Filecoin 基礎知識 質問50:FilecoinネットワークのTPSとは?

FilecoinネットワークのTPSとは、どのようなものですか?

student_02
student_02
Consortium Caretaker
Consortium Caretaker

ブロックチェーンの分野では、パブリックチェーンシステムの性能を測るためにTPS(Transaction Per Second)がよく使われます。
つまり、パブリックチェーンが1秒間に処理できるトランザクションやメッセージの数です。
例えば、ビットコインのTPSは1秒間に約7件のトランザクションを処理しています。

Consortium Caretaker
Consortium Caretaker

パブリックチェーンのTPSの主な要因は、ブロック容量のサイズ、ブロック生成時間、メッセージサイズです。
現段階では、Filecoinのネットワークは1秒間に平均25通のメッセージを処理することができます(重複したメッセージを含む)。
ネットワークにパッケージ化されるメッセージの数が多く、ネットワークが混雑すると、参加者がオンチェーンメッセージを送信する際のガス料金が押し上げられる傾向にあります。
現在、パブリックチェーンのTPS容量を拡大する主な方法は、ブロック拡張、シャーディングなどです。

なるほど、ありがとうございます。

student_02
student_02

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick up

  1. Filecoinは、ストレージと関連サービスのグローバルマーケットプレイスであり、安全な分散型クラ…
  2. 今回はFilecoinについてマイニングからストレージ、アプリケーション開発までのシラバス(講義要…
  3. 下記を御覧ください。 1.核となるプロトコルの機能 8月には、メインネットの「プルーフ…

Recommend

  1. 2020-10-26

    リフトオフ週間を振り返って

    ■リフトオフ週間を振り返って 先週のリフトオフ週間では講演、デモ、ワークショップなどが盛りだ…
  2. 2020-10-16

    Slingshotとその先

    ■Filecoinでデータを保存するためには ~Slingshotとその先にあるもの~ …
  3. 2020-10-14

    マイナー向けガイド

    ■マイナー向けリフトオフガイドについて メインネットリフトオフまで24時間を切っています。S…
ページ上部へ戻る