Filecoinは、Web3スタックの成長を加速させるためにNEAR社との協業を開始

2021年7月、TextileはFilecoin-NEARブリッジを立ち上げ、ユーザーフレンドリーな分散型アプリケーションを構築するためのシャード型レイヤー1ブロックチェーンプロトコルであるNEAR上のスマートコントラクトに、シンプルでパーミッションレスなストレージを提供する一歩を踏み出しました。この新しいストレージブリッジは、NEARアプリケーション、スマートコントラクト、またはNFTが、あらゆる形式のデータのFilecoinベースのストレージを統合するためのシームレスな方法を提供します。さらに、ブリッジの利用を促進するために、ブリッジを介したFilecoinのストレージコストは、これまでも今後も無料で提供されます。

本日、FilecoinのエコシステムとNEARのエコシステムの連携を深めるために、30万ドルの共同助成金プログラムを立ち上げました。これは、この2つのプロトコルが交差する場所で新たな機会を探求することに関心のある開発者を支援するためのものです。助成金を受け取ったプロジェクトは、製品開発やユーザーの増加をサポートするために、NEARとFilecoinの両方のグローバルなグループへのアクセスを得ることができます。

NEARについて:開発者に優しい、シャーディング、PoSのパブリックブロックチェーン

NEARは、現在のインターネットのユーザーと未来のブロックチェーンベースのウェブの橋渡しをするために構築された、分散型アプリケーションプラットフォームです。NEARは、UXとDevXを念頭に置いて構築されたPoSレイヤー1のブロックチェーンプラットフォームです。NEARの斬新なシャーディング機構であるNightshadeは、チェーン上の演算を並列化し、必要に応じて自動的に容量を増やすことで、理論的に無限のスケーラビリティを実現しています。

NEAR Protocolは、2つのICPC世界選手権とメダル、Google Code JamとTopCoderを獲得した、世界トップクラスのエンジニアと起業家からなるチームによって構築されています。NEARは、A16Z、Pantera Capital、Electric Capital、Coinbase Ventures、Blockchain.com、Baidu Venturesの支援を受けています。NEARについて詳しく知りたい方は、公式サイトをご覧いただくか、TwitterTelegramをフォローしてください。

単なるストレージではない、Filecoinが提供するユニークなWeb3ビルディングブロック

Filecoinネットワークは、Web2とWeb3の両方のユースケースや開発者にとって魅力的な以下の特徴を備えています:

Content Addressable Data:Filecoinは、Web3の中心部であるContent Addressable Dataに基づいて構築された、分散型ストレージネットワークです。

証明を伴う検証可能なストレージ:Filecoinブロックチェーンは、すべてのデータが24時間ごとにネットワーク上に持続的に保存されていることを検証しています。

大規模な分散型ストレージ:Filecoinネットワークは、1時間ごとに1PiB以上のストレージ容量を導入しています。

柔軟なストレージオプション:ストレージプロバイダーのグローバルネットワークは、それぞれが異なる機能とローカルな最適化を提供することで、最大限の構成の可能性とエマージェンシを可能にします。

FilecoinはWeb3のエコシステムにユニークなビルディングブロックをもたらし、NEARとFilecoinの交わりは新しいアプリケーションとユースケースを約束します。このビデオでは、Filecoinのビジネスチャンスについて詳しく説明しています。

FilecoinとNEARのアプリケーション開発のための共同助成金

FilecoinとNEARは、開発者に30万ドルの助成金を提供します。FilecoinとNEARの統合を実証または可能にするプロジェクトであれば、どのようなものでも応募することができ、対象となるプロジェクトには、さらなる開発のための資金が提供されます。

以下で、いくつかの可能性のある分野をご紹介します:

分散型ストレージSDK+デモアプリ:NEARユーザーが Filecoinの分散型ストレージネットワークをシームレスに利用するためのSDKと、デモ用のアプリケーション。付属のデモ・アプリケーションは、SDKの機能を紹介するとともに、他のNEAR開発者のためのリファレンス・アーキテクチャとして機能します。

データベースAPI:データベースオーバーレイにより、Filecoin上の生ストレージとのやりとりをより簡単に、より効率的にします。

新しいWeb3アプリケーション

  ・Filecoinの検証可能なストレージ、NEARのスマートコントラクト能力、Textileが構築したデータブリッジを活用した、Data Bounties、DataDAO、検証可能な演算、永久保存、Layer 2 Protocolsなどの斬新なWeb3インタラクション。

  ・textile.ioまたはFilecoinストレージプロバイダの他のレピュテーションインデックスと対話するDeFiアプリケーション。これらのアプリケーションは、Aurora Bridgeを利用することもできます。

探索的web3.storageを使ったAssembly Scriptで書かれたアプリケーション。例えば、ユーザーが暗号化されたデータをFilecoinに保存し、NEARの秘密鍵を持つユーザーだけが復号化できるようにして、データの所有権を維持するアプリケーションなどです。

Filecoin-NEAR Grant Programへの参加をご希望の方は、2021年10月31日までにこちらでご応募ください。応募作品は順にで審査されますので、お早めにご応募ください。


本ブログは、www.filecoin.io/blog からの翻訳となります。

ソース: https://filecoin.io/blog/posts/filecoin-launches-collaboration-with-near-to-accelerate-the-growth-of-the-web3-stack/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick up

  1. Filecoinは、ストレージと関連サービスのグローバルマーケットプレイスであり、安全な分散型クラ…
  2. 今回はFilecoinについてマイニングからストレージ、アプリケーション開発までのシラバス(講義要…
  3. 下記を御覧ください。 1.核となるプロトコルの機能 8月には、メインネットの「プルーフ…

Recommend

  1. 2020-10-26

    リフトオフ週間を振り返って

    ■リフトオフ週間を振り返って 先週のリフトオフ週間では講演、デモ、ワークショップなどが盛りだ…
  2. 2020-10-16

    Slingshotとその先

    ■Filecoinでデータを保存するためには ~Slingshotとその先にあるもの~ …
  3. 2020-10-14

    マイナー向けガイド

    ■マイナー向けリフトオフガイドについて メインネットリフトオフまで24時間を切っています。S…
ページ上部へ戻る