Filecoinニュース23:Hedera、Filecoin Base Camp、EthCCのJuan、その他

 

Build


FilecoinとHedera HashgraphがWeb3の相互運用性を促進するための助成プログラムを発表

本日、FilecoinとHedera Hashgraphは、Web3の相互運用性を向上させるための共同作業を発表します。 20万米ドルの助成金プログラムとNFTユースケースのための初期デモ実装からスタートし、長期的なビジョンとしては、両ネットワークの強みを組み合わせた分散型コンセンサス、ストレージ、スマートデータアプリケーションを含む、あらゆる分散型元帳ソリューションを提供します。

FilecoinとHederaは、様々なプロジェクトで技術協力を行ってきました。Hederaは非常に効率的なDLT機能をもたらし、Filecoinは堅牢で柔軟な大規模ストレージ層を提供しています。両ネットワークを組み合わせることで、トランザクションとその基礎となるデータの両方の出所、所有権、妥当性を検証する新たな可能性が生まれます。詳細はこちら

 

Filecoin Base Campアクセラレーター

Outlier Venturesは、Protocol Labsと共同で、Filecoin、IPFS、lib2pを活用する優れたスタートアップに特化したFilecoin Base Campアクセラレータを立ち上げました。8年間の業界経験に基づき、受賞歴のあるベースキャンププログラムは、事業戦略、製品市場への適合性、コミュニティの成長、トークンの設計とガバナンスを洗練させるとともに、投資家とメンターのネットワークを活用することができます。

12週間のバーチャルプログラムでは、1チームあたり5万ドルの先行投資と最大25万ドルの資金調達を受けることができます。Outlier Venturesは、これまでに70名のベースキャンプ卒業生に対し、総額10億ドル以上の評価額で1億3,000万ドル以上の資金調達を支援してきました。完全なリモートでの応募は8月9日に締め切ります。詳細につきましては、直接応募していただくか、オフィスアワーのリンクからOutlier Venturesのチームとのミーティングをご予約いただくことをお勧めします。

 

JuanのEthCCトーク 速報

イーサリアムコミュニティとその先のファミリーのための、2020年初頭以来のライブイベントの一つであるEthCCについて聞かないわけにはいきませんでした。7月21日、Juan Benetはステージに立ち、Filecoinとイーサリアムのエコシステムの相乗効果、そして協調的な未来がどのようなものかについて語りました。全体として、FilecoinのWeb3スタックに対するオープンソースとモジュール式のアプローチが重要な機会を提供しており、ユーザーのニーズに正確に適合するソリューションを構築するために、個別に選択したり組み合わせたりできる製品を選択しています。Juanのプレゼンテーションをご覧ください

 

HackFS – 応募締切延長のお知らせ

7月30日から8月20日まで、HackFSが目前に迫っていますが、応募にはまだ時間が残されています ETHGlobalとProtocol Labsによるバーチャルハッカソンでは、開発者や創業者が集まり、Dapps、Web3、分散型ストレージなどの構築に注力します。今がチャンスです!今すぐご応募ください

Filecoin Techstarsアクセラレーター

Techstarsとのコラボレーションにより、Filecoin Techstars Acceleratorを発表することになりました。このプログラムは、データ・キュレーション、デジタル資産管理、インフラとツール、DeFi、データ・ストレージ、キャッシング、アーカイブ・サービスのための分散型アプリケーションを構築する、Web2とWeb3の両方の創業者と開発者を対象としています。アクセラレータは、9月中旬から2021年11月末まで応募を受け付けます。選ばれた10社のスタートアップは、2022年3月から6月にかけて、バーチャルと対面式のハイブリッド型アクセラレータプログラムに参加します。3ヶ月間にわたり、創業者は資金援助を受けるとともに、厳選されたワークショップや教育セッションを受け、投資家、創業者、メンターからなるTechstarsの有名なネットワークにアクセスすることができます。アクセラレータの詳細はこちら

