Filecoin Liftoff Week AMA

https://filecoin.io/blog/filecoin-liftoff-ama/

リフトオフ週間の一環として、FilecoinチームはライブAMAを開催しています。

10月21日、私たちのチームは最初のAMAを開催し、メインネットスタートと経済、そしてマイニングに関する20以上の質問に答えました。

ほとんどの質問と回答は直接引用していますが、一部は読みやすくするために編集しています。


Q1

スペースレースネットワークがメインネットに移行した今、新しいテストネットはありますか?

A1

構成を変えて多くのテストネットを運用していく予定です。キャリブレーション・ネットは、新しいリリースや状態のアップグレードがメインネットで行われる前にテストを行うための長期的なテストネットとしてすでに設定されています。これはメインネットと同じパラメータを持っていますが、より高速なテストのために512MiBセクターをサポートしています。


Q2

FilecoinストレージのコストはAWSのような競合と比較してどうでしょうか?

A2

ConsensysCodefiのFilecoin Storage*をチェックして、1GiBあたりの平均FIL価格と取引を行うマイナーのリストを確認してください。この記事を書いている時点で、平均価格は0.000043 FIL(または0.001328ドル)で、AWS S3では0.023ドル/GB/月であるのに対し、平均価格は0.000043 FIL(または0.001328ドル)です。

*https://www.storage.codefi.network/


Q3

マーケットメイキングとは何を意味するのか?FILのトークン価格にどのように影響するのか?

A3

マーケットメイキングについては、いくつかの混乱が起きています。Protocol Labsは以前、プロジェクトがトークンを “市場の安定化”つまり、市場に流動性を提供するための取引所でのファイルコインの売買、価格の安定化、ストレージやリトリーブマイナーの不均衡なインセンティブの是正などのために利用すると公言しています。この目的のために、ネットワークの立ち上げ直後の価格が不安定になるリスクがある時間帯に、安定性を提供するのに役立つ流動性提供者(一般的に「マーケットメーカー」と呼ばれている)に融資を行いました。はっきりさせておきたいのは、これらはプロジェクトからのFILの販売ではないということです。これらのプログラムは、主にコミュニティの利益のためのものです。市場での最初の時間は、流動性を持つことは、価格操作を防止するのに役立ちます、小規模な購入は、大きな値動きを引き起こさないことを確認し、投機的な取引を防ぐことができる取引所間で収束するのに役立ちます。


Q4

PL Filecoinチームがトークンをダンピングしているという非難がありますが、本当のところはどうなのでしょうか?

A4

これらの告発は完全に虚偽です。プロジェクトもチームメンバーも、告発されているようなFILの販売を行っていません。問題のFILは、業界標準となっている市場安定化プログラムの一部です。これらのプログラムは、上場の初期の数日間に、市場に流動性と安定性を提供するために、そして価格が不安定であるリスクがあるときに実施されました。

Protocol LabsはFilecoinネットワークの長期的な成功と成長に投資しており、それに応じて行動しています。

・私たちのトークンは、SAFT保有者とFilecoin Foundationが約束したロック時間と同じか、それよりも長い6年間で直線的に権利確定します。

・プロジェクトは直ちにFILを売却する予定はなく、現在および過去の従業員や請負業者が獲得したトークンに対して「ロックアップ」期間を設けています。 ロックアップとは、暗号ネットワークの立ち上げ後、トークンプロジェクトのチームメンバーが会社から報酬の一部として受け取ったトークンを売却したり、交換したりすることができない期間のことです。

・プロジェクトはパートナー(TBA)と協力して、より広範なローン市場が軌道に乗るまでの間、事業を成長させようとするマイナーに小口融資を提供することで、ネットワークとマイナーの長期的な成功への投資を続けています。


Q5

週末に「マイナーストライキ」の噂がありましたが、本当ですか?

A5

実際のところ、大規模なマイナーが操業を停止するのを見たことがないので、これをストライキとは言えないと思います。何が起こっているのかというと、マイナーの成長がローンチ前よりも遅くなっているということです。これは、ネットワークが担保コインや手数料のコストを助成していないことが大きな原因です。マイナーはまだ積極的にストレージ容量を証明しており、3~4時間ごとに2PiBが追加されています。ほとんどのマイナーが長期的にプロジェクトに沿っている一方で、この口実を利用して物事を推し進め、より多くのものを手に入れようとしているマイナーもいます。投機家からの短期的なノイズに反応するのではなく、Filecoinの優先事項は、メカニズムと長期的なROIを目指します。


Q6

ライトクライアントのデザインはどうなっていますか?多くのチェーンは多くの努力をしてきましたが、ほとんどのチェーンはインセンティブやセキュリティに関してはうまくいっていないと思います。

A6

私たちは今、独自のライトクライアントに積極的に取り組んでいます。ここで進捗状況を確認することができます。

https://github.com/filecoin-project/lotus/issues/3532


Q7

スマートコントラクトは開発計画に含まれていますか?

