IPFS Weekly152へようこそ

IPFS

InterPlanetary File Systemのギャラクシーで何が起こっているのかを紹介します!

Pinataが “Submarining”を導入


先週、Pinata「Submarining」という新機能を発表しました。これは、ユーザーがアップロードしたIPFSファイルを、パブリックなIPFSネットワークからプライベートなものにすることができるツールです。この機能により、ユーザーはNFTにデータを添付し、NFTの所有権に基づいて誰がそのデータを閲覧できるかをコントロールすることができます。

このようなコンセプトは、NFT分野ではまだ存在していませんでしたが、高い需要がありました。Pinataのチームが思うSubmariningは、ユーザーがコンテンツをどのように共有したいか、誰と共有したいかを選択できるようにすることで、ユーザーがコンテンツをよりコントロールできるようにするための次のステップです。質問や詳細はこちら

 

IPFSの新機能


ETHOnlineは9月17日にキックオフ! 1,000人以上のエンジニア、デザイナー、クリエーターと一緒に、分散型の未来を作りましょう。登録はこちらから。

・先週、Pinataの共同設立者であるMatt Ober氏がFilecoin Encode Clubに参加し、”Pinataを使ったピニングサービス “を行いました。録画はこちらでご覧ください。

Browsers3000の閉会式が9月16日に迫ってきました。ハッカソンを記念し、受賞者を祝うイベントにこちらで参加しましょう。

・Filecoin Launchpad Accelerator T6の申し込みが正式に開始されました。IPFS、Filecoin、Ethereumのエコシステムでの構築をお考えの方は、今すぐこちらでお申し込みください。

 

エコシステムについて🌏


Asia HackathonのMarsトラックの登録が開始されました。FilecoinとIPFSで分散型ストレージを再考案し、最大35,000ドルの賞金を獲得しましょう。こちらでご応募ください。

Estuary Techは、パブリックデータをFilecoinネットワークに送り、どこからでもデータを取得できるオープンソースソフトウェアです。Estuary Techについての新しい解説ブログ記事はこちらをご覧ください。

Protocol Labsが主催するConsensusLabConsensusDay21は、Protocol Labsとその関連トピックに関する1日のバーチャルワークショップで、貢献頂ける方の最終募集を行っています。詳細や貢献は9月8日までにご応募ください

Tachyon運営のFilecoin Launchpad Accelerator Demo Dayの登録受付を開始しました。9月21日(火)午前11時(日本時間)より、次世代のWeb3.0の創業者の話を聞くことができますので、ぜひご予約ください

Filecoinネットワークのストレージ容量が先日10EiBを突破し、エコシステム全体にとってエキサイティングなマイルストーンとなりました。10EiBは、190のインターネットアーカイブ、45,000のウィキペディア、6,850,000年分のビデオ通話に相当します。

 

新しいインターネットの構築に貢献しませんか?


デベロッパー・リレーションズ・アドボケート:このポジションでは、Unstoppableのデベロッパーリレーション機能を形成します。Unstoppableのデベロッパーコミュニティを管理し、Web3.0のデベロッパーコミュニティと連携し、当社の為に交渉などを行います。また、技術的なコンテンツやプログラムを通じて、未来のインターネットを構築するための比類のないデベロッパーリソースとして、Unstoppable Domainsのブランドの成長を促進します。教育、開発、エンゲージメントの要素を取り入れながら、Web3.0におけるUnstoppable Domainsのユニークなメリットを紹介するために、様々な役割を担っていただきます。 Unstoppable Domains, リモート。

ARGソフトウェア・エンジニア: The Protocol Labs Application Research Group(ARG)では、ロードマップを作成し、コーディングもできる、積極的なエンジニアを求めています。分散システムの実践的な開発と、複雑なシステム内での問題解決に対する情熱の両方が必要です。Protocol Labs、リモート。

デベロッパー・リレーションズ: Textileでは、大規模なコミュニティプロジェクトを運営する人材を募集しています。具体的には、コミュニティプロジェクトに資金を提供するためのグラントプログラムの拡充、コミュニティのステークホルダーを技術計画に参加させるためのガバナンスグループの運営、大規模な開発者イベントをサポートするためのGitcoinやEthDenverなどの外部チームとの連携、イベントでの技術的なプレゼンテーションなど。また、Slackグループの対応、GitHubの問題のトリアージ、デモのハッキング、ブログ記事やテクニカルガイドの執筆なども行います。私たちは、開発者コミュニティを構築しながら、技術的なことにも積極的に取り組んでいきたいと考えている、自立したリーダーを求めています。Textile、リモート。

シニア・ソフトウェア・エンジニア:Protocol Labsでは、多くのプロジェクトが分散システムとなっています。IPFS、libp2p、Filecoin、その他の関連プロジェクトでは、より打たれ強い、より安全な分散型ウェブの基礎を築いています。そのためには、プロトコルの設計から実装の全段階に至るまで、厳密なエンジニアリングが必要です。私たちは、実用主義で、深い知識に基づいたプロトコル設計、および強力なエンジニアリングの適用バランスを取っています。これらはすべて、好奇心と情熱、そしてオープンソースへの情熱によって、決められた環境の中で行われています。Protocol Labs, リモート.

フルスタックエンジニア:Textileのウェブ製品とサービスは、主にGolangとTypeScriptで構築されており、TextileのコアであるgRPCサービスと通信します。エンドユーザー・エクスペリエンスを担当し、研究開発から実装、生産モニタリングまで、製品スタックを全て担当することになります。Textile、リモート。

バックエンド/APIエンジニア:バックエンド/APIエンジニアとして、リサーチを行い、製品に貢献し、複数の製品のロードマップの決定などをサポートします。Textile Hubの機能を構築・維持し、ThreadsBucketsHubPowergateなどのブロックチェーンネットワークと統合する新しいサービスやシステムを構築します。この役割は、しっかりとしたコーディングの経験があり、新機能をリードする能力がある人のためのものです。Textile、リモート。

プロダクトマネージャー、デベロッパーエクスペリエンス: 3Box Labsのデベロッパーエクスペリエンス・チームのプロダクト・マネージャーとして、Ceramicプラットフォームで開発するデベロッパーに最高のものを提供することを担当します。3Box Labsは、Web3.0のための主要なアイデンティティとデータソリューションを作成し、オープンソースのデベロッパーコミュニティとともに活動しています。彼らは、影響力のある、自主的で、学習能力の高いチームメイトを求めています。3Box Labs、リモート。

コミュニティリーダー: 3Box Labsのコミュニティリーダーとして、より良いウェブのために、グローバルな活動を促進するための技術や価値観を中心とした、非常に魅力的で歓迎されるコミュニティを作り上げる機会があります。3Box Labsは、Web3.0のための主要なアイデンティティとデータのソリューションを開発し、オープンソースのデベロッパーコミュニティとともに活動しています。彼らは、影響力のある、自主的で、学習能力の高いチームメイトを求めています。3Box Labs、リモート。

毎週火曜日にIPFS Weeklyをお届けします。今すぐご登録ください。


本ブログは、https://blog.ipfs.io/からの翻訳となります。
ソース:https://blog.ipfs.io/weekly-152/

IJC-media

IJC-media

IPFSを中心とした技術による日本の産業競争力の向上を目指すIPFS JAPAN コンソーシアムが、最新の世界動向や業界情報を配信するメディアサイト

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP