ファイルコインエコシステムの成長とイノベーション

2020年12月11日、ETH GlobalとFileconはストレージマーケットサミット(SMS)を開催しました。本日のブログは、Filecoinエコシステムの成長とイノベーションについて、SMSからのハイライトをお伝えします。

アジェンダとエコシステムの成長とイノベーションのセクションはこちらからご覧いただけます。

データコモンズとしてのFilecoinネットワーク

以下は、SMSで行われたBlockScienceのCEO兼共同創業者であるMichael Zargham氏の講演を要約したものです。映像はこちらからご覧ください。

◎コモンズとは?

コモンズとは、共通のプール資源を管理するための機関のことです。コモンズは3つの主要な構成要素で構成されています。すなわち、参加者、共有される資源、資源が共有されるプロセス(=ガバナンス)です。

デジタル・コモンズとは、情報資源と技術の分配と共同所有を伴うコモンズの応用である。Filecoin ネットワークをデジタル・コモンズとして見ることは、その力と可能性をよりよく理解し、エコシステムの成長のための道筋を示すのに役立ちます。Filecoinをデジタル・コモンズとして見ることで、大規模な調整が可能になり、異種のサービスを提供するために協力し合うことができます。実世界でのユースケースを可能にする強力なWeb3ベースのクラウドシステムの効果を達成するために、レイヤーを超えた強力な関係を構築することができます。

Filecoinデジタル・コモンズでは、主な構成要素は以下の通りです。

コミュニティ:マイナー、ストレージクライアント、研究者、開発者、投資家

共有資源:ハードウェア、ソフトウェア、データ

ガバナンス:経済的な調整メカニズム、Filecoin改善プロセス(FIP)

持続可能性は、あらゆるデジタル・コモンズの健全性にとって基本的なものです。コードに組み込まれた経済メカニズムが永遠に完璧であることはありません。Filecoinシステムのあらゆる側面は、システムの参加者やネットワークからのニーズに応じて、時間の経過とともにゆっくりと進化していきます。

Filecoinのデジタル経済は、「コモンズの悲劇」として知られているものをひっくり返すことになります。そう、「コモンズの勝利」となるのです。誰かがFilecoinネットワークに参加することで、他の参加者に価値が生まれます。Filecoinのエコシステムの新しいアプリケーションを構築することで、すでに存在する他のアプリケーションの価値を高めることができます。このモデルは、これらのコモンズを一緒に構築するためのアイデア、発見、試行錯誤のためのある程度の自由度を可能にします。

分散型データ市場オーシャンとファイルコイン

以下は、SMSで行われたOcean Protocolの創設者であるTrent McConaghy氏の講演の概要です。映像はこちらをクリックしてください。

Ocean Protocolのミッションは、プライバシーを維持しながらデータアクセスと経済をオープンにすることです。長期的なミッションは、個人とグループのための自己主権的なデータに向けたものです。

今日、巨大なデータ経済(ヨーロッパだけで4,000億ドル)は「影の」経済です。少数の企業の手の中でコントロールされているため、データ市場の背後に対する洞察や透明性はほとんどありません。FilecoinやOcean Protocolのような補完的なツールは、暗号通貨技術を活用することで、この巨大なデータ経済を開くとともに、違いを生み出すことができます。

では、Oceanとは何でしょうか?Oceanには3つの要素があります。

・オープンデータ経済のミッションに向けて活動する個人や組織のコミュニティとエコシステム

・エコシステムを成長させ、維持するための公共インフラとしてのツール群

・エコシステムを成長させ、維持するためのインセンティブを持つトークン(OCEAN)

OCEANプロトコルのツールセットは以下のように構成されています。

・データトークン – トークン化されたアクセス制御

・Ocean Market – データ交換のWebアプリ

・Ethereumメインネットへの展開(2020年秋)

・プライバシー保護 – 「データの計算」を介して

データトークンとは、データサービスを簡単に公開・消費できるようにするERC20ベースのトークンのことです。1個のデータトークンを持っていれば、特定のデータサービスにアクセスすることができます。このデータトークンの構造を活用し、DeFiを中心に構築することで、完全に補完的な市場を作ることができます。例えば、よく使われているMetaMaskは、データを保管するウォレットになるわけです。そしてAragonはdataDAOになり、DEXesとCEXesがデータ交換所となります。追跡サイトのEtherscanはデータ証明書ツールとなります。

Ocean marketはデータ用に微調整されたDEX(分散型取引所)になります。機能をご紹介します。Ocean marketはフォークドバランサーAMMを使用してガスコストを削減する事が可能です。マーケットプレイスでは、ユーザーはデータの公開、売買、消費、ステークを行うことができます。OCEANがデータのセットにステークすればするほど、そのデータの品質を示すシグナルが大きくなります。Ocean marketは6週間前から稼働しており、すでに130万個のOCEANがプールされ、3万以上の訪問者、164のデータセットプール(それぞれが独自のAMM)、268の公開データセットがあります。

Filecoinでは、ユーザーはOCEANを活用して独自のFilecoinデータマーケットを立ち上げたり、Filecoin dataDAOやインデックスファンドを作成したりすることができます。オーシャンプロトコルのツールとFilecoinの分散型ストレージデータベースにより、私たちは初めてオープンデータ経済の誕生を目の当たりにしています。

Youtubeでストレージマーケットサミットを見ることが出来ます。

◎免責事項

これらのプレゼンテーションは投資アドバイスではありません。

プレゼンテーションで示されたモデルは、多くの仮定に基づいており、真実のソースとして信頼すべきではありません。推定値は、あくまでも例示目的のためのものであり、これに依拠してはなりません。コードとFilecoinの仕様に基づいて、独自のモデルを作成してください。

※配信元

https://filecoin.io/blog/ecosystem-growth-innovation/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick up

  1. Filecoinは、ストレージと関連サービスのグローバルマーケットプレイスであり、安全な分散型クラ…
  2. 今回はFilecoinについてマイニングからストレージ、アプリケーション開発までのシラバス(講義要…
  3. 下記を御覧ください。 1.核となるプロトコルの機能 8月には、メインネットの「プルーフ…

Recommend

  1. 2020-10-26

    リフトオフ週間を振り返って

    ■リフトオフ週間を振り返って 先週のリフトオフ週間では講演、デモ、ワークショップなどが盛りだ…
  2. 2020-10-16

    Slingshotとその先

    ■Filecoinでデータを保存するためには ~Slingshotとその先にあるもの~ …
  3. 2020-10-14

    マイナー向けガイド

    ■マイナー向けリフトオフガイドについて メインネットリフトオフまで24時間を切っています。S…
ページ上部へ戻る