IPFS Weekly147へようこそ

IPFS

InterPlanetary File Systemのギャラクシーで何が起こっているのかを紹介します!

 

Web3.Storageをご紹介します!

Protocol Labsは、デベロッパーがFilecoinの分散型ストレージネットワークからデータを保存・取得するためのシンプルなインターフェースであるWeb3.Storageを発表しました。Web3.Storageは無期限に無料で提供され、デベロッパーは、冗長な分散型ストレージと、安全でコンテンツに対応したデータを持つアプリケーションを簡単に構築することができます。Web3.Storageは、分散型ストレージと直接やりとりする際の複雑さを大幅に処理することで、Web3の初心者からIPFSのベテランまで、すべてのデベロッパーにとってFilecoinストレージと統合するための最良の方法の一つとなっています。Web3.Storageを今すぐ試してみてください。また、このブログ記事では、Web3.Storageがどのように機能するか、どのように操作するか、そして次のステップについてもご紹介しています。

 

js-IPFS 0.56.0 アップグレード

js-IPFS 0.56.0は、新しいデータ層とContent Addressable aRchivesのインポート/エクスポートに加えて、バグフィックスとパフォーマンスの改善を行っております。すべてはjs-IPFSのロードマップの一環です(こちらをご覧ください)。0.56.0へのアップグレードについて、新機能、変更点、バグ修正などの詳細はこちらのブログ記事をご覧ください。

 

IPFSの新機能

・8月13日から開催される、IPFS、Filecoin、NEAR ProtocolによるJS13Kハッカソンに、ハッカーやゲーム愛好家の皆様をご招待します!

ChainSafe Fileサービスが開始されました。IPFSでホストされ、Filecoinにバックアップされた暗号化された共有により、セキュリティを損なうことなくファイルを共有できるようになりました。

・Alan Shaw氏は、NFT Vision Hackの 「IPFS&Filecoin Workshop」 に参加し、IPFS/Filecoinのトラッキングとその背後にある技術について議論しました。こちらをご覧ください

・IPFSにウェブサイトを公開するためのノウハウをお持ちのデベロッパーやウェブ開発の方は、このリファラルリストにご参加ください。

 

エコシステムについて🌏

数週間前、Filecoinは「SNARKs for the World」というミニサイトを立ち上げました。「ゼロの知識」がFilecoinのネットワークに何をもたらすのか、深く掘り下げてみましょう。

ETHOdysseyは昨日終了しましたが、まだハッカソンの応募作品を確認する機会はあります。

金曜日にHackFSが始まりました。3週間にわたるワークショップ、講演、構築、17万5千ドル以上の賞金、そしてまだ参加枠があります。

Browsers 3000は8月19日まで開催されています。これまでに、MetaMask、Unlock、Agregore、ENS、Unstoppable Domainsなどの学習セッションが行われています。ハッカソンに登録して、今後のセッションの最新情報を手に入れましょう。

2021 Wanxiang Blockchain Hackathonは、本日から9月12日まで、ブロックチェーンと5G、AI、IoTなどの他のデジタル技術の統合に焦点を当てています。ここに登録して、IPFSとFilecoinと一緒にイベントに参加しましょう

 

新しいインターネットの構築に貢献しませんか?

デベロッパー・リレーションズ:Textileでは、大規模なコミュニティプロジェクトを運営する人材を募集しています。具体的には、コミュニティプロジェクトに資金を提供するためのグラントプログラムの拡充、コミュニティのステークホルダーを技術計画に参加させるためのガバナンスグループの運営、大規模な開発者イベントをサポートするためのGitcoinやEthDenverなどの外部チームとの連携、イベントでの技術的なプレゼンテーションなど。また、Slackグループの対応、GitHubの問題のトリアージ、デモのハッキング、ブログ記事やテクニカルガイドの執筆なども行います。私たちは、開発者コミュニティを構築しながら、技術的なことにも積極的に取り組んでいきたいと考えている、自立したリーダーを求めています。Textile、リモート。

