IPFS 100問-質問10:IPFSのルーティング(Routing)

IPFSのルーティングについて知りたい!

student_02
student_02
Consortium Caretaker
Consortium Caretaker

IPFSのルーティングには、次の2つの重要な目的があります。

◎ピア・ルーティング – 他のノードを検索
◎コンテンツ・ルーティング – IPFSネットワークに公開されたコンテンツを検索

Consortium Caretaker
Consortium Caretaker

ルーティングにはLibP2Pが用いられ、以下のインタフェースが実装されています。

◎分散ハッシュテーブル(KAD-DHT) – ネットワーク内に半永続的なルーティングレコードの分散キャッシュを作成

◎マルチキャストDNS(mDNS) – ローカルネットワークでのサービス検索

◎スーパー・ノード・ルーティング(SNR) –  ネットワーク内のノード情報を管理するスーパー・ノードへのピア検索の依頼・委任

ありがとうございます!

student_02
student_02

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick up

  1. Filecoinは、ストレージと関連サービスのグローバルマーケットプレイスであり、安全な分散型クラ…
  2. 今回はFilecoinについてマイニングからストレージ、アプリケーション開発までのシラバス(講義要…
  3. 下記を御覧ください。 1.核となるプロトコルの機能 8月には、メインネットの「プルーフ…

Recommend

  1. 2020-10-26

    リフトオフ週間を振り返って

    ■リフトオフ週間を振り返って 先週のリフトオフ週間では講演、デモ、ワークショップなどが盛りだ…
  2. 2020-10-16

    Slingshotとその先

    ■Filecoinでデータを保存するためには ~Slingshotとその先にあるもの~ …
  3. 2020-10-14

    マイナー向けガイド

    ■マイナー向けリフトオフガイドについて メインネットリフトオフまで24時間を切っています。S…
ページ上部へ戻る