ファイルコインネットワーク経済学

https://filecoin.io/blog/filecoin-network-economics/

今月初め、ETH GlobalとFilecoinはストレージマーケットサミット(SMS)を開催しました。本日のブログは、SMSで行われた様々な講演からの要約、テーマ、および結論です。

アジェンダを閲覧したり、共同リソースとリスク管理のセクションをチェックしたりすることができます。

ファイルコイン経済の深堀り

以下は、SMSのProtocol LabsのZX Zhang氏による講演「Filecoin Economy Deep Dives」の概要です。映像はこちらからご覧ください。

Filecoinネットワークは、多くのステークホルダー(利害関係者)が存在する複雑なエコシステムです。これらステークホルダーには、Filecoinのクライアント、マイナー、開発者、そしてFILのトークン保有者やエコシステムが含まれます。

現代のストレージビジネスは、多くの課題を残しています。信頼性の高いストレージは高価になりがちです。その結果、実際に保存されるデータよりも多くのデータが作成され、保存されるデータは高度に中央集権化されており、上位5社のクラウドストレージプロバイダーがクラウドストレージ市場の77%近くを支配しています。このため、新規参入者がエコシステムへの足がかりを得ることが難しい環境が生まれています。

Filecoinは、これらの問題を解決するオープンストレージエコノミーの構築を目指しており、独立したステークホルダーが既存の競争に直面して競争し、イノベーションを起こすことをより可能にするプラットフォームを提供しています。Filecoinのネットワークは、多様な差別化されたサービスの基盤として、完全なストレージと検索経済を実現します。

Filecoinエコシステムの参加者は、成功のために利害関係を持つだけでなく、果たすべき役割を持っています。参加者は、ネットワークの効用を最大化するような方法で協力したり、競争したりするようにインセンティブを与えられています。これらの役割はしばしば重なり合っています。例えば、マイナーは開発に重要な貢献者であり続け、トークンホルダーはマイナーと開発者へ投資を行うことはエコシステムの成長に不可欠です。

Filecoinの基礎となるプロトコルは、参加者をネットワークにとって有益な行動へとつなげます。マイナーに報酬と罰を与えるメカニズムは、この典型的な例です。

誰でもマイナーになることができますが、マイナーはネットワークに最低限のストレージをオンボードするまでは報酬を得る資格がありません。オンボードされたストレージは、ネットワークの信頼性と容量の証明として機能し、これらのストレージのコミットメントが簡単に破られると、ネットワークは評判を失うことになります。このように、ネットワークに容量をコミットするマイナーは、FILと呼ばれるFilecoinトークンを担保にしなければなりません。

これはネットワークに提供したストレージの量に比例して、マイナーに支払われるブロック報酬の対象となります。マイナーはまた、特定のデータを保存することと引き換えにFILを支払うクライアントとの担保取引を行うことができます。

ネットワークは、Filecoin Plus(コミュニティが管理する検証人プログラム)を介してクライアントに権限を与えています。これらの取引を獲得したマイナーにとってより価値を生みだし、クライアントにレバレッジを与えます。

Filecoinは、ストレージ経済に加えて、検索サービスに必要なすべての構成要素を実装しており、グローバルなコンテンツ配信ネットワークの基礎を提供しています。

Filecoinのメインネットは現在8週間が経過していますが、新しいマイナーとプラットフォームを活用した新しいアプリケーションの両方の面で大きな成長を遂げており、Web2.0とWeb3.0の両方のスペースで新たなビジネスチャンスをターゲットにしています。

ファイルコインの循環供給~メカニズムとシナリオ~

以下は、SMSで開催されたProtocol LabsのZX Zhang氏とColin Evran氏による講演「Filecoin Circulating Supply」の概要です。映像を見るにはこちらをクリックしてください。

Filecoinトークンの循環供給をモデリングすることは、非常に難しいことです。実際の供給は、多くの相互依存的な要因によって決定され、どのモデルも必然的にそれらの要因についての仮定をしなければなりません。本格的なモデリングは、Filecoinエコノミー、ホワイトペーパー、Filecoin仕様、およびLotusのFilecoin実装を密接に検討して行う必要がありますが、主要なモデリング上の考慮事項の概要を簡単に説明します。

まず、トークンの最大供給量と循環するトークンの供給量の違いを強調することが重要です。最大供給量とは、今後存在するすべてのトークンを指しますが、循環供給量とは、特定の時点で市場取引に利用可能なトークンを指します。

Filecoinは20億FILという固定の最大供給量を持っていますが、これらのトークンの多くはまだリリースされていません。さらに、ビットコインとは異なり、これらの未処理のトークンは、固定のリリーススケジュールに縛られていません。その代わりに、それらの配布率は、Filecoinエコシステムの全体的な有用性に結びついています。

時間をかけてリリースされた未発行のトークンは、循環する供給源へ流入します。未リリースのトークンには2つのソースがあります。つまり最終的にマイナーに報酬を与えるために使用されるトークンと、SAFTの投資家が所有しているトークンです。