ソーシャルメディアマネージャー:Protocol Labsでは、ベスト・プラクティス戦略の構築、ソーシャル・タクティクスの構築、各種チャネルへの投稿を担当するソーシャルメディアマネージャーを募集しています。目標は、当社のコミュニティのすべてのメンバーを支援し、教育し、楽しみにさせることです。主にTwitter、Reddit、Slackでのコミュニケーションを担当しますが、時にはメールやTelegram、Discord、その他のチャンネルでのコミュニケーションも行います。このコミュニティには、業界リーダー、Protocol Labsのパートナー、投資家から、ストレージプロバイダー、開発者、ユーザーまで、あらゆる人が参加しています。Protocol Labs、リモート。

シニア・ソフトウェア・エンジニア:Protocol Labsでは、多くのプロジェクトが分散システムとなっています。IPFS、libp2p、Filecoin、その他の関連プロジェクトでは、より打たれ強い、より安全な分散型ウェブの基礎を築いています。そのためには、プロトコルの設計から実装の全段階に至るまで、厳密なエンジニアリングが必要です。私たちは、実用主義で、深い知識に基づいたプロトコル設計、および強力なエンジニアリングの適用バランスを取っています。これらはすべて、好奇心と情熱、そしてオープンソースへの情熱によって、決められた環境の中で行われています。Protocol Labs, リモート。

フルスタックエンジニア:Textileのウェブ製品とサービスは、主にGolangとTypeScriptで構築されており、TextileのコアであるgRPCサービスと通信します。エンドユーザー・エクスペリエンスを担当し、研究開発から実装、生産モニタリングまで、製品スタックを全て担当することになります。Textile、リモート。

バックエンド/APIエンジニア:バックエンド/APIエンジニアとして、リサーチを行い、製品に貢献し、複数の製品のロードマップの決定などをサポートします。Textile Hubの機能を構築・維持し、ThreadsBucketsHubPowergateなどのブロックチェーンネットワークと統合する新しいサービスやシステムを構築します。この役割は、しっかりとしたコーディングの経験があり、新機能をリードする能力がある人のためのものです。Textile、リモート。

プロダクトマネージャー、デベロッパーエクスペリエンス:3Box Labsのデベロッパーエクスペリエンス・チームのプロダクト・マネージャーとして、Ceramicプラットフォームで開発するデベロッパーに最高のものを提供することを担当します。3Box Labsは、Web3.0のための主要なアイデンティティとデータソリューションを作成し、オープンソースのデベロッパーコミュニティとともに活動しています。彼らは、影響力のある、自主的で、学習能力の高いチームメイトを求めています。3Box Labs、リモート。

コミュニティリーダー:3Box Labsのコミュニティリーダーとして、より良いウェブのために、グローバルな活動を促進するための技術や価値観を中心とした、非常に魅力的で歓迎されるコミュニティを作り上げる機会があります。3Box Labsは、Web3.0のための主要なアイデンティティとデータのソリューションを開発し、オープンソースのデベロッパーコミュニティとともに活動しています。彼らは、影響力のある、自主的で、学習能力の高いチームメイトを求めています。3Box Labs、リモート。

プロトコル・エンジニア:3Box Labsのプロトコル・エンジニアとして、他のコア・エンジニアと共にCeramicのプロトコルに貢献していただきます。プロジェクトでは、分散型コンセンサス、シャーディング、アクセスコントロールシステム、ブロックチェーンシステムの設計などの課題が含まれます。初期のチームメンバーとして、すでに慣れ親しんだ分野の専門知識を深めるだけでなく、新しい分野を探求する機会もあります。3Box Labs、リモート。

毎週火曜日にIPFS Weeklyをお届けします。今すぐご登録ください。


本ブログは、https://blog.ipfs.io/からの翻訳となります。

ソース:https://blog.ipfs.io/weekly-147/

IJC-media

IJC-media

IPFSを中心とした技術による日本の産業競争力の向上を目指すIPFS JAPAN コンソーシアムが、最新の世界動向や業界情報を配信するメディアサイト

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP