルコインストレージの商業的応用に取り組んでいます。IPFSUnionは、世界中の数百のエージェントからなる完全な販売チャネルを確立しており、数万人のユーザーに最も費用対効果の高い製品とソフトウェアサービスを提供しています。同時に、蓄積したテクノロジーは、兆単位の分散型ストレージ産業のエコロジーを共同で開発・構築するために、ファイルコインストレージの分野に参入しようとするすべての企業ユーザーに開かれています。

Q:どのようにしてweb3のエコシステムに関わることになったのですか?

Web3の核となるアイデアは、データの所有権をユーザーに返す分散技術と信頼できるネットワーク環境です。IPFSは、HTTPを置き換えることを目的とした分散型の通信プロトコルです。IPFSが採用しているP2P、暗号化などの技術は、ネットワーク通信におけるデータのプライバシーを保護することができます。また、ストレージのスライス化や転送技術、ストレージの冗長化などにより、自然災害や人為的なシャットダウンにも強い。ファイルコインは、IPFSとブロックチェーン技術をベースにしたデータストレージ市場であり、その保存と検索の機能は、データのプライバシーを保護し、データの所有権を個人に戻すだけでなく、データの価値を保護し、所有者がデータを通じて利益を得ることができます。IPFSが使っている技術も、ファイルコインが実現できる機能も、開発者が解決したいこと、使いたいこと、Web3.0が最も必要としていることにぴったり合っていると言えるのではないでしょうか。

Q: 一緒に仕事をするプロジェクトはどのようにして選ぶのですか?何を基準にしていますか?

私たちは2016年からブロックチェーンの領域で活動していますが、主にデジタル通貨の投資に焦点を当てていて、開発にはあまり参加していませんでした。私たちは、投資価値と成熟したエコシステムの両方を備えたプロジェクトを探していましたが、Filecoinはまさに探していたプロジェクトです。

Q:ファイルコインを知ったのはいつですか?また、Filecoinネットワークに参加しようと思った理由は何ですか?

2017年にファイルコインのホワイトペーパーが発行された時にプロジェクトを知りました。ファイルコインのネットワークに参加しようと思ったのは、将来的に分散型ストレージの大きな可能性を感じたからです。

Q:Filecoinに対してどのようなことに取り組んでいますか?

IPFSUnionは、ブロックチェーン技術の研究開発に注力しており、分散型ストレージのアプリケーションやFilecoinを中心としたエコシステムの開発を目指しています。ソフトウェア、ハードウェア、運用・保守において、確かな技術力と業界をリードする優位性を持っており、セキュリティ研究グループのメンバーとして、エコシステムに強力な技術サポートを積極的に提供しています。また、ファイルコインに関する業界の知識を深めるため、オフラインでの教育活動も積極的に行っています。アリババクラウド、Qiniuクラウド、シーゲート、ウェスタンデジタル、H3Cなどの業界大手と戦略的協力関係を構築しているほか、政府との緊密な協力関係を構築しており、分散型ストレージ業界の最強の産業エコロジーを構築しています。

2017年にFilecoinプロジェクトが誕生して以来注視してきましたが、2019年にIPFSUnionを設立しました。設立以来、IPFSUnionは業界の発展を促進するために尽力してきました。運営面では、IPFSUnionは、伝統的な産業が大量の産業データをファイルコインネットワーク上に保存するためのクラウドストレージプラットフォーム「Starpool」を近日中に立ち上げる予定です。また、江西省福州ハイテクゾーンとIPFSUnionが共同で設立したビッグデータ工業団地もあります。

Q: これは分散型ウェブにとって非常にエキサイティングなベンチャーですが、ビッグデータ工業団地への出資を約束した大規模な投資家について詳しく教えてください。

2020年以降、中国は「新インフラ」を今後の経済成長の原動力として明確に捉えています。「新インフラ」の基礎となるネットワーク技術のサポートとして、IPFSとファイルコインはデジタル経済時代の強固な基礎技術アーキテクチャとなりえます。永久性、重複排除、分散化、ピア・ツー・ピアなどの技術的特徴により、一般的なトレンドとなっていくでしょう。