A7

はい、スマートコントラクトは間違いなく必要だと思っていますが、まだはっきりとしたタイムラインは決まっていません。おそらく2021年の前半です。Filecoinはオープンソースであるため、コミュニティ次第では開発速度を早める事が可能です。


Q8

リトリーブ市場の詳細はどこで知ることができますか?

A8

リトリーブ市場では、多くの開発が進行中です。ちょうど今日、David Ansermino氏、Elizabeth Binks氏、David Hyland-Wood氏、Robert Drost氏、Thomas Chardin氏、そしてMike Goelzer氏と一緒に、リフトオフイベントでアーキテクチャと次のステップについてのパネルがありました。詳細は録画をチェックしてください。


Q9

FIP0004はいつスタートするのでしょうか?

A9

FIP0004は、メインネットのローンチに先立つ数週間の間に、エコシステムとマイナーの収益性を慎重に考慮して設計されました。これはストレージマイニング報酬の25%を権利確定期間なしですぐに利用できるようにするもので、短期的なマイナーの成長と長期的なネットワークの整合性のバランスを取っています。このFIPは先週、4つのFilecoinのすべての実装によって承認され、本日実装されたLotus v1.1に含まれています。v1.1はコンセンサスブレイキングのためのアップグレードであり、ブロック170000(10月22日(木)22時40分頃UTC)で発動する予定です。


Q10

FIP0004以外にも、マイナーの担保コイン問題を解決するための新しいポリシー/ソリューションはあるのでしょうか?

A10

SR1&2は、マイナーのオンボードとネットワークのブートストラップを支援するために設計されました。500人以上の鉱夫が約2ヶ月間のネットワークの立ち上げに参加し、初期の担保コインが補助され、新しいマイナーが運営の専門知識を積み上げ、ネットワークの改善に役立ちました。

SRに参加せず、今から始めようとしているマイナーのために、CodefiやHuobiなどから、将来の収益を返済することで、マイナーがFILのマイニングを開始するための担保を得ることができる新しい融資ツールが用意されています。一方、プロジェクトは、第三者のプロバイダーを通じた担保コインのための資金調達や小口融資でもマイナーをサポートしていく予定です。ローンは、マイナーとトークン保有者の両方にとって、ネットワークの利益を得ながら投資を成長させるための素晴らしい選択肢となります。


Q11

なぜテストネットトークンはメインネットトークンに変換されたのですか?

A11

私たちは、メインネットがスタートする数週間前の9月27日に、メインネットがテストネットの続きとしてスタートすることを発表しました。ブログ記事でこう述べています。”SRのテストネットは、今後3週間の間にプロトコルのアップグレードや状態遷移を経て、メインネットへと移行していきます。” これは、SRの大会で獲得した残高や報酬を含む、テストネットの間に構築された途方もないマイニングパワーとコミュニティを引き継ぐことで、Filecoinネットワークの安全性を確保するための決定でした。これらのトークンは、ネットワークがアップグレードされた際にメインネットトークンに変換されました。各種報奨は、過去数ヶ月間にストレステストとネットワークの改善に貢献した大小のマイナーの計り知れない貢献を称えることを目的としています。


Q12

メインネットローンチの数日前、誰かが(ファイルコインのwechat)グループでテストネットのFILを大量に購入していました。filecoin公式チームの誰かが、テストネットFILがメインネットFILに変換されることを知っていて、最大のマイナーの何人かに伝えたのでしょうか?もしそうでないとしたら、公式チームの中に一部のスパイがいたのでしょうか?

A12

メインネット開始の数週間前の9月27日に、テストネットの続きとしてメインネットが開始されると公言しました。Filecoinプロジェクトはブログ記事でこう述べています。”スペースレースのテストネットは、今後3週間の間にプロトコルのアップグレードや状態遷移を経て、メインネットへと継続して移行していく予定です。” これが公開されたブログ記事の発表です。誰もが全く同じ情報を得ています。


Q13

今、市場での循環供給はすでに19,000,000FILsですが、公式チームはこれらFILがどこから来たのかを説明することができますか?噂では、メインネット以前の取引所でテストネットFILを使用して取引に成功したことによるものだと言われていますが、これはバグなのでしょうか?どこからともなく出てきた300,000,000FILをチームはどうするつもりなのでしょうか?

