OpenSeaはIPFSとFilecoinでNFTを保管します

OpenSeaは最近、NFTのメタデータを「凍結」する機能をローンチし、NFTクリエイターがIPFSやFilecoinを使ってNFTを適切に分散化できるようになりました。OpenSeaは、web3スペースで最大のNFTマーケットプレイスの一つであり、今や数百万のNFTの市場を作り出しています。IPFSとFilecoinを使用することで、OpenSeaを利用するNFTクリエイターは、IPFSコンテンツアドレッシングを使用して不変的なNFTメタデータを作成し、Filecoinを使用して証明可能な分散型ストレージを作成することができます。

リフレッシャー:NFTの構造

NFTは、イーサリアムなどのブロックチェーン上に存在し、そのエコシステムの中で自由に取引できるトークンです。NFTは、通常、NFTの名前、説明、NFT資産(画像、動画、音声など)への参照など、トークンが表すさまざまな詳細情報を含むメタデータを参照して作成されます。現在、私たちはNFTの様々な興味深いアプリケーションを目にしています。それは、不動産証書音楽アートなど多岐にわたります。

なぜIPFSなのか?

NFTメタデータへの耐障害性のあるコンテンツアドレスの参照は、ソリューションの一部に過ぎません。さらに、コンテンツは的持続的に保存され、誰もが長期的に取り出すことができる必要があります。これこそが、Filecoinが取り組むべき問題なのです。

Filecoinは、分散型ネットワーク上で検証可能なストレージを提供します。Filecoinの暗号証明と経済メカニズムにより、Filecoinのストレージプロバイダー(マイナー)は、ユーザーが必要とする限りユーザーのデータを保存するインセンティブを得られます。

OpenSeaの分散化された不変のNFTメタデータ

OpenSeaの新しい「凍結されたメタデータ」機能により、NFTクリエイターはIPFSのコンテンツアドレッシングとFilecoinの分散型検証可能ストレージのメリットをすぐに得ることができます! クリエイターは、コンテンツをIPFSとFilecoinにシームレスにプッシュすることで、NFTのメタデータへの不変的なリンクを作成し、コンテンツを永続的に保存することができます。

OpenSeaの分散型メタデータ機能と、IPFSとFilecoinの使用方法については、OpenSeaのブログで詳しく紹介されています。

この機能が登場し、分散化された不変のストレージの波が、NFTマーケットプレイスやその他のweb3を揺るがし続けることを、私たちはとても楽しみにしています。

追加リソース

NFTプロジェクトでIPFSとFilecoinを使い始めたい方は、リソースのリストをご覧ください:

NFT.Storageで無料ストレージ

NFTスクール

IPFSを使ったNFTデータ保管のベストプラクティス

IPFSによるNFTの鋳造

IPFSでのNFTの保管

IPFS、Filecoin、およびコンテンツの持続性


本ブログは、www.filecoin.io/blog からの翻訳となります。
ソース: https://filecoin.io/blog/posts/opensea-decentralizes-and-persists-nft-storage-with-ipfs-and-filecoin/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick up

  1. Filecoinは、ストレージと関連サービスのグローバルマーケットプレイスであり、安全な分散型クラ…
  2. 今回はFilecoinについてマイニングからストレージ、アプリケーション開発までのシラバス(講義要…
  3. 下記を御覧ください。 1.核となるプロトコルの機能 8月には、メインネットの「プルーフ…

Recommend

  1. 2020-10-26

    リフトオフ週間を振り返って

    ■リフトオフ週間を振り返って 先週のリフトオフ週間では講演、デモ、ワークショップなどが盛りだ…
  2. 2020-10-16

    Slingshotとその先

    ■Filecoinでデータを保存するためには ~Slingshotとその先にあるもの~ …
  3. 2020-10-14

    マイナー向けガイド

    ■マイナー向けリフトオフガイドについて メインネットリフトオフまで24時間を切っています。S…
ページ上部へ戻る