コンテンツ、DevOps、トラストのためのFilecoin

Filecoin Launchpad Accelerator powered by Tachyonは、分散型ウェブのための相互運用性があり、オープンでプログラム可能なツール、アプリケーション、インフラを構築している13のスタートアップを紹介するデモデイを開催しました。11カ国から13チームが参加し、IPFS、Filecoin、Ethereumコミュニティの架け橋となる12週間のプログラムに参加しました。このブログでは、「Enterprise」カテゴリーで立ち上げられた4つのスタートアップを紹介します。

Myel

コミュニティによるコンテンツ配信ネットワーク。

Myelは、二次検索市場を経由してFilecoinからより速くコンテンツを取得するために、Web3アプリケーションのための分散型CDNを提供しています。

Myelは何を目的にしていますか?

Webアプリケーションは帯域幅に対する要求が高まっており、VRなどの新興技術は、将来の需要に対応するためには、スケール速度が遅い高価なインフラストラクチャを必要としています。さらに、コールドストレージを超えて使用するために、Filecoinはコンテンツをより速く取得できるように、二次検索市場を必要としています。現在、Web3アプリケーションのための分散型CDNは存在せず、ほとんどが障害の中心となり得るWeb2 CDNに依存しています。

私たちは、高価なインフラストラクチャを必要とせずに、アプリケーションがFilecoinに保存されたコンテンツを簡単に取得できるようにします。ユーザーはFILで直接CDNサービスの料金を支払い、ストレージ取引と組み合わせることができます。

Myelの公式サイトで詳細をチェックしましょう。

デモ動画はこちら

Valist

安全なコード署名とグローバルなソフトウェア配布が容易に。Valistは、開発者がソフトウェアやファームウェアを分散型ストレージネットワークに公開し、強力なアクセス制御に結びつけることを可能にします。Valistはまた、NPMやPip、Dockerなどの既存のパッケージマネージャとのユニバーサルな統合もサポートしています。

Valistは何を目的にしていますか?

現在、ほとんどのWeb3ツールはまだWeb2上に分散されていますが、Valistはこれを変えようとしています。 Valistは、Web2へのブリッジを提供しながらも、認証局、集中型アクセス制御システム、クラウドプロバイダーなどの単一障害点を排除します。

Valistは「マルチファクターリリース」(ソフトウェアリリースのマルチシグと呼ばれる)をサポートしており、パッケージを公開する際には、公開前に複数の開発者やビルドサーバがリリースにサインする必要があります。これにより、ビルドサーバが侵害されたり、開発者の鍵が盗まれてマルウェアが仕組まれたりといった、ソフトウェアのサプライチェーン攻撃の可能性を減らすことができます。

Valistを利用することで、中央集権型のクラウドプロバイダーや脆弱なアクセス制御システムに頼るのではなく、Web3インフラストラクチャを利用してソフトウェアを安全に配布することができます。Valistは、最も人気のあるWeb3およびWeb2パッケージの多くをFilecoinのエコシステムにもたらし、世界が依存しているソフトウェアを維持するためのサードパーティへの依存を減らしています。

Valistは現在、一流のCI/CDサポートを備えたCLIを構築中です。まもなく、ユーザーはValistをGithub Actions、Gitlab Runners、または現在のパイプラインにプラグインして、Web3ネットワークに直接ソフトウェアを公開できるようになります。カスタムバックエンドやストレージを設定する必要はありません。

詳細は公式サイトや、Discordでチームとチャットするか、GitHubでスターをつけてください。デモ動画はこちら

PowerLoom

検証基本要素としての信頼をスケーリングするPowerLoomプロトコルは、オンチェーンとオフチェーンのデータを集約して、分散化された方法で暗号証明を含むスナップショットを生成します。PowerLoomは、プロトコルに参加するインセンティブを与えられたピアやステークホルダーのエコシステムを通じて、信頼を構築し、需要に応じて洞察を提供することを目的としています。

PowerLoomは何を目的としていますか?

ほとんどのDeFiプロトコルでは、多くの可動部分、レイヤー、利害関係者が存在します。その複雑さには驚かされます。ブロックチェーン業界が持続的に、真剣に、そしてスケールアップして成長していくためには、検証に基づく信頼を採用しなければなりません。

PowerLoomプロトコルのスナップショットデータは、IPFS上にホットストアされ、Filecoinネットワーク上にアンカーされるように設計されています。これにより、中央集権型サービスと比較して、ピアが手頃な価格で簡単にデータを保存/取得できるようになっています。その延長線上に、Filecoinエコシステムで他者がデータセットを活用して、自分たちの使用や、その上にさらに構築することができます。

PowerLoomは最近Polymarketとのプレビューを開始し、彼らとGitcoin Grantsの監査の振り返りを実施しました。

PowerLoomの詳細については、公式サイトをご覧ください。エンジニアも募集しています。デモ動画はこちら

Kotal

ブロックチェーンのDevops(開発x運用の技法)をシンプルにするKotalは、オープンソース、マルチクライアント、クラウドに依存しないBlockchain Kubernetes Operatorで、利用可能性の高い自己管理、自己回復型のブロックチェーンインフラストラクチャ(ネットワーク、ノード、ストレージクラスタ)を任意のクラウド上に簡単に展開できます。

Kotalは何を目的としていますか?

ブロックチェーンのDevopsは、多くのオーバーヘッドとリスクを伴い、非常に難しく、高価で、時間のかかる作業です。その結果、Devopsはブロックチェーンプロトコルと統合するために中央集権型サービスに大きく依存しています。Kotalは、ブロックチェーンのデバップをシンプルにし、より迅速な開発と持続可能な分散化を可能にします。

Kotalを使用すると、以下のことが可能になります。

・利用可能性の高いブロックチェーンネットワークとノードを展開

・EthereumやBitcoinなどのパブリックネットワークに参加

・Rinkeby、Ropsten、Goerliなどのテストネットワークに参加

・独自のバリデータやベーキングノードを立ち上げ

・プライベートコンソーシアムネットワークを作成し、参加

・分散型ストレージクラスタを作成

自分だけのInfura公式サイトにアクセスして、詳細を確認してください。デモ動画はこちら

※配信元

https://filecoin.io/blog/posts/filecoin-for-content-devops-trust-and-more/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick up

  1. Filecoinは、ストレージと関連サービスのグローバルマーケットプレイスであり、安全な分散型クラ…
  2. 今回はFilecoinについてマイニングからストレージ、アプリケーション開発までのシラバス(講義要…
  3. 下記を御覧ください。 1.核となるプロトコルの機能 8月には、メインネットの「プルーフ…

Recommend

  1. 2020-10-26

    リフトオフ週間を振り返って

    ■リフトオフ週間を振り返って 先週のリフトオフ週間では講演、デモ、ワークショップなどが盛りだ…
  2. 2020-10-16

    Slingshotとその先

    ■Filecoinでデータを保存するためには ~Slingshotとその先にあるもの~ …
  3. 2020-10-14

    マイナー向けガイド

    ■マイナー向けリフトオフガイドについて メインネットリフトオフまで24時間を切っています。S…
ページ上部へ戻る