A13

いいえ、バグはありません。循環供給中のFILは主に3つのソースから来ています。アンロックされたマイニング報酬、既得権のあるSAFTトークン、そしてここで開示されているようにマーケットメイキングとローンのために予約されたトークン(ほとんどすべて未使用)です。

https://protocol.ai/blog/pl-participation-in-the-filecoin-economy/。


Q14

私がマイナーだとして、マイニングをストップする場合、どのようにして担保コインを取り戻すことができますか?

A14

ブロック報酬は、信頼性の高い有用なストレージに報酬を与えることを意味しています。担保コインは、ストレージとコンセンサスセキュリティを提供するために存在します。マイナーはペナルティを受け入れていつでも採掘を停止することができますが、最初の担保コインはセクターの約束が履行された場合にのみ返却されます。


Q15

SR2終了後のリアルデータでの報酬はあるのか?10倍の演算能力でリアルデータを検証するには?

A15

FIP0003をチェックしてみて下さい。

https://github.com/filecoin-project/FIPs/blob/master/FIPS/fip-0003.md


Q16

ローンプログラムの開始時期はいつ?ローンモデルの詳細なパラメータやタイムラインは?

A16

Huobi、CodeFi(近日公開予定)、その他多くの独立した組織が主催するローンプログラムがいくつかあります。ほとんどのローンプロバイダーは、担保要件、スラッシュのリスク、一般的なストレージの信頼性、チームの強さ、および長期的な指向性と信頼性の高いストレージ運用を示すその他の変数を評価します。

プロジェクトとしては、より広範なローン市場が安定するまでの間、事業を成長させようとするマイナーに小口融資を提供するためにパートナー(TBA)と協力して、ネットワークとマイナーの長期的な成功に投資します。


Q17

NSEはいつ設立されるのですか?

A17

積極的にNSEの開発を進めており、現在、外部および内部のセキュリティ監査を受けています。それらが完了したら、信頼できるセットアップと様々な実装のための統合作業を進めることができます。今のところ、第1四半期か第2四半期にはLotusに統合される予定です。


Q18

CoinListが投資家からのメールの返信に時間がかかるのはなぜですか?投資家の中には、まだFilecoinトークンを受け取っていない人もいます。

A18

申し訳ありません。CoinListは継続的なサポートを提供しており、できるだけ早く問題に対応できるようにサポートしています。私たちの知る限りでは、期限までに情報を提出された方は全員がトークンを受け取っており、遅れて情報を提出された多くの方の対応に努めています。


Q19

新規でネットワークに参加した場合のインセンティブはありますか?担保コインを出さずに、ブロックリワードだけを担保にすることはできますか?

A19

はい、マイニングアクセラレーターや新規マイナー向けのローンプログラムがあります。担保コインにはそれなりの理由があります。それは、ストレージの信頼性とコンセンサスセキュリティの保証を提供します。Filecoinマイニングは、Bitcoinでのマイニングのような分散型ネットワークによって可能になったグローバルプラットフォーム経済よりも、Airbnbでのホスティングに似ています。


Q20

Filecoinにアプリケーションをオンボードするためには、IPFSとFIlecoinの両方のノードを維持する必要がありますか?他のソリューションはありますか?

A20

現在、アプリケーションの開発とオンボードには、Filecoin (Lotus) ノードが必要です。これをより簡単にするための一連のソリューションに取り組んでいます。そのためには、ライトクライアント機能や同期ノードを持たずに取引を行う機能が含まれます。

問題のアプリケーションが何らかの理由でノードを必要としない限り、IPFSノードは必要ありません。


Q21

ノードを維持するためのコストはかなり高いです。パブリックノードを設定することは考えていますか?

A21

はい、ユーザーがアクセスできるホストノードを設定する予定です。また、スナップショットやライトクライアントを導入することで、ノードを維持するためのコストを下げることにも取り組んでいます。


Q22

既得ブロックの報酬の一部を担保コインとして使用できるようにすることを考えられますか?

A22

この質問は何度も聞かれています。現時点では、これを行わない理由はいくつかあります。第一に、ロックされたブロック報酬は獲得したセクターの担保の一部です。セクターが早期に消滅した場合、そのセクターが獲得したすべての報酬は90日までのペナルティを受けることになります。ロックされた資金を担保として使用する場合、セクターの担保不足につながります。

今回採用されたFIP0004は、インセンティブ、ストレージ顧客に対するストレージの信頼性保証、ネットワークの全体的な有用性を犠牲にすることなく、流動性に関するこの懸念に対処するための効果的な方法であると考えます。第二の理由は、すべてのセクターに対する担保コインがなければ、ネットワークは安全ではなく、比較的安価なコストで利用されるだけの腰掛け対象となる可能性があるということです。結局のところ、ストレージは安価であり、Filecoinのマイニングではリセールバリューの高い汎用ハードウェアを使用しています。担保コインは投機的な攻撃やフラッシュ攻撃からネットワークを守るために存在します。

最後に、担保コインは、分散型Airbnbにホストをリストアップするためのデポジットと考えることができます。これはマイナーをプラットフォーム経済の一所有者にし、ネットワークの成功に沿ったインセンティブを付与します。今後ネットワークが進化し、新しい技術が出てくると、改善も可能になります。


Q23

現在、私たちのアプリケーション(NFTとトランザクションが発行するDAPP)は、Pinataを介してIPFS上にメタデータを保存しています。最近、ArweaveやFilecoinを検討していますが、FIL上にPinataのようなデータストレージゲートウェイはないのでしょうか?

