FilecoinとHedera HashgraphがWeb3の相互運用性を促進するための助成プログラムを発表

本日、FilecoinとHedera Hashgraphは、Web3の相互運用性を向上させるための共同作業を発表します。 20万米ドルの助成金プログラムとNFTユースケースのための初期デモ実装から始まり、長期的なビジョンは、両ネットワークの強みを組み合わせた分散型コンセンサス、ストレージ、スマートデータアプリケーションを含む分散型元帳ソリューションの全面的な提供です。

Hederaパブリックネットワークは、高速、低コスト、そして環境に優しい分散型元帳技術(DLT)であり、サプライチェーンデータの検証可能な証明支払い広告資産のトークン化など、大量に使用する用途のために設計されています。Hederaネットワークは信じられないほど効率的で軽量ですが、コストの制約があるため、大きなファイルやオブジェクトデータの保存には適していません。

FilecoinとHederaは、様々なプロジェクトで技術協力を行ってきました。Hederaは非常に効率的なDLT機能をもたらし、Filecoinは堅牢で柔軟な大規模ストレージレイヤーを提供します。両者のネットワークを組み合わせることで、トランザクションとその基礎となるデータの両方の出所、所有権、妥当性を検証する新たな可能性が生まれます。

 

Hedera NFTへの分散型ストレージの提供

Hedera Improvement Proposal 10(HIP-10)は、NFTメタデータのエコシステム標準を提供します。この新機能を強化するために、Filecoin(具体的にはNFT.storageサービス)は、これらのNFTプロパティとマルチメディアまたはローカライゼーションデータを含むJSONスキーマの分散型ストレージを可能にします。

FilecoinとHederaを組み合わせることで、真に分散化されたNFT体験を提供します。Filecoinは、Hederaネットワーク上のNFTの分散型ストレージ層として機能することで、ゲーム内資産、アート、音楽、サプライチェーン、金融アプリケーションなどの信頼性を最大限に高めます。

オープンソースのリファレンス実装とデモでは、NFT.storage API: https://github.com/hashgraph/hedera-hts-demo/ を使用して、Heder上でNFTを発行し、そのデータをFilecoinに保存する方法を紹介しています。

Starling Lab:FilecoinとHederaのリアルな活用法

The Starling Framework for Data Integrityは、USC Shoah Foundationとスタンフォード大学の電気工学部門が共同で開発したもので、非営利団体や報道機関、業界の専門家が共通して使用できるツールや原則を作成し、今日のメディアの不確実性や真実を守るための持続的な努力に関する課題を解決することを目的としています。Starlingは、FilecoinやHederaなどの複数の分散型技術を活用して、オリジナルのメディア資産とその基礎となるメタデータを保存し、検証します。

単なるストレージではない、Filecoinで広がるWeb3の可能性

定期的な証明を伴う大規模ストレージを導入し、ストレージをコンピューティングに近づけることで、FilecoinはWeb 3エコシステムにユニークな構成要素をもたらします。

Content Addressable Data – Filecoinは、Web3の中心であるContent Addressable Dataに基づいて構築された、分散型ストレージネットワークです。

証明を伴う検証可能なストレージ – Filecoinブロックチェーンは、すべてのデータが24時間ごとにネットワーク上に継続的に保存されていることを検証しています。

大規模な分散型ストレージ – Filecoinネットワークは、1時間ごとに1PiB以上のストレージ容量を導入しています。

柔軟なストレージオプション – ストレージプロバイダーのグローバルネットワークは、それぞれが異なる機能とローカルな最適化を提供することで、最大限の構成性と必要性を実現します。

FilecoinとHederaのようなスマートコントラクトシステムの交点では、多くの新しいインタラクション、アプリケーション、ビジネスモデルが生まれます。Filecoinのビジネスチャンスの詳細については、この記事をご覧ください

 

Filecoin+Hederaのアプリケーション開発への助成金

FilecoinとHederaは、2つのトラックに沿って200,000ドルの開発者助成金を授与します。

Hedera向け分散型ストレージSDKとデモアプリケーション

私たちは、FilecoinとHedera Token Service(HTS)を使用しているビルダーが、そのアプリケーションに2つを簡単に統合できるようにしたいと考えています。この助成金は、既存のFilecoinとHederaのツールチェーンをシームレスに統合するSDKに対して授与されます。このSDKは、Fungibleではないトークン化を可能にし、Hedera Token Serviceのトークンに関連するより大きなファイル(デジタルアート、音楽、JSONメタデータなど)をFilecoinネットワーク上に保存できるようにする必要があります。Filecoinのストレージは、EstuaryFleek Space DaemonNFT.storageTextile Powergateなどのツールやサービスを介してアクセスすることができます。

付属のデモアプリケーションは、このSDKを使用してオープンソースのエンドツーエンドのNFTマーケットプレイスのデモアプリケーションを構築し、1)分散型ストレージSDKの機能を紹介し、2)コミュニティの他の開発者がリファレンスアーキテクチャとして使用できるようにしなければなりません。デモアプリケーションには以下が含まれます:

1. Hederaで生まれたNFT。

2. Filecoinに保存されているNFTに関連するマルチメディア。

3. Filecoin上のそれらのNFTに関連するJSONメタデータスキーマ。

4. NFTの支払いのためにHBARとFILを(最低でも)受け入れること。

[賞品:75,000ドル]

 

実際のアプリケーション

これらの助成金は、Hedera Token Service (HTS)とFilecoinの分散型ストレージの両方を利用した実際のアプリケーションの提案に対して授与されます。アプリケーションの種類やユースケースについての厳密な要件はありませんが、Hedera HTSとFilecoinの両方を利用する必要があります。Filecoinのストレージは、EstuaryFleek Space DaemonNFT.storageTextile Powergateなどのツールやサービスを介してアクセスすることができます。

[1等賞:5万ドル、2等賞:4万ドル、3等賞:2万ドル、4等賞:1万ドル、5等賞:5,000ドル]

Filecoin Grants programから応募してください。提案書の提出期限は2021年8月30日で、優先的に検討されます。


本ブログは、www.filecoin.io/blog からの翻訳となります。

ソース: https://filecoin.io/blog/posts/filecoin-and-hedera-hashgraph-announce-grant-program-to-propel-web3-interoperability/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick up

  1. Filecoinは、ストレージと関連サービスのグローバルマーケットプレイスであり、安全な分散型クラ…
  2. 今回はFilecoinについてマイニングからストレージ、アプリケーション開発までのシラバス(講義要…
  3. 下記を御覧ください。 1.核となるプロトコルの機能 8月には、メインネットの「プルーフ…

Recommend

  1. 2020-10-26

    リフトオフ週間を振り返って

    ■リフトオフ週間を振り返って 先週のリフトオフ週間では講演、デモ、ワークショップなどが盛りだ…
  2. 2020-10-16

    Slingshotとその先

    ■Filecoinでデータを保存するためには ~Slingshotとその先にあるもの~ …
  3. 2020-10-14

    マイナー向けガイド

    ■マイナー向けリフトオフガイドについて メインネットリフトオフまで24時間を切っています。S…
ページ上部へ戻る