分散型ウェブの未来に向けたビジネスの構築

Outlier VenturesのCEOであるJamie BurkeとProtocol LabsのエコシステムリーダーであるColin Evranが、Web3の未来におけるビジネスチャンスについて語り合いました。 彼らは、分散型テクノロジー、特にストレージによって強化される既存および新規のビジネスモデルについて議論し、世界経済の次のフェーズを加速させることを目指しました。この対談のハイライトをご覧ください

  

ストアStore


Filecoin Plusによる大規模データセットへの対応

Fil+のガバナンス・コミュニティは最近、大規模データセット用のFilecoin Plusを立ち上げ、Filecoinネットワークにデータを搭載するために500TiB~5PiBのデータキャップを必要とするプロジェクト/クライアントへのデータキャップの割り当てをサポートしています。クライアントに大量のデータキャップを割り当てるためには、Fil+コミュニティ全体(すべての公証人を含む)が協力して必要なデューデリジェンスを行い、クライアントがプログラムの原則に沿った合法的なユースケースを持ち、ネットワーク上で生産的にデータキャップを活用できるかどうかを確認します。

少なくとも3つの地域から7人の公証人がマルチシグアドレスの共同署名者として自選し、そのアドレスは独自の公証ステータス(LDN – Large Dataset Notaryとも言う)が付与され、数週間に一度、クライアントのアドレスにDataCapを送信することができるようになります。データキャップの発送は、クライアントに対して約2週間分に制限されており、公証人は過去に割り当てられたデータキャップの使用状況を追跡する役割を担っています。

この数週間で、5つのアプリケーションがコミュニティに受け入れられ、最初のLDNが顧客にデータキャップを割り当てました。大量のDataCapを使用するプロジェクトに取り組んでいる方は、こちらでIssueを作成して申請してください。また、他のアプリケーションやFil+の議論に参加したい方は、現在のセットを読み、それぞれのGitHubイシューにコメントを寄せ、Fil+のガバナンスに参加してください

Chainsafeストレージ

ChainSafeはChainSafe Storageを発表しました。IPFS/Filecoinネットワークに直接ファイルを保存します。Storageは、直感的なフロントエンドUIを提供し、開発者がFilecoinにバックアップされたファイルをIPFSに公開ピン/アンピンできるようにします。また、このサービスではAPIキーを提供することでAPIを公開しており、誰もがFilecoinとIPFSに接続した製品を作ることができます。私たちは、Filecoinのエコシステムの中でこの製品を提供できることに非常に興楽しみにしております。お客様への呼びかけ:テストして、一緒に構築して、一緒に探索してください。ストレージ・アンロックでの構築の可能性を発見してください。想像力を掻き立てるために、ここで思い出していただきたいのですが、私たちのプライバシーファーストで非保管のファイルストレージソリューション「ChainSafe Files」は、Storageを使って構築されました。当社のFiles/Storage開発者と連絡を取りたい場合は、DiscordのFiles #supportチャンネルに立ち寄って質問することをお忘れなく。最新情報は、ChainSafeのTwitterをフォローしてください。

Filecoinでのストレージ提供の経済性

2020年10月のメインネット立ち上げ以降、2,700以上のストレージプロバイダーが8エクシブバイト以上のストレージをネットワークに提供しています。Filecoin上でストレージを提供することは、8600万FIL以上がマイニングされ、9200万FIL以上が担保としてロックされ、2700万FIL以上がネットワーク手数料としてバーンされるなど、Web3における最も重要な経済活動の1つとなっています。Starboard Venturesは、Filecoinネットワーク上でストレージを提供することの経済性を分析し、このように強力で成長しているWeb3サービスの背後にある経済的インセンティブを深く考察しました。その分析結果をご覧ください

 

マイニングMine


Synthetic PoRep

現在のPoRepプロトコルでは、レプリケーションステップでレイヤーデータが作成されてから、オンチェーンコミットステップでセクターが証明されるまで、マイナーは12倍のセクターサイズのレイヤーデータを保存する必要があります。

