IPFS 100問-質問7:IPFSの仕組み(アーキテクチャ)

IPFSの仕組みはどの様になっていますか?

student_03
student_03
Consortium Caretaker
Consortium Caretaker

IPFSは、以下の7つのサブプロトコルによって構成されます。各々のプロトコルが個別の役割をもちます。

assistant
assistant

◎ネーミング(Naming) – 自己署名をベースとしたPKI名前空間(IPNS)
◎ファイル(Files) – Gitから影響を受けたバージョン管理ファイルシステム
◎オブジェクト(Objects) – データ構造フォーマット
◎エクスチェンジ(Exchange) – ブロックの転送と複製
◎ルーティング(Routing) – ピアとコンテンツの検索
◎ネットワーク(Network) – ピア間の接続の確立
◎アイデンティティ(Identities) – ノードIDの生成と検証

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick up

  1. Filecoinは、ストレージと関連サービスのグローバルマーケットプレイスであり、安全な分散型クラ…
  2. 今回はFilecoinについてマイニングからストレージ、アプリケーション開発までのシラバス(講義要…
  3. 下記を御覧ください。 1.核となるプロトコルの機能 8月には、メインネットの「プルーフ…

Recommend

  1. 2020-10-26

    リフトオフ週間を振り返って

    ■リフトオフ週間を振り返って 先週のリフトオフ週間では講演、デモ、ワークショップなどが盛りだ…
  2. 2020-10-16

    Slingshotとその先

    ■Filecoinでデータを保存するためには ~Slingshotとその先にあるもの~ …
  3. 2020-10-14

    マイナー向けガイド

    ■マイナー向けリフトオフガイドについて メインネットリフトオフまで24時間を切っています。S…
ページ上部へ戻る