IPFSUnionは、2020年12月に江西省福州ハイテクゾーンの産業ファンドから約1億元の投資を獲得しました。

江西省政府とIPFSUnionが共同で設立した江西ビッグデータ工業団地は、江西省福州ハイテクゾーンにあります。建設面積が10万平方メートルを超える2つのマシンルーム、2つの研究開発棟、エキスパート棟で構成されています。完成後のサーバー生産ラインの年間生産量は10万台、マシンルームには10万~15万台のサーバーを収容できると推定されています。建設完了後は、中国最大のIPFSおよびFilecoin分散型ストレージマイニング施設となります。

Q: 工業団地が完全に機能するのはいつですか?

インダストリアル・パークは、来年末までに第1フェーズを完成させ、その後も継続して後続フェーズの建設を進めていく予定です。

Q: マイニングリグの容量はどのくらいを想定していますか?また、今後5年以内にどれくらいのストレージ容量を搭載する予定ですか?

今後5年間で、IPFSUnionは全世界に100万台のデバイスを展開することを目指しています。我々のストレージ規模はZBレベルに達するでしょう。

Q: マイニング施設は現在中国にしかありませんが、よりグローバルに展開するために、他の地域への進出を検討していますか?

上海を拠点に世界を俯瞰するという考えの基に、IPFSUnionのグローバル本社は中国の上海にあり、ビッグデータの本社は江西省の福州ハイテクゾーンにあり、将来的にはアメリカのロサンゼルスに本社を置く予定です。IPFSUnionは、世界各地に200以上のIDCデータセンターを持ち、アジア、ヨーロッパ、オセアニアに分散しています。現在、IPFSUnionの主な顧客は中国ですが、ヨーロッパ、アメリカ、シンガポールなど、世界中の顧客にサービスを提供しています。

Q: IPFSUnionは、現在のストレージプロバイダーと比較してコストを削減した、ビデオコンテンツデータや公衆衛生データのストレージプラットフォームの構築にも興味を持っているようですが、その点について詳しく教えてください。

私たちが予定しているStarpoolクラウドストレージプラットフォームは、伝統的な産業が大量の産業データを保存し、効果的にアプリケーションを成長させるのに役立ちます。当社の価格は、従来のクラウドサービスプロバイダーの10分の1程度です。また、当社は業界大手や政府と常に緊密な協力関係を維持しています。私たちは、大量の業界データを収集してファイルコインに保存し、本物のデータストレージであるファイルコイン・プラスと今後の事業化を積極的に推進していきます。

Q:ファイルコインや分散型ウェブ全体の未来はどうなると思いますか?

科学技術の発展に伴い、人間社会はますます多くのデータを生み出すことになりますが、ファイルコインの分散型ストレージは、高速、低コスト、高セキュリティという利点があり、今後のストレージのトレンドになるでしょう。将来の市場は巨大なものになるでしょう。私たちの考えでは、1兆円レベルになると思いますし、IPFS/ファイルコインの将来性に自信を持っています。IPFSUnionは、Filecoinストレージ業界のパイオニアとして、Filecoinコミュニティと協力してエコシステムの発展を促進し、分散型ストレージ業界の上流・下流の発展をリードしていきます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Pick up

  1. https://filecoin.io/blog/posts/filecoin-plus-alig…
  2. 今回はFilecoinについてマイニングからストレージ、アプリケーション開発までのシラバス(講義要…
  3. 下記を御覧ください。 1.核となるプロトコルの機能 8月には、メインネットの「プルーフ…

Recommend

  1. 2020-10-26

    リフトオフ週間を振り返って

    https://filecoin.io/blog/mainnet-liftoff-week-rec…
  2. 2020-10-16

    Slingshotとその先

    https://filecoin.io/blog/slingshot-and-beyond/ …
  3. 2020-10-14

    マイナー向けガイド

    https://filecoin.io/blog/miners-guide-liftoff/ …

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る