このため、レプリケーションの実行に必要なストレージスペースがレイヤーデータによって長時間占有されてしまい、大きな非効率性が生じています。また、一部のマイナーはアグリゲーションを効率的に利用できません。Synthetic PoRepは、インタラクティブコミットステップで選択される可能性のあるチャレンジのセットを、すべての可能なチャレンジから、事前計算が可能な所定の数に減らすことで、使用済スペースの削減を実現します。

我々は、Synthetic PoRepプロトコルを提案します。

・マイナーは、オンチェーンでのプレコミットを実行する前に、チャレンジの生成とバニラプルーフの演算を完了させることができるため、セクターがオンチェーンでプレコミットされる前にレイヤーデータを削除することができます。

・Commit時のSNARK生成のためのGPUコストは大きくは増えていません。

詳細は、Synthetic PoRepのプロトコルフローなど、FIPの記事をお読みください。

Web 3.0中国サミット

先日、四川省の成都で開催されたWeb 3.0 中国 Summitには5000人の参加者が集まり、60人以上の業界専門家が知識やノウハウを共有しました。サミットには、大手マイニング企業、ハードウェアメーカー、エコシステムアプリケーションの上流・下流企業など、70社以上のFilecoinエコシステムサービスプロバイダーが参加しました。サミットの様子は、イベントのウェブサイトをご覧ください。

 

詳細Learn


Browsers3000 ラーニングセッション

Browsers 3000は、実験、創造的なコラボレーション、そしてチャレンジ賞を通じて、ブラウザにおけるWeb3の開発を探求し、加速させるための6週間のバーチャルイベントです。ハッカソンの開催期間中、コミュニティはエコシステムの協力者を招いて一連の学習セッションを開催しています。今週は、7月29日にMetaMask社7月30日にCoil社が参加します。これらの限定セッションへの参加登録をお忘れなく!ぜひご参加ください!

Filecoinラーニングセッションに参加しましょう

Encode Clubは7月、Filecoin教育シリーズ、Filecoin専用ハッカソン、フォローアップ・アクセラレータを含む9ヶ月間のプログラム「Encode Filecoin Club」を発表しました。Filecoin Educateは、学生にFilecoinの視点を通してブロックチェーンについて教えることを目的としており、世界の125以上の大学のブロックチェーン協会や学生が参加します。参加および詳細については、イベントスケジュールをご覧ください。


参加してください!

GitHubのFilecoinプロジェクトにアクセスして、コミュニティのリソースも見てください。Filecoin Slackで質問をしたり、コミュニティフォーラムで問題や新しいアイデアについて話し合ったり、WeChatで@Filecoin-Officialをフォローしたり、Twitterで@Filecoinをフォローして意見を送ったりすることができます。

また、FilecoinのブログYouTubeチャンネルも、これから始める方には絶好の情報源です。

このニュースレターを直接受信するには、購読してください!


本ブログは、www.filecoin.io/blog からの翻訳となります。

ソース: https://filecoin.io/blog/posts/filecoin-news-23/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick up

  1. Filecoinは、ストレージと関連サービスのグローバルマーケットプレイスであり、安全な分散型クラ…
  2. 今回はFilecoinについてマイニングからストレージ、アプリケーション開発までのシラバス(講義要…
  3. 下記を御覧ください。 1.核となるプロトコルの機能 8月には、メインネットの「プルーフ…

Recommend

  1. 2020-10-26

    リフトオフ週間を振り返って

    ■リフトオフ週間を振り返って 先週のリフトオフ週間では講演、デモ、ワークショップなどが盛りだ…
  2. 2020-10-16

    Slingshotとその先

    ■Filecoinでデータを保存するためには ~Slingshotとその先にあるもの~ …
  3. 2020-10-14

    マイナー向けガイド

    ■マイナー向けリフトオフガイドについて メインネットリフトオフまで24時間を切っています。S…
ページ上部へ戻る