A23

Filecoinを利用したピン留めサービスは、IPFS dappsがFilecoinの恩恵をスムーズに受けるための素晴らしい方法です。PinataやInfuraなどのようなピン留めサービスは、このデザインを利用して、同じゲートウェイ上でデータを提供しながらFilecoinにデータを保存することができます。


Q24

現在の経済モデルでは、マイナーが数千万ドルを担保にして設備を立ち上げるのは非常に困難です。全資金を機械に投資してしまった人たちの面倒を見てくれるのでしょうか?

A24

担保の概念は新しいものではありませんし、チームは何年にもわたって繰り返し、シーリングハードウェアへの過剰投資に対してアドバイスしてきました。これについては、多くの方法があります。すべての資金がシーリングハードウェアに投資されている場合、ハードウェアを担保にしてローンを組むことを検討することができます。マイナーはゆっくりと始めて、自分に合ったペースで容量を増やすこともできます。FIP0004の導入は、マイナーのキャッシュフローの改善にも役立つでしょう。ストレージの容量をオンボードすることは素晴らしいことですが、Filecoinをより強固な経済状態にするためには、ストレージの有用性と品質の方が重要です。


Q25

ディール報酬は、セクターの期限が切れた後に元々設定されていた価格の金額、つまり、ロータスマイナーのストレージディールリストにある金額ですか?

A25

ディール報酬は、ディールでの合意に基づいた金額です。ディールがチェーンに公開された時の金額です。ディールの支払いは、ディールの契約が履行されると、時間の経過とともにストレージ提供者にリリースされます。


Q26

Juanのチームは上海で開催されるWanxiang Blockchain Weekに来ますか?

A26

Juanは上海でのイベントに直接来ることはできませんが、10月27日の基調講演にバーチャルで参加し、10月28日にはGavin Wood氏とVitalik氏と一緒にパブリックブロックチェーンの技術革新に関するパネルに参加します。また、10月26日の午前中にはFilecoin Open Dayのイベントも予定しています。アジェンダをチェックして、ぜひご参加ください!https://www.eventbrite.com/e/filecoin-tickets-125845883425


Q27

なぜテストネットのストレージパワーをすべてメインネットに移動したのですか?一部の人にとって不公平です。

A27

SRを通して獲得した残高や報酬を含め、テストネットの間に構築された途方もないマイニングパワーとコミュニティを引き継ぐことで、Filecoinネットワークのセキュリティを確保するための決定でした。過去数ヶ月間にストレステストとネットワークの改善に貢献した大小のマイナーの多大な貢献のためです。


Q28

取引には担保コインが必要ですが、なぜ担保がどれくらいになるかはストレージのクライアントに決めさせないのでしょうか?プロジェクトは報酬のための期間を決めるか、担保のための最小値を設定するだけで、最大値は設定しないほうが良いと思います。

A28

これはすでに行われていることです。担保要件は、ストレージの信頼性とコンセンサスセキュリティの保証を提供するための下限値です。担保要件の意図は、強力なネットワークを維持する信頼性のベースレベル(それも高すぎない)を確立することです。ストレージクライアントは、より高い保証を得るために、ストレージプロバイダに追加の取引担保を要求することができますし、要求すべきです。マイナーは、より良いサービス品質を示すために、より高い取引担保を提供することができます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Pick up

  1. https://filecoin.io/blog/posts/filecoin-plus-alig…
  2. 今回はFilecoinについてマイニングからストレージ、アプリケーション開発までのシラバス(講義要…
  3. 下記を御覧ください。 1.核となるプロトコルの機能 8月には、メインネットの「プルーフ…

Recommend

  1. 2020-10-26

    リフトオフ週間を振り返って

    https://filecoin.io/blog/mainnet-liftoff-week-rec…
  2. 2020-10-16

    Slingshotとその先

    https://filecoin.io/blog/slingshot-and-beyond/ …
  3. 2020-10-14

    マイナー向けガイド

    https://filecoin.io/blog/miners-guide-liftoff/ …

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る