Filecoinの総トークン供給量(14億トークン)の70%は、マイナー報酬として割り当てられています。これらのトークンは3つのカテゴリーに分かれています。シンプルミント報酬(3億3000万)、ベースラインミント報酬(7億7000万)、マイニングリザーブ(3億)です。シンプルミント報酬は時間ベースで、半減期6年でリリースされます。しかし、ベースラインの報酬はパフォーマンスベースであり、ネットワークのストレージ容量の増加を目標値となります。マイナーが獲得したブロック報酬も権利確定の対象となります。これらの報酬の25%はマイナーのキャッシュフローを改善するためにすぐに利用可能となりますが、75%の報酬は180日間で直線的に権利確定されます。

また、循環供給からのトークンの流出もあります。Filecoinでは、取引の担保として提供されるなど、トークンがロックされている場合に発生します。ブロック報酬の10倍の報酬をマイナーに提供するFilecoin Plusの取引でも、10倍の担保が必要です。また、流出はネットワーク取引手数料を通じても発生しますが、これはチェーン上に置くための計算とストレージのリソースを補うためにトークンが消費されることを意味します。

そのため、循環する供給量をモデル化するには、最低でも、Filecoinネットワークの成長、ネットワーク容量のコミット容量、通常のストレージ取引、Filecoin Plus取引への内訳および毎日のネットワーク取引手数料の前提条件を設定する必要があります。これらの前提条件によって、流通供給量の推定値は大きく異なることがあります。

何よりも、Filecoinエコシステムの経済メカニズムが、ステークホルダーをネットワークへの長期的な参加と投資に結びつけることが重要です。コミュニティにとって最も重要な目標は、ネットワークのユースケースを増やし、ツールやインフラを改善し、ネットワークの規模拡大を支援することで、ネットワークを可能な限り有用なものにすることです。

ファイルコイン経済Q&A

以下は、Juan Benet氏、ZX Zhang氏、Colin Evran氏及び「Block 1 [Filecoin Economy Deep Dives] Q&A」の一部をまとめたものです。映像はこちらからご覧ください。

Filecoinのエコシステムは大規模で繁栄していますが、より均衡と調和を保つためには何が欠けているのでしょうか?人々はどのようにエコシステムの構築を助けることができるのでしょうか?

Filecoinは活発に活動していますが、現在のプロトコルはベースレイヤーにしかありません。プロトコル上に新しい機能やサービスを構築するためには、とてつもなく多くの努力が必要です。一般的に、Filecoinの上に構築できるサービスには、大きく分けて2つのカテゴリーがあります。1つ目は、Web2の統合を促進するための製品。第二に、Web3システムと相互作用するための製品です。

特にWeb2は、平均的なユーザーが金融サービスの恩恵を受けることができます。ほとんどの人がFilecoinを利用するためには、スムーズな体験が重要です。また、ディスカバリー・プラットフォームは、経済が繁栄している場合には非常に重要です。需要と供給はどうやって満たすのか、という問いに答えなければなりません。そして、供給側の評判をどのようにサポートするのか?最後に、ベースプロトコルの上にあるデータサービスには大きなチャンスがあります。Web2のユーザーにとっては、これもまた優れたUXが登場するか否かにかかっています。

Web3のインタラクションでは、他のスマートコントラクトシステムとのクロスチェーン統合が非常に重要です。このような統合により、新しい製品やサービスを構築することができます。特に、Filecoinがどのようにして他のネットワークのデータを所有し、操作できるかを考え始めた場合はなおさらです。このようなアイデアには、非常に多くの創造性があります。

しかし、全体としては、より多くの開発者がFilecoinを利用できるようにすることで、驚くべき開発者のツールが特にゲームを変えることが証明されるでしょう。Powergateと Fleekは信じられないような仕事をしてきたし、開発者が Filecoin に参加できるようにして、必ずしもその下にあるすべてのことを知る必要がないような実装は他にもたくさんあります。

ストレージマーケットサミットは2020年12月11日に終了しました。YouTubeでご覧いただけます。

■免責事項

これらのプレゼンテーションでは投資アドバイスではありません。

プレゼンテーションで示されたモデルは、多くの仮定に基づいており、真実のソースとして信頼すべきではありません。推定値は、あくまでも例示目的のためのものであり、これに依拠してはなりません。コードとFilecoinの仕様に基づいて、独自のモデルを作成してください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Pick up

  1. https://filecoin.io/blog/posts/filecoin-plus-alig…
  2. 今回はFilecoinについてマイニングからストレージ、アプリケーション開発までのシラバス(講義要…
  3. 下記を御覧ください。 1.核となるプロトコルの機能 8月には、メインネットの「プルーフ…

Recommend

  1. 2020-10-26

    リフトオフ週間を振り返って

    https://filecoin.io/blog/mainnet-liftoff-week-rec…
  2. 2020-10-16

    Slingshotとその先

    https://filecoin.io/blog/slingshot-and-beyond/ …
  3. 2020-10-14

    マイナー向けガイド

    https://filecoin.io/blog/miners-guide-liftoff